シーバス世を泳ぐ

旅行や美味しいもの、ときどき政治や経済などのお堅いネタ…思いのままに書き綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

休止のお知らせ

2008-11-16 17:58:51 | Weblog
 明日から約1ケ月程度、記事の投稿を休止します。12月中旬から再開する予定ですので、また、よろしくお願いします。
コメント (1)

デリヘル国交省キャリアの処分

2008-11-14 21:57:22 | Weblog
 「書店に地図を買いに行く」‐そう言って、職場を出た国交省のキャリア職員(27・航空局)が、デリヘルの女を拾って、ホテルにシケ込んだ件。国交省は本日、この職員の処分を決めた。驚くことに、減給2割、6ケ月である。入省数年のキャリアは、30万円位貰えるのだろうか。-6万円×6ケ月=36万円、つまり、約1ケ月分の給料返上。実際問題、こいつが省内に残れるかは別として、大甘な処分だと私は感じた。この下劣な行為が、この程度で済むのなら、小原ショウスケさんも、朝寝・朝酒・朝湯が大好きだったくらいでは、身上を潰していないはずだ。それにしても、仕事中にデリヘルって…あきれ果てて、言葉が続かない。
コメント

無責任麻生の定額給付金

2008-11-12 21:32:52 | Weblog
 定額給付金の内容が、ようやく決まった。1人当り12,000円を基本に、18歳以下の子供と高齢者には、8,000円が加算される。すったもんだしていた所得制限については、下限を1800万円としたものの、制限を行うかどうかは、支給窓口となる各市区町村に任せられるという。
 麻生総理は、「それぞれの市区町村が一番簡単な方法でやればいい。地方分権なんだからそれでいいんじゃないか」と述べている。やっかいな決断は、他人に押し付ける‐藤木君以上に卑怯である。安倍、福田と受け継がれてきた無責任DNAが、変異して、確実にパワーアップしている。自民党支持者の皆さんは、3代も続いて、こんな無責任総理総裁で本当によいと思っているのだろうか。「麻生がやりぬく」という、自民党CMが流れているが、売れない役者のような麻生の“したり顔”を見ていると、無性に腹が立ってくる。さすがの私も、政治について熱く語るのがバカバカしくなってきた。
コメント (1)

定額給付金12,000 円

2008-11-10 15:13:32 | Weblog
 麻生総理が打ち出した定額給付金12,000円。子供と年寄りには8,000円が加算されるというから、我が家は44,000円が給付されることになる。「3年後に消費税を上げられるなら、定額給付金など要らない」と言う人がいるが、消費税の増税は避けられないから、くれると言うものは、素直に貰っておいた方がよい(笑)。
 それと、「生活支援というなら、金持ちに給付するのはおかしい」という意見がある。麻生総理は今日、金持ちは辞退してほしいと語ったらしいが、これについては、「そんなのは制度としてありえない」という与謝野経産相の批判が真に正しい(笑)。しかし、金持ちと貧乏人、どちらに給付した方が経済効果が上がるかと言えば、余分な金として使うことが出来る金持ちの方だろう。
 我が家は金持ちではないが、共働きの一人っ子なので、今のところ生活は苦しくはない(野菜は自給自足だしね・笑)。したがって、この44,000円を何に使おうかと考えているのだが、どうにも中途半端な金額だ。高級ホテルには1泊もできないし、私の好きなシュークリームだと、高級なものでも100個も買えてしまう。「なら、何度かに分けて使えばよいではないか」と言われそうだが、こういう金は一気に使いたいのだ。まぁ、給付までには、まだ時間がかかりそうなので、ゆっくり考えるとしよう。
コメント (1)

西武ライオンズ 日本一!!

2008-11-09 21:49:00 | Weblog
 埼玉西武ライオンズが日本シリーズ最終第7戦を制し、4年ぶり13度目の日本一になった。逆王手をかけ、敵地の東京ドームで、日テレの中継の中、8回表に逆転しての優勝…あ、審判も敵だったかな(笑)、さぞかし嬉しいだろう。イッテQが見られなかったんだから、このくらい楽しい思いができないとね(爆)。今、優勝監督インタビューを見たが、イケイケだったナベキューも、落ち着いたもんだなぁ。同じナベでも、読売の方は、さぞかし悔しがってることだろう。WBC監督は原でよかったのかねぇ?(苦笑)。
コメント

日本シリーズ最終戦

2008-11-09 14:14:15 | Weblog
 今夜、日本シリーズの最終戦が行われる。6戦までのテレビ中継は、日テレとテレ朝でやっていた。これまでのテレ朝はライオンズ贔屓だったが、この日本シリーズ中継では、巨人応援団に変わっていた。これも、読売と朝日が仲良しになった影響だろうか(苦笑)。
 実は昨日の第6戦、我が家では、皆で巨人の勝利を願っていた。「え?シーバスさんはアンチ巨人でしょ?」と訝る声が聞こえてきそうだ(笑)。もちろん、私はアンチ巨人である。しかし、昨日、巨人が勝って優勝が決まれば、『世界の果てまでイッテQ・秋の珍獣祭り2時間スペシャル』があったのだ。一家揃ってイッテQ好きの我が家としては、そういう訳で、巨人に勝ってしまってもらいたかったのだ。しかし、「野球か?イッテQか?」(コピーbyイッテQ)が、野球に決まった以上、今夜はライオンズに頑張ってもらいたい。昨夜の岸のよいな力投で、巨人を粉砕せよ!(爆)
コメント

麻生総理ブレブレで酒・遊・金?( 笑)

2008-11-09 09:43:03 | Weblog
 麻生総理は昨日、葛飾で除幕式イベントに参加し、こち亀の両津勘吉とツーショットになっていた。麻生が着ていた両さんハッピの袖には、「酒遊金酒遊金酒遊金…」と書いてあり、毎晩バー通いをしている彼にはピッタリだった。せっかくの祭り気分なら、ひょっとこ面でも頭に乗せておけばよかったのに。あ、ひょっとこ面は必要ないか(笑)。
 冗談は別にして、定額給付金にしても、消費税にしても、麻生総理はブレまくっている。ちょっと異論が出ると、直ぐに内容を変える。しかも、そこを突っ込まれると、最初の会見の時からそのような意図だったと強弁し、その場からそそくさと立ち去る。次期総選挙については、クリスマス解散などとも囁かれているが、この総理総裁で自民党が勝利することがあれば、我が国の有権者は、相当なお人好しだろう。
 米国大統領選挙では、オバマが勝利した。おそらく、オバマでも、マケインでも、今後の米国の行方には、そう大した違いはないと思う。ドコモかauか程度の差である。しかし、4年か8年毎に変えているというのが重要であって、日本人の私には羨ましいかぎりだ。ドコモも、auに客を奪われたからこそ、無料通話などのサービスを拡充した。圧倒的なシェアを維持し続けていたら、殿様商売を続けていただろう。
 民主党は頼りないだとか、政治的理念がバラバラだとかと批判する人がいるが、現時点では、自民党も全く同じである。いや、宗教マシーン…もとい集票マシーン(苦笑)に牛耳られている分、民主党より悪いかもしれない。だとすれば、前から何度も書いているように、一度、民主党にやらせてみるべきだ。ダメなら、長くても4年後にやってくる総選挙で、また自民に入れればよい。太田総理やTVタックルを見て憂さ晴らしをするくらいなら、自分の一票で現実を変える可能性に賭けよ。
コメント

田母神論文騒動

2008-11-08 12:13:45 | Weblog
 「侵略は濡れ衣」などと私的歴史観を述べた田母神論文。先の大戦については、いろいろと言う人が居るが、負けた以上は、賊軍による侵略なのである。それに、個人的にどのような思いがあるとしても、自衛官は“滅私”で国防に臨まなければならない。少し過激な言い方をすれば、国防ロボットであるべきなのだ。
 この論文は、ホテル事業などを営むアパグループの懸賞に応募したものだ。アパと言えば、帽子の女社長をイメージするが、代表者は、俳優の大杉連に似た彼女の夫である。昔はよく、夫婦揃って、お宅拝見番組に出ていた。この夫と田母神氏は、小松基地時代からの親友だそうで、民間人で初めて、何とか戦闘機に体験試乗したのだそうだ。この代表者は、ペンネームで真の歴史観に関する本を書く“右曲がりのダンディー”(苦笑)で、大物政治家とも交流があるらしい。その中には、同じく右曲がりである「ボクちゃんお腹痛い」のあの人も居るのだろうか(笑)。この人が総理だったら、田母神氏の処分も違ったかも(爆)。
 それにしても、中山成彬といい、橋下知事といい、右曲がりの輩が、政治・行政の中心で過激発言を叫ぶようになってきた。たしかに、左が居なくなれば、自分達はやり易くなるのだろう。しかし、左の存在があってこそ、右傾化し行くのを防げると私は考えている。我々有権者は、日本が、日の丸を掲げた黒いバスにならないよう注意しなければならない。
コメント

トップスのチョコレートケーキ

2008-11-04 12:03:56 | Weblog
(一昨昨日の記事、第6段落から分岐)

 帰り足、東武池袋のデパ地下でお土産スイーツを買うことに。東京に出て来たら、スイーツを買って帰らないとね(笑)。そして今日のお目当ては、トップスのチョコレートケーキ。本当は堂島ロールにしようと考えていたのだが、長時間並ぶのは必至だし、銀座三越に問い合わせたところ、「土曜日ですと、15時に売り切れることもあります」とのことだったので、以前から一度食べてみたかったトップスのチョコレートケーキにしたのである。
 トップスは、元は赤坂のカレー屋で、チョコレートケーキはデザートメニューだった。それが、土産用として持ち帰れるようになり、次第に評判となって、ついには独立した商品となったらしい。今では、「トップスと言えばチョコレートケーキ」なのだから、世の中、何が当るか分からない。
 チョコレートケーキにも何種類かあるのだが(季節商品もあり)、スタンダードのレギュラーサイズを買った。レギュラーサイズの大きさは185×61×55mmで、価格は税込1,699円。外観上、外塗りと同じチョコレートクリーム(内サンドのチョコレートクリームも同じ)で縁取りされている程度で、余計なデコレーションはない。
 私は自分で切らないから分からないのだが、見ている分には、とても切りにくそうだった(実際切りにくいらしい)。外観と同様、中身もシンプルで、外塗りと同じチョコレートクリームが、スポンジにサンドされているだけ。ただ、食べてみると分かるのだが、中のチョコレートクリームには、クルミが混入されている。
 さっそく食べてみよう。味は、見た目どおりに極めてシンプルで、私好み。私は、ショートケーキのイチゴ以外、フルーツが入っているケーキは好きではないから、こういうのがとても良い。チョコレートクリームはしつこくなく、すっと溶けていく感じ。不思議なことに、多くの部分で堂島ロールに共通している。おそらく、食品であれ工業品であれ、良品というのはシンプルなものなのだろう。ガトーショコラのようなプロにしか作れない“濃ゆい”ケーキもいいが、ホームメイドっぽいトップスのチョコレートケーキは好感度が高い。私のお気に入りスイーツリストに加わったことは言うまでもない。直営店・販売取扱店が全国にあるから、ぜひ一度食べてみてほしい。
コメント

トヨタiQ

2008-11-03 10:44:23 | Weblog
 (一昨日の記事、第6段落から分岐)

 「観覧車に乗りたい」と言う妻子と別れて、私はメガウェブを見て回ることにした。しつこいようだが、高所恐怖症ではないぞ(笑)。
 三連休の初日の午後にもかかわらず、メガウェブは混雑していなかった。これも、クルマ離れ、不況の表れだろうか。まぁ、トヨタのクルマが飾ってあるだけだし(試乗もできる)、ディーラーへ行けば無料で貰えるカタログも、ここでは有料だから、私のようなクルマ変態でもなければ、何度も訪れる場所ではない(私は5度目)。それにしても、色々な地域の外国人がたくさん居るなぁ。
 まずは1階を見て回った。1階は、とにかく多くの車種が並べられていた。意外にも、隅の方の目立たない場所に、ダイハツの新型軽自動車コンテが展示されていた。ということは、スバルも新車が出れば、飾られるのか。しかし、世界のトヨタ様なんだから、もう少し人目につく場所を割り当てて、太っ腹なところを見せた方がよいのではないか(苦笑)。
 さて、2階に行くことにしよう。エスカレーターを上がると、目の前にレクサスのブースがあった。パーテーションで仕切られて、特別な感じになっている。ダイハツもこうしてあげたら?(笑)。中にはIS、GS、SC、LSが展示されていた。レクサスのディーラーは、我々庶民を簡単には入れさせない雰囲気をプンプン漂わせているが、ここなら敷居は高くない。遠慮なく見せてもらったが、まぁ…トヨタのクルマだね。日本で、ブランドを別にする意味があったのかなぁ。GSにせよLSにせよ、アリストとセルシオとして普通のディーラーで売った方が、数が出て儲かったんじゃない?
 レクサスブースを出ると、トヨタの新コンセプト・プレミアムコンパクト『iQ』が展示されていた。先月15日に発表されたiQは、今月20日から発売なので、普通のディーラーにはまだ飾られていない。iQの最大の特徴は、そのサイズで、2985×1680×1500mmとかなり小さい。先程見た軽自動車のコンテでさえ、全長は3395ある。どれだけ小さいかを強調するため、2台ある内の1台が、約4畳半の透明な箱のなかに入れられていた。
 もう1台はオープンスペースにあって、誰でも自由に乗り込めた。全高が1500あるにもかかわらず、Aピラーがかなり寝ているためか、身長177cmの私が乗り込む際に頭がぶつかった(ウ゛ィッツは大丈夫)。運転席に座った印象も普通で、特にプレミアム感は感じない。これでウ゛ィッツよりも何十万か高いわけだから、正直なところ「?」。後席は、大人が座ることはできないと考えた方がよい。子供でも小学校低学年までかなぁ?未就学児は逆に、チャイルドシートを付けて乗せるのに苦労すると思われる。実質的な2シーター車だ。後席シートバックが可倒式かどうか確認し忘れたが、倒れないとすると、荷室スペースは全くない。あ、本だったら、立てれば数冊は入ります(笑)。10・15モード燃費も23.0km/lと、飛び抜けて良いわけでもない(フィットは24.0km/l)。
 超保守的と言われるトヨタがチャレンジして売り出したクルマなので、あまり批判的なことを言うのも可哀相なのだが、このクルマに何の意味があるのか、私には理解できない。維持費なら軽を買うし、燃費ならフィットを買う。他人と違うことを好むお金に余裕のある人だったら、よりデザイン性やプレミアム感のあるスマートを買うだろう。残念ながら、iQは確実にコケる。街で見掛けることがあるとすれば、それは試乗車だ(笑)。トヨタ関係者でさえ買わないと思われる。あ、出世を狙いのゴマスリ野郎は買うかも。社内報に「私はiQに乗っています」と出て、少しでもアピールするために。どこにでも居るからね、そういう奴(嘲笑)。
コメント