北海道のいいとこ撮り

デジタルカメラで撮りためてきた北海道の自然や野生動物を掲載していきます。画像中心のブログです。

清里町さくらの滝 2011年8月 2

2017年07月31日 | 野生動物・野鳥
サクラマスが遡上する斜里川。6月から8月にかけてサクラマスのジャンプが見られるさくらの滝の様子、2011年8月の撮影です(こちらの続き)。
見た目はいわゆるサケとほとんど変わらないサクラマスは海に降って何年か回遊した後、産卵のために河川に遡上してくる降海型のヤマメのことです。一生を渓流域で暮らすヤマメは20~30cm程度ですが、サクラマスは70cm程度まで成長します。
摩周湖の伏流水が湧き出している神の子池にいた大型の魚を以前こちらで紹介しましたが、神の子池から流れ出す川は札弦(さっつる)川となって下流で斜里川に合流します。神の子池の大型の魚もオホーツク海から斜里川を遡上してきたサクラマスなのかもしれません。


次々に滝に挑むサクラマスたち。この時は待つ時間はほとんど必要なく、ひっきりなしにジャンプするサクラマスを観察出来ました。


望遠レンズでジャンプするサクラマスを狙ってみましたがタイミングを取るのが非常に難しく途中で諦めました… 画像はトリミングして拡大したものです。




今回、画像を改めて整理していて気付いたのですが、この魚はサクラマスではないような? 白い斑点がなんとなくアメマスにも見えますが実際はどうなのでしょうか。


滝の上流にも上がって観察出来るようになっています。




落差3.7mとそれほどの高さではありませんが、サクラマスにとってはそびえ立つ絶壁なのでしょう。上から見ていても観察していた30分程の間に滝を越えられたサクラマスはいないようでした。


滝の上から撮影した下流方向。見物する観光客の姿があります。

(清里町 2011年8月)
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハヤブサの幼鳥@室蘭 2005年... | トップ | 小清水原生花園 2006年8月 »

コメントを投稿

野生動物・野鳥」カテゴリの最新記事