世川行介放浪日記

日々の雑感。
昔話。
時事問題への言及。
歌謡曲篇。文学篇。
漫談。
たまに女篇。
2年に1度は愛欲篇

東京都弁護士会殿。石黒一利という弁護士は、放置するのか?

2017年06月18日 13時49分07秒 | 港区詐欺集団の解明


   東京都弁護士会殿。
   石黒一利という弁護士は、放置するのか?





 東京都弁護士会殿。


 今回、貴会所属の石黒一利という弁護士が、
 彼の依頼人青山敏夫と組んで、
 500万円の二重取りという詐欺行為に及んで、
 東京地裁に「仮差押え」を申請して、受理され、
 それは、犯罪の証跡として、明確に残った。


 僕は、あらかじめ証拠を用意して、
 この詐欺グループが何をやるかを、
 そして、犯罪の明確な証跡を残すのを、
 ずっと窺っていた。
 そしたら、
 思ったとおり、先日、予想した通りの500万円の詐欺行為をやってきた。


 こんな幼稚な詐欺行為を平然と行う悪徳弁護士が、
 貴会の所属弁護士として存在していて、
 あなたがたが自分の弁護士会の規律としている、
「東京弁護士会の信用を著しく低下させる行為」に抵触する行為を破廉恥に実行している。
 こんな弁護士を放置していいのか。
 僕はそれを問いたい。


 明日、
 警察に刑事告訴の相談に行ってくるが、
 その前に、ネットを通じて、堂々と、
 貴会にも伝達忠告するものである。
 貴会の自浄能力を願う次第だ。




『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WEB-NILEオーナー青山俊夫の... | トップ | 青山敏夫。石黒一利弁護士。... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

港区詐欺集団の解明」カテゴリの最新記事