北海道のいいとこ撮り

デジタルカメラで撮りためてきた北海道の自然や野生動物を掲載していきます。画像中心のブログです。

恵庭岳登山 2008年9月 4

2018年01月14日 | 石狩・空知
2008年9月中旬に登った恵庭岳の様子(こちらの続き)。標高約1000m付近にある第一見晴台からの風景です。


登山口付近の湖畔にある支笏湖観光センター。湖面に浮かぶ貸しボートが小さく見えています。


観光センターの湖畔にある桟橋。




湖の北東岸を走る国道453号の様子。最初に紹介した湖畔からの恵庭岳(こちら)は左下に写っている駐車帯に車を停めて湖畔から撮影したものです。


電波塔が建つ標高865.6mの紋別岳が見えています。


紋別岳をズーム。紋別岳は2008年2月に登山した時の様子を以前こちらで紹介しました。


ビジターセンターなどがある支笏湖温泉街。毎年厳冬期に開催される氷濤(ひょうとう)まつりの会場もこの辺です。2018年は1月26日~2月18日の期間で開催されます。2008年に訪れた氷濤祭りの様子はこちらです。


支笏湖東岸に見える2つのピーク。右側は標高506.4mのモラップ山。左側の478mのピークは地形図に名称の記載がありませんが、キムンモラップ山と呼ばれるそうです。モラップ山からキムンモラップ山の山麓湖畔にかけては野鳥の森と呼ばれる探勝路が整備されています。2007年5月に歩いた時の様子はこちら


中央に写っているのは標高828.7mのイチャンコッペ山。登山道が整備されており登ることが出来ます。


イチャンコッペ山山頂付近にある電波の反射板も小さく見えていました。

続きはこちら

(千歳市 2008年9月)
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 積雪期の摩周岳登山 2010年3... | トップ | 伊達市北黄金の丘陵地帯 2006... »

コメントを投稿

石狩・空知」カテゴリの最新記事