シーバス世を泳ぐ

旅行や美味しいもの、ときどき政治や経済などのお堅いネタ…思いのままに書き綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キッチン花音@玉造温泉

2016-09-27 00:41:44 | Weblog
八重垣神社を後にし、二日目の宿がある玉造温泉へ。ランチは、着いてからとすることにした。1時前に到着し、宿に荷物を預け、ランチができる店を尋ねると、玉造温泉街を紹介した小冊子をくれた。島根牛が食べたいと思い、一番大きく載っていて、宿から程近い『キッチン花音』に行くことに。1時になるか、ならないかの時間に到着。ランチ営業は2時までとあったが、入店し、入口のところにある待合いのための椅子を直していた男性店員(店主かも)に「まだ大丈夫ですか?」と尋ねる。男性店員は「大丈夫ですが…今、片付けますね」と言うも、客が去った後の食器を片付けには行かず、延々と椅子を直し続けている。どうしたらいいか分からず、一度店外へ。5分ほどだろうか、「お待たせしました」と通された席は円卓。テーブル上部がガタガタする。もう一方の四角いテーブル席には、6人の先客が居た。テーブル席は、この2つだけで、衝立の向こう側にカウンター席があるらしく、お客の声が聞こえる。会話の内容から、地元の人らしい。旅先なので、細かいこ
と(テーブルのガタつき)は気にせず、食事を楽しむことにした。間もなく、アルバイトらしき若い女性が注文を取りに来た。「島根和牛カルビ丼と島根和牛焼きチーズカレー、あと生中で。生中は直ぐにね!」とオーダー。女性は下がった。生中が運ばれて来た。その時、「申し訳ありませんが、本日、カルビ丼は出来ませんで。他のものでしたら…」と言う。「じゃあ、同じ物の方が早いよね。焼きチーズカレーで!」と相方。女性店員は下がった。単品はなく、セットメニューになるのだそうで、小鉢とサラダが運ばれて来た。それらを摘まみながら、生中をやる。その間、隣のテーブルの6人客が「あのー、セットのデザートがまだ来てないんですけど?」と女性アルバイトに催促していた。6人客は、疲れているのか元気がない。私が「生中、うまし!」と10分ほどビールを楽しんでいると、椅子を直していた男性店員(やはり店主らしい)が来て、「あのー、本日、焼きチーズカレーも出来ませんで…。連休なものですから…。他のものでしたら…」とメニ
ューを差し出して言う。メニューを見るが、他には、海鮮丼とハンバーグくらいしかなく(あとは単品)、私も相方も、頼みたいものがない。男性が一度下がる。相方に目をやると、同じ気持ちらしい。「はぁ!?」である。一度、オーダーを取り直しておいて、再オーダーを引き受け、さらに、小鉢とサラダを出しておきながら、しかも、10分も経ってから、出来ないとは何事ぞ!言葉を交わすまでもなく、結論が出た。「もう出よう!」である。男性店員改めて店主が来た。ぬけぬけと「お決まりになりましたか?」と言う。「ビールだけで良いです」と私。明らかに店主が真顔になった。逆ギレである。しかし、キレ顔なら私も負けない(笑)。ここで、小鉢とサラダの金を取るなどと言おうものなら、ブチキレてやるぞ!という私の雰囲気を察したのか、店主が衝立の奥に下がりながら、女性アルバイトに「あちら、ビールだけで」と言う。気分が悪く、ビールを一気に飲み干し、カウンター脇のレジで会計をする。店主は、調理場に居たが、こちらに背を向け
たままだ。女性アルバイトからも、すみませんでしたはもちろん、ありがとうございましたの一言もない。最悪な店である。思い返せば、先客の6人組も、旅先なのに会話もなく、暗い感じだった。想像に過ぎないが、我々と同様の思いをしていたのではないだろうか?ちなみに、他のものなら出来ると言ったが、他のものの中には、島根和牛のステーキがあった。カルビ丼の差し替えでステーキ丼を出せばいいのではないか?あるいは、その肉で、カレーを出せばいいのではないか?若い頃なら、徹底的にやり合ったところだが、おっさんになった今、そんなバカげた時間を浪費することはしない。もう一度言うが、最悪な店であった。
コメント

八重垣神社

2016-09-26 21:05:33 | Weblog
スサノオノミコトとイナタヒメノミコトが夫婦生活を始めたという故事にちなみ、二神を祀る縁結びの神社とのことです。鏡の池に専用の用紙を浮かべ、良縁を占うことができるとかで、若い男女がたくさん居ました。え?私?安心してください、おじさんはやりませんよ(笑)。
コメント

島根県立美術館

2016-09-26 20:56:52 | Weblog
『宍道湖うさぎ』を見学するためだけに、島根県立美術館を訪れました♪(笑)。藪内佐斗司作とのことですが、どなた様かは存じません。宍道湖を眺めることができる洒落たレストランがあり、ランチタイム前だったため、コーヒーで一服しました。
コメント

島根県物産観光館

2016-09-26 00:10:50 | Weblog
松江城駐車場の向かいに、島根県物産観光館があります。主な島根土産は、ほとんど揃っていることでしょう。お酒も各種売っていました。そして、お土産は、ここで買っておくべきです!出雲空港〜松江市の間に、お土産を買える店が…というか、お店と言えるものがコンビニくらいしかありません(笑)。飲食店も無いと思ってください。買ったり、食べたりするなら、出雲大社周辺か、松江市内です。宍道湖畔には、驚くほど何もありません。くどいようですが、出雲大社から松江市に移動する道中に期待してはいけませんよ。あ、この物産観光館の2階には、「しまねっこのお家」というコーナーがあります。しまねっこ、可愛いですね♪
コメント

小泉八雲

2016-09-25 23:56:51 | Weblog
松江は、小泉八雲が暮らした地なのだそうです…。と言っても、教養のない私は、小泉八雲の名前しか知りませんでしたが(笑)。小泉八雲は、見ての通り、日本人ではなく(イギリス人だったかな?)、日本が気に入って住み着き、小説家になったのだそうですね。
コメント

国宝『松江城』(3)

2016-09-25 23:50:18 | Weblog
お堀も立派です。私は乗りませんでしたが、写真に写っている船で、堀川巡りをすることができます。

松江城は、とにかく見ごたえがあります。見るべきです。というか、これを見ないと、他に見るものがありません(笑)。
コメント

国宝『松江城』(2)

2016-09-25 23:45:53 | Weblog
天守閣から宍道湖を眺められます。かつて、途中の高い建物がなかった頃は、さぞ良い眺めだったことでしょう。他の方角では、天気の良い日には、大山が見えるそうです(この日は不可)。内部には、他の城同様、鎧や刀などが展示されていましたが、階を上がる毎に、意味不明な展示物になっていきました(苦笑)。ここは思い切って、展示関係は歴史博物館に全て任せて、城には何も置かない方が良いのではないでしょうか。
コメント

国宝『松江城』(1)

2016-09-25 23:35:30 | Weblog
なにわ一水を立ち、松江城へ向かいました。平日の雨降りの日でしたが、車は混んでおらず、宿から10分もかからず到着。県庁の直ぐ脇にあります(県庁が城の直ぐ脇にあると言うべきか)。期待していませんでしたが、これが、なかなか立派なお城で、内外ともに見ごたえがあります。
コメント

宍道湖温泉『なにわ一水』(3)

2016-09-25 23:29:50 | Weblog
朝食は、広間で定食。イカの刺身とオレンジジュースが美味。茶碗蒸しのように見えるものは豆腐。他のテーブルでは湯豆腐だったところもあったので、金額の高い部屋だと、湯豆腐なのかもしれません。火が点いている小鍋は焼き鮭。ここでも、あご野焼き(飛び魚のかまぼこ)が出ました。

『なにわ一水』については、JTBで人気だと言われたので、お世話になりましたが、他の宍道湖温泉の宿よりは良いのかもしれないものの、オススメはできないですね。やはり、自分で、よく調べてから決めるべきでした。露天風呂付きの部屋は満足度が高いのかもしれません。
コメント

宍道湖温泉『なにわ一水』(2)

2016-09-25 20:42:54 | Weblog
夕飯は、個室で懐石料理。島根和牛のしゃぶしゃぶが出ましたが、全体的に味は普通。しかも、出されるペースが早く、ゆっくりとお酒が飲めませんでした…。慌ただしい夕飯な感じで、内容がどのようなものだったか、ほとんど印象に残っていません。
コメント