世川行介放浪日記

日々の雑感。
昔話。
時事問題への言及。
歌謡曲篇。文学篇。
漫談。
たまに女篇。
2年に1度は愛欲篇

「市民団体」が笑わせる。

2017年05月15日 22時42分06秒 | 日々のニュースに


    「市民団体」が笑わせる。




 市民団体が、財務省幹部ら7人を東京地検に告発した。
 そんなニュースが出ていた。


 僕は、この手の告発事件を見る度に思うが、
 この「市民団体」というやつは、
 いったい、どこの誰で、
 何者たちなのだ?


 僕たち60代の経験から想像すると、
 この手の「市民団体」というやつらは、
 往々にして、
「或る特定な政党」の息のかかった連中が多い。
 こういう、
「市民団体」という衣装をまとったら正義の徒だ!みたいな汚い真似は、
 そろそろやめてはどうか。
 きちんと、世に向かって、姓名職業を名乗ってやってはどうか。

 なにか、思想の汚物を見せつけられているようで、
 気色が悪くていけない。


 阿呆の蓮舫が、
 今度は、
 離党した長島何とかや、代表代行を辞任した細野豪志を、
「最低だと思っている。」
 とやったらしい。

 僕にとって、この女は、
 一日一回笑わせてくれる、かけがえのない人材で、
 都議選敗北で退陣などするなよ。と願っている。


 真面目を装うことが好きな日本政界で、
 あれだけ毎日、国民に笑いを与えるキャラクターというのは、
 あの女しかいない。
 あれだけ、よく続けられるものだ。
 安倍晋三の首相在任期間どころの比ではない持続力だ。
 民進党の党員って、優しい人たちばかりなんだろうな。


「苦しくても、一緒に理想を掲げて議論して、」
 と言っているらしいが、
 あの女の「理想」というのは、いったい何なのだろう?
 僕には、わからない。
 僕などから言わせると、
「何ら「理想」も持たずに党代表になった稀有な政治家」
 なのだがね。


 こういう阿呆野党を尻目に、
 自民党では派閥再編強化の動きが活発になってきて、
 まず、麻生派が党内第二派閥になるという。

 この流れはどんどん加速され、
 保守党内での政権交代劇が主となる政治世界になることだろう。


 これについては、
 ここ数年間の反自民が、
 自分たちの国家ビジョンを出さずに終わったせいなのだから、
 誰を責めようもない。
 悪いのは夫子自身だ。と言えば済むことだ。




『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あら。東京の空に、糸の切れ... | トップ | どこまでも融けていく日本 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々のニュースに」カテゴリの最新記事