シーバス世を泳ぐ

旅行や美味しいもの、ときどき政治や経済などのお堅いネタ…思いのままに書き綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大晦日

2007-12-31 12:18:04 | Weblog
 今日は大晦日、今年もあと1日で終わりである。今年は年末休みをゆっくり過ごそうと、12月に入ってから毎週末に少しずつ掃除を済ませたため、ここ3日間何もせずダラダラしている。朝起き、「ごくせん」一挙放送を見て気分の高まったところで、ジョギングに出掛けると、顔を撫でる寒風が心地よい。午後は徳永英明の「VOCALIST」を聞きながら昼寝。夜は特番や映画を観る…とまぁ、連日このパターンで過ごした。今夜は熱燗で一杯やりながら蕎麦を食べ、鬼平を気取りながら、大晦日の晩を楽しむつもりである。
コメント

第49回輝く!日本レコード大賞

2007-12-30 21:49:11 | Weblog
 年末になると、何だかんだ言いながらも、レコ大と紅白を見てしまう(笑)。今年の大賞は予想どおり、コブクロの「蕾」だった。私は、売れても腰の低いコブクロが大好きなので、とても良かったなと思う。
 と、ここで終わらないのが「シーバス世を泳ぐ」(爆)。終始気になっていたのが、メイン司会者・堺正章のこの発言→「おめでとうございました!」。私はこれに大きな違和感を覚えた。「おめでとうございます」の過去形なのだろうが、正にその場で起こったことに対して「おめでとうございました」はおかしくないだろうか?え?エビちゃんともえちゃんが居たことの方が余ほど違和感があったって?いいの、エビちゃんは可愛いんだから(笑)。
コメント (1)

オダギリジョー・香椎由宇結婚

2007-12-28 19:14:33 | Weblog
 俳優のオダギリジョー(31)と香椎由宇(20)が昨夜記者会見を開き、年明けの結婚を表明した。オダギリは「こういう場に馴れていないので、面白いことは言えませんが…」と前置きしながらも、香椎と誕生日が同じだという話題になると、「誕生日が同じなのは、金正日以来だった」と場を盛り上げた。イイ男に笑いまで取られたら、どーすんのよ?俺たち(泣笑)。そりゃあ、ひとまわり近くも年下のクォーター美人女優をゲットするっちゅーねん。
コメント (1)

ねんきん特別便

2007-12-17 19:05:00 | Weblog
 今日の朝刊の折り込み広告の中に、『ねんきん特別便のお知らせ(保存版)』なるものが入っていた。いわゆる「宙に浮いた5000万件の年金記録」の持ち主の可能性がある人に対しては来年3月までに、その他の年金受給者・現役加入者には4~10月までに、『ねんきん特別便』(=年金加入記録)を郵送するという。
 先ず、「年金」が平仮名表記なことに腹が立つ。たしかに、社保庁・社保事務所のバカ共は漢字を読めないのだろうが、国民を同一視しないでもらいたい。
 次に、年金加入記録に訂正がない人にも、「確認はがき」なるものに署名をさせて、返送させるのである。これは将来トラブルが起きた時に、「あなたは自分で問題なしと言いましたよね?」と言うための“保険”である。己らの職務怠慢のせいで世の中を混乱させておきながら、国民の手を煩わせるなど、ふざけるな!社保庁・社保事務所の全OBが責任をとって、無給で確認しろ!!
コメント (2)

浦和レッズ クラブワールドカップ第3 位

2007-12-16 18:27:19 | Weblog
 サッカーFIFAクラブワールドカップの3位決定戦で、浦和レッズがエトワール・サヘル(チュニジア)をPKの末に敗り、3位になった。
 3年間の契約が終わり、明日ブラジルに帰国するワシントンに勝たせてもらったような試合ではあったが、日本サッカーにとって、歴史的快挙である。
 それと、世界一と言われるレッズサポーターに、一つ注文をつけたい。熱烈に応援をするのは結構だが、相手がボールを持った時にブーイングをしたり、PKで相手が蹴る時に大騒ぎをするのは止めたほうがいい。その様な応援の仕方が、世界的な傾向なのかもしれないが、日本人の品格が疑われる。観戦した私は、僅かに不快感が残り、浦和の勝利を100%喜べなかった。だが、レッズイレブンよ、世界第3位おめでとう!!
コメント (2)

長崎佐世保・銃乱射殺人事件

2007-12-16 09:44:14 | Weblog
 長崎県佐世保市のスポーツクラブで、無職・馬込政義(37・死亡)が散弾銃を乱射し、2人が死亡、6人が重軽傷を負った。フルフェースのヘルメットに迷彩服、正面玄関から堂々と侵入し、散弾銃をぶっ放す‐アメリカ映画でも最近、そんな残虐シーンは見掛けない。
 中・高時代の同級生を呼び出し、馬込の言うとおりにスポーツクラブで待っていた“親友”1人と、児童を庇って逃げた女性インストラクターを射殺する非道ぶり。無関係の児童が巻き添えになろうが構わないというド外道野郎。37歳にもなって無職のくせに、新車のデリカに乗って銃に興じ、スポーツクラブに通っていた甘ちゃん野郎に、働き者の親友と人気者の女性インストラクターが殺されるというこの世の不条理を、私は憎む。離れに住まわせ、何でも買い与えていた敬虔なクリスチャンだという母親は、親としての責任をどう感じているのだろうか。キリスト教というのは、子供を甘やかせと教えているのか。被疑者死亡ではあるが、こういうキチガイが生み出された背景を、とことん解明してもらいたい。
コメント (1)

橋本弁護士大阪府知事選出馬

2007-12-13 15:42:32 | Weblog
 タレント弁護士の橋本徹氏が昨日記者会見を開き、1月27日投開票の大阪府知事選挙に出馬することを表明した。
 一度は、何千パーセントだか出馬はないと宣言したものの、紳介とたかじんの後押しで立候補を決意したのだそうだ。いかにも大阪っぽい話だが(苦笑)、何やら、バラエティー番組の一企画のように思えてしまうのは、私だけだろうか。これで橋本氏が当選したら、東国原知事とセットにされて、かつての青島都知事‐ノック府知事のような扱いになるのは目に見えている。
コメント

年金名寄せ困難 1975 万件

2007-12-11 18:38:00 | Weblog
 いわゆる「宙に浮いた年金問題」で、5千万件の内の4割・1975万件が、持ち主の特定が困難であることが判った。また、1975万件のうち945万件が、入力ミスなどのため、判別が極めて困難だという。
 安倍ちゃんは参院選挙の際に、08年3月までには名寄せ作業を完了させると約束した。早期解決を疑問視する専門家の声がほとんどだったにもかかわらず、福田内閣でも、安倍ちゃんの処理計画を修正しなかった。しかし今日、この発表を受けて、桝添厚労相は、「3月までに全件が解決するとは言っていない」とか「選挙では意気込みを示したまでだ」などと見苦しい言い逃れをし、仕舞いには、「誰が大臣をやっても、結果は同じ」と開き直った。薬害C型肝炎問題でもそうだが、福田内閣は、皆が諦めるまで、頭から布団を被って何もしない方針のようだ。「民主党には、まだまだ政権担当能力がない」と言われるが、自民党だってこの程度だということである。
コメント

新型フィット試乗記

2007-12-09 18:44:24 | Weblog
 一昨日の夜、旧型ストリーム、現行オデッセイと2台続けてお世話になっているディーラー氏から、「シーバスさん、カストロールのキャンペーンで、レーシング仕様のNSXが来ていますから、ぜひ御来場ください」との電話があった。年末商戦で人寄せしたいのだろうし、ちょうど、新型フィットにも試乗したかったので、行ってみることにした。
 そして昨日、妻子と共にディーラーへ。入口をくぐると、「チーム国光・RAYBRICS NSX」(掲載写真)ではなく、受付に居たサンタ・ワンピ(胸元から上が露出のタイプね)のコンパニオン嬢に目が奪われてしまった私。悲しい男の性よのう(笑)。お父さんへの、少し早めのクリスマス・プレゼントとして、遠慮なく御馳走になりました(変な意味ではないぞ・爆)。

 さて本題の、新型フィットについて書こう。1525mmの全高が取ってあるため、身長177cmの私でも、頭を気にすることなく乗り込める。運転席シートはアコードクラスを採用しているので、たしかにゆったりしているのだが、走り始めると、ランバーサポートが不足していると感じた(オデッセイ比)。あと、マニュアルエアコンのダイヤルに注文をつけたい。目印が薄めの白色のため、どの目盛りを指しているのか分かりにくいのだ。早急に、赤かオレンジに改善したほうがよい。
 走り出してみる。エンジンは、ホンダらしく吹け上がりが抜群で、高回転までスムーズによく回る。それに、1.3リッターとは思えないほど加速がよい。これで十分である。トヨタのブレイドなど、なぜ2.4や3.5リッターを積んでいるのだろうか、不思議だ。また、ベストカーの試乗記に「スタート時に、エンジンからチリチリ音がする」とあったので、注意深く確認したのだが、私には異音は聞こえなかった。
 足回りは、少し硬めの印象。フィットは、これ1台で街乗りから高速道路まで、全てのシチュエーションに対応させようという性格のクルマだから仕方がないのだろうが、もう少し上手く凸凹をやり過ごしてほしい。
 それ以外の、曲がる・止まるは合格である。総合的な乗り心地は、現行ストリームより上に感じた。このクルマが、120万円弱で買える(ベースグレードG・消費税込みの車両本体価格)なんて、お買い得である。日本に生まれてよかったぁー(織田裕二風に・笑)。

 試乗から戻ってくると、息子が組立式のフィットのラジコンと、一枚の写真を持っていた。見せてもらうと、息子がNSXの隣で、コンパニオン嬢に肩を抱かれてピースをしているではないか!「オネエさんと撮った」とニコニコする息子。うーん、オヌシもやるのぉ~(苦笑)。ちなみに、この写真が、我が家の年賀状に採用されました(笑)。
コメント (2)

ガソリン最高値更新

2007-12-07 12:04:21 | Weblog
 レギュラーガソリンの全国平均小売価格が、1リットルあたり154.9円となり、最高値を更新した。
 つい数年前まで100円位だったのだから、55%増である。これほどのアップ率、プロ野球選手なら喜んで判を押すところだが(苦笑)、我々庶民の懐は寒くなる一方だ。
 本来の2倍も課税されているガソリン税の暫定税率を廃止すれば、リッター当たり25円ほど下がる。しかし、政府与党は、今後10年は暫定税率を維持し続けることを決定。高速道路の値下げという、ほとんど意味のない姑息な手段で、お茶を濁そうとしている。所得税の定率減税は、「恒久“的”減税であって恒久ではない」とし、あっさりと廃止したのに、暫定税率を廃止しないのは許せない。ジャイアン並の傍若無人さと言える。しかも、ガソリン税を含めたガソリン価格に対して消費税が課税されている。ぼったくりバー状態だ。「ガソリンが上がれば、消費税を余計に取れるぞ」とほくそ笑んでいるであろう財務省と、水増し道路計画を作った国交省には、ムカっ腹が立つ。ガソリン一揆でも起こしてやろうか。
コメント (2)