ガーベラ・ダイアリー

日々の発見&読書記録を気ままにつづっていきます!
本の内容は基本的にネタバレです。気をつけてお読みください。

あめちゃん

2019-09-01 | 日々のあれこれ
先日、2日続けて、知らない高齢のご婦人から飴をもらった。

1日目は、地域のコミュニティに関する集まりの場で。
グループに分かれてテーマにそって話し合っていたのだが、となりのテーブルから、突然飴を渡された。
一瞬ためらったが、人の好さそうな方だったのでお礼を言って遠慮なく飴を2つもらった。

透明な飴だった。透明の包みに黒い文字で「塩飴」とかかれていた。
自分のよく行くスーパーにあったっけ?見たことないなと思いながら、早速口に入れてみた。
甘くない。だけどしょっぱくない。絶妙なバランス。

「塩飴」と書かれているものを今まで口に入れたことはあった。が、しょっぱいものがほとんど。
「塩」飴なのだから、当たり前だと思っていた。
だけど、これは違う。続けていくつもなめることが出来そうな飴。
2つ目の飴もその日のうちにすぐに私の口の中に入れられた。

そして次の日。駅のホームでのことだった。
電車が来るのを立って待っていたら、いきなり後ろから話しかけられた。
振り向くと大きなリュックをしょって、右肩に荷物をかけ、頭には麦わら帽子をかぶった高齢の婦人だった。
「この電車に乗ると、〇〇へ行けるのか?」ということを尋ねられたので、それに答えた。
お礼を言われて、その人との会話はそれで終わった。

と思っていた。すると、ちょんちょんとだれかが私の背中を指で押してきた。
一瞬だれ?なに?と思って後ろを振り向いたら、さっきのおばちゃんがニッとほほ笑んでいる。
そして、ぶっきらぼうに「はい」と言って何かを差し出してきた。

あ、ありがとうございます。お礼をもらうほどのことはしていないんだけどと思いながら、それを受け取るとー。

な、なんと昨日ご婦人からもらった飴と全く同じではないかーーーー!!

いやいや。
今、ご高齢のご婦人の間で、このメーカーの飴ちゃん大流行中なのー?
ただの偶然ではあるまい。


今度、スーパーで見つけてみようっと!






コメント   この記事についてブログを書く
« はてな | トップ | 最後のボソッ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々のあれこれ」カテゴリの最新記事