シーアゲイン~ログブック

青海島は年間を通して楽しむことができます。そうした青海島およびその近海における日々のダイビング情報をお届けします。

午後からクラゲ玉

2018年05月23日 | ダイビング

青海島 「船越」 気温 21度 水温 18度  透明度 12から15m

雨予報ですが、ザーザー降られることなく、海は鏡のようにべた凪で透明度も良好に潜ってきました。

海底チームはオオカズナギのオスやクモガニ、マトウダイの幼魚、新しく見つけたマダコの卵保護、ホウボウの幼魚、サガミミノ、コモンウミウシ、上がり際にはミズクラゲの大群が水面に押し寄せてきていて皆でみてきました。

浮遊チームは午前中よりも午後からのほうがクラゲが沢山湾内に入ってきたようです。エクボヒメセミエビのフィロゾーマ幼生やトガリフタツクラゲ、そして午後からのミズクラゲ玉、ホシギンポやイソギンポの卵保護も見てきたようです。

明日も凪の予報です!!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« アミメハギの卵保護 | トップ | ブートキャンプ終了。 »
最近の画像もっと見る

ダイビング」カテゴリの最新記事