山形長井食彩館・須藤米店

山形の美味しい情報や飯田百貨店(現コモディ・イイダ)時代の思い出・その他旬の話題等々

山形県長井市の中学生が東京で販売体験を行います

2013年08月31日 | 山形県長井市の旬の情報
長井の元気な中学生が修学旅行で東京に行き、販売体験を行います。
今年は、長井北中・長井南中と続けて2日間なんです。


長井北中学校


2年生全員130名が班ごとに、自分たちで選んだ商品をPRしながら
販売を行います。
「玉こん」振る舞いもあります。中学生が心をこめて煮て待ってます。


長井南中学校


2年生34名が2班に分かれて販売を行います。
商品は新鮮な野菜と果物、うす皮丸なすの漬物、玉こんです。

※【長井情報サイト《ながいタウンなび》】より抜粋させていただきました。

お近くの方々や、故郷山形の方は是非お越し下さい!!
心よりお待ちしております。宜しくお願い致します。


にほんブログ村
コメント

東北私学バレーボール大会

2013年08月31日 | インポート
20130831_102240.jpg
《須藤米店・米屋のおにぎり》

本日は、《東北私学バレーボール選手権大会》の会場に配達してまいりました。


全国で、トップクラスの高校も多く、

熱い試合が、繰り広げられています!
コメント

山形DC【つや姫号】

2013年08月30日 | お米の話


第11回目の「つや姫の日」(平成25年8月28日(水))は、

山形県内で開催された「山形デスティネーションキャンペーン(DC)全国宣伝販売促進会議」
出席者の皆さんにPRを行いました。

出席者の皆さんが乗車される山形新幹線団体臨時列車「山形DC『つや姫号』」の車内(福島駅~山形駅間)で、
つや姫レディがつや姫の美味しさをPRし、シート米をプレゼントしました。

山田屋三越銀座店「米屋彦太郎」(東京都中央区)、山田屋本店(東京都調布市)では、
8月23日(金)~31日(土)の9日間、「つや姫の日キャンペーン」実施中です。
つや姫を購入されたお客様の中から抽選で特産のだだちゃ豆をプレゼントします。


にほんブログ村
コメント

JR九州・ななつ星試運転

2013年08月30日 | インポート
フル編成、初登場! 「ななつ星in九州・DF200+客車7B」の構内試運転



JR九州製作の客車3両を加えた7両編成の"ななつ星in九州"、
専用機関車DF200-7001牽引による構内試運転を、小倉総合車両センターで初めて実施しました。


にほんブログ村
コメント

とび茸・専門店

2013年08月29日 | 山形県長井市の旬の情報
山形県長井市、この時期に出るキノコと言えば

【とび茸】

長井市に、こんな飲食店を発見しました。

【とび茸料理あります!】

てんぷら・みそ漬け・ごはん等々、魅力的なお店です。






にほんブログ村
コメント

山形県産・洋なし

2013年08月29日 | インポート
20130829_065210.jpg
おはようございます。

今朝の山形県・青果市場の様子です。

山形県の特産の、ラ・フランスはまだまだですが、

贈答用の《洋なし》が入荷しています。

写真、左・パートレットに右オーロラと言う品種です。
コメント

モンテディオ山形・2013後期ポスター

2013年08月28日 | 山形県長井市の旬の情報
地元商店街宛に、モンテディオ山形の後期ポスターが届きました!

【みんなの声で 僕らは闘える】

惜しい試合もありましたが、ここ6試合負けなしです!!

得点はガンバ大阪に次いで2位、得失点差も11となかなか良さそうです。

これからの、大躍進する【モンテディオ山形】に期待しています!!




にほんブログ村
コメント

【山田うどん】に【すかいらーく】・飯田百貨店の思い出

2013年08月27日 | 飯田百貨店(現コモディ)の思い出
㈱飯田百貨店(現コモディ・イイダ)安行店にお世話になった、昭和61年~平成元年の思い出話です。



仕事が終わるのが8時くらいでした。夕食は6~7時に済ませていますので、
当然夜遅くなると、腹も空いてきます。そんな時はもっぱら「コンビニ」

いや、その時代コンビニなどはそう多くはありませんでした。
と言うか、多くある場所(川口市安行)ではなかったと思います。

となると、行くところは「ファミレス」移動手段は車がありませんから「自転車」
それも「ママチャリ」で夜食を食べに行っていました。

すかいらーく  ファミール  京樽  とんでん


そして極めつけは
『山田うどん』(これってファミレス?)

いま考えると、結構すごい生活をしていたものです。

また、同じ売り場の先輩のや同僚と、夕食をパスして自転車で「すかいらーく」や「とんでん」に食べに行った事も数多くありました。

 


にほんブログ村
コメント

湘南の超特急・湘南モノレール

2013年08月26日 | インポート
【湘南モノレール江の島】湘南深沢→西鎌倉の映像です。

超特急と言う表現ではありませんが・・・・・・

体感スピードはスゴイです!!

まるで、【ジェットコースター】のようです。




にほんブログ村
コメント

山形特産・あけび

2013年08月26日 | インポート
20130826_070416.jpg
おはようございます。

山形県の青果市場の、朝の様子です。

《山形特産のあけび》

栽培物になりますが、色づきがいいですね。
コメント

山形県長井市・小桜夕市

2013年08月25日 | 山形県長井市の旬の情報
山形県長井市、本日は【小桜夕市】

いつもは、最終日曜日に【朝市】を開催していましたが、

今回は、ちょこっと変化球で【夕市】の開催です!!

いつも通り、天候にも恵まれ大盛況を期待しています。

【須藤米店・米屋のつや姫おにぎり】も出店致します!!




にほんブログ村
コメント

イオン、被災地・三陸で実験

2013年08月24日 | インポート
今日の毎日新聞の1面のトップ記事です。気になったのでUPします。



長文ですが、新聞記事の詳細です。

<東日本大震災>イオン「実験」陸前高田、釜石中心部に出店

◇「被災地で一からまちを作る」

流通最大手イオンが来年、東日本大震災で壊滅的な被害に遭った岩手県陸前高田、釜石両市の中心部に相次ぎ出店する。大型店舗を都市部の郊外に展開し、中心市街地を空洞化させたと指摘されてきたが、「被災地で一からまちを作る」(村上教行(のりゆき)・イオン専務執行役東北代表)と新たな方向性を打ち出した。都市部で出店余地がなくなる中、巨大流通資本が人口減少社会での生き残りをかけ、被災地で「実験」を始める。


陸前高田市では「イオンスーパーセンター」が来春、水田の一角に開店する。1キロ先の海辺の中心市街地は津波で更地となっている。出店の背景には数年続くとみられる復興需要がある。流入する大量の作業員で当面の人口減少分は埋まり、仙台市-青森県八戸市間の三陸沿岸道路建設も震災後に本格化している。


だが、村上氏は「それだけではない」と強調。「中心商業施設を目指す。郵便局も地元商店も近くに来ればいい」と、まちづくりの青写真を語った。復興後も作業員を地元に定着させるため、グループ傘下の結婚相談所で相手を紹介する。その子供が学校に上がれば学用品を提供する。「まちそのものを作る覚悟だ」。そう語る村上氏も宮城県気仙沼市出身で、兄の営む商店は津波で流された。


この出店を、現地イオン関係者は「実験」と呼ぶ。大型小売りが都市部で飽和し、隣の宮城沿岸部でも他社との競合が強まる中、より人口の少ない空白地帯へどう展開していくかに存続がかかる。新店舗の延べ床面積は従来の半分の約6000平方メートル。「陸前高田で成功すれば他の地方都市でもやっていける」と語る。


地元に復興後の撤退を心配する声もあるが、村上氏は強く否定。周囲の環境変化に合わせ店舗移転を奨励した創業者の家訓「大黒柱に車をつけよ」を引き、「まちを転々と歩けと言われてきたが、転々とするまちもなくなった」と新たな道を迫られた背景を述べた。


実際、出店へ着々と布石を打ってきた。「被災者の買い物環境を整えたい」と震災2カ月後の2011年5月、市から3カ月の期限で施設を借り、翌月に出張販売を開始。市内2店舗が被災した三陸地方の有力ストアは同8月に販売を再開したが、被災者は「競争がないから値段が高い」と震災前からの不満を募らせ、出張販売継続を求める800人分の署名をイオンや市に寄せた。追い風を受けイオンは同11月に仮設店舗を建てる一方、正式出店の用地探しを業者に依頼した。


中心市街地では200以上の商店の大半が被災。半数は店を閉じ、残る半数は各地に散った仮設店舗で営業を続ける。市は市街地の半分を海抜12メートルにかさ上げして商店街を再生する考えだが、実現のめどは立たず「いつ商店街を作れるとも言えない」(市都市計画課の担当者)。地元商業者からは「イオンと同じスタートラインに立てずに再生できるのか」との声が上がる。


一方、釜石市では4万7000平方メートルの「イオンタウン」が来春、中心市街地に近い新日鉄釜石(現・新日鉄住金)跡地に開店する。ピーク時9万人台だった市の人口は1989年の高炉休止を経て、震災後の現在約3万7000人。市は「出店で再び人を吸い寄せる側になる」と、イオンにまちの再生を委ねている。


にほんブログ村
コメント

京浜急行・横浜-品川

2013年08月24日 | インポート
【路地裏の超特急】【関東の赤い彗星】と呼ばれている

【京浜急行】

横浜-品川間の前面展望映像です。

車掌さんの声も入っていますので、決して早送りではありません。

とにかく速いですね!




にほんブログ村
コメント

小田急線快速急行・前面展望

2013年08月23日 | インポート
小田急線快速急行

新百合ヶ丘→下北沢、前面展望です。

緑の残る郊外より、

高層マンションの立ち並ぶ都心部に入っていく景色がなんとも言えずいいですね。




にほんブログ村
コメント

魚沼コシ仮渡し2300円の引き下げ

2013年08月22日 | お米の話
JA全農にいがたは19日、新潟市内で臨時運営委員会を開き、2013年産米の仮渡金を決めた。

1等60キロ当たりで「コシヒカリ」は、一般、岩船、佐渡は12年産当初比で1800円下げ1万3700円、
魚沼は同2300円下げ1万6700円とした。
魚沼以外の地区は09年産と同額、魚沼は近年で最も低かった10年産の1万6500円に次ぐ水準となった。

消費減少から、6月末の民間在庫量は226万トンと、前年同期比で46万トン多いなど、10年産以来の高水準になっている。
実需者も需給緩和の中で動向を見極める姿勢で、厳しい販売環境が続く。全農にいがたが近年、着実に伸ばしてきた播種(はしゅ)前・収穫前契約も状況が一転し、様子見の対応がみられる。

全農にいがたは今後の展開について、
(1)産地間・業者間の販売競争が激化する
(2)店頭では低価格米の販売重視の傾向が強まる――などと想定する。
大幅な需給緩和が見込まれるものの、生産数量目標および生産者手取り確保の観点で積極的に販売を進め、単年度での販売完了を図る考えを強調。

全農にいがたは「集荷確保に向け、現時点での最大限の水準で設定した」とする。

新潟県が、上記のような発表をした事により、主要産地の仮渡し金の引き下げは決定的ですね。
消費者にはありがたい事ですが、生産者にとっては辛い部分がありますね。



にほんブログ村
コメント