世川行介放浪日記

日々の雑感。
昔話。
時事問題への言及。
歌謡曲篇。文学篇。
漫談。
たまに女篇。
2年に1度は愛欲篇

誰との会話というわけでもないが。

2017年06月20日 14時38分30秒 | 港区詐欺集団の解明


   誰との会話というわけでもないが。




 何も書かずにいると、
「あれはその後どうなったの?」
 そう思う人もいるだろう。
 簡単に、ある会話の一場面を書く。


「世川さん。
 これって、二重取りの詐欺ですね。」
「そうです。まさに二重取りの詐欺なんです。」
「500万円の二重取りですか。
 うまく考えたものですね。」
「法スレスレの詐欺ですよ。」
「確かに法スレスレですなあ。
 よく思いつくものだ。」
「これに弁護士が加担するんですからね。」
「この石黒一利という弁護士ですか。
 なるほどねえ。」
「これが東京の詐欺師ですよ。」
「東京かあ。…、なるほど、東京ね。
 たしかに、こんな手口は彦根ではなかなか見ることのない詐欺ですな。」
 

 以下省略。






 

 
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二人の弁護士から学んだこと。 | トップ | 早く本にして、世に警告を発... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

港区詐欺集団の解明」カテゴリの最新記事