世川行介放浪日記

日々の雑感。
昔話。
時事問題への言及。
歌謡曲篇。文学篇。
漫談。
たまに女篇。
2年に1度は愛欲篇

最終の「ひかり」に乗った。

2017年06月09日 20時53分55秒 | 彦根放浪篇


    最終の「ひかり」に乗った。


 8時3分発の最終の「ひかり」に乗った。

「世川さん。
 本当に今日帰るの ?
 明日の始発にすればいいじゃない。」
 店長41歳の悪魔のささやきを、
「それも昔やらされた!」
 強く振り切って、
 東京駅に向かった。


 1時間も早く着いたものだから、
 空っ腹にビールを流し込んだら、
 駅のホームで、もう、ベロベロ。


 酔った勢いで、「がんこ堂」に電話したら、
「米原駅まで迎えに行ってあげますよ。」
 そんな優しいことを言う。
 あそこの従業員にだけはお土産を買っておいて本当に良かったな、
 と思った僕だった。


 今日は、
 あの、ケチのかたまりのような店長41歳が、
「世川さんには、今週、よく貢いでもらいましたから、
 基準には満たないけど、
 え〜い。精勤賞、やっちゃえ!」
 珍しく、大判振る舞いの三千円をくれたので、
 今日は、都合一万円の勝ちとなり、
 気分良く帰途に着いた次第。
 あいつもいいとこがあるじゃないか。

 でも、
 どうせなら、
 極貧の時期にその優しさを見せて欲しかったな。
 あの頃は、3000円が、喉から手が出るくらいに欲しかったなんだからな。


 今夜から、風呂も洗顔もオーケーになった。
 火曜日、抜糸になったので、
 火曜日の朝までは、彦根暮らしだ。
 書くぞ〜。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝の越後湯沢は快晴だ。 | トップ | 帰り着いたぜ。世川ルーム。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

彦根放浪篇」カテゴリの最新記事