シーバス世を泳ぐ

旅行や美味しいもの、ときどき政治や経済などのお堅いネタ…思いのままに書き綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ストーカー殺人警官に退職金

2007-08-31 12:55:53 | Weblog
 恋い焦がれた女に執着する男の気持ちは分からなくはない。ましてや、殺された女がキャバ嬢(ホステスか?)では、金の為に男を騙してその気にさせているのだから、いまいち同情できない。
 今回の事件も、犯人が一般のサラリーマンだったら、世間も「キャバ嬢もヘタこいたな」で終わってしまったことだろう。だが、警察官が職務中、再三にわたってストーカー行為をした挙げ句、射殺したとあっては、容易に片付けられる話ではない。
 しかも、警官には1200万円もの退職金が出るというのだ。キャバ嬢に入れ揚げて、職務時間中、制服姿で求愛メールを打つようなバカ警官に多額の税金が払われるのは、どう考えてもおかしい。こまわり君(知ってる?)なら、このバカ警官にこう言って終わりにするだろう。「死刑!」
コメント (2)

世界陸上 大コケ

2007-08-30 12:03:18 | Weblog
 TBSが満を持してお送りしている(しつこいか?笑)「世界陸上・大阪大会」が大コケしている。テレビを観れば分かるように、スタンドは「閑古鳥さえ居るのか?」と思うほどガラガラ(苦笑)。あれだけ前から番宣を撃っておいてのこの盛り下がり状態には、TBSもさぞかしショックを受けていることであろう。
 理由は、値段の高いチケットと夜遅くに及ぶ競技時間らしいが、日本人選手の不振も影響していると思う。前評判が大本営的だったのは、他のスポーツの国際試合と同じだが、メダルを期待された室伏さえ6位に終わった。それに、セット前に変な踊りを踊る男子400メートルの選手は、走り出すや肉離れを起こすわ、福士(女子10000m)は途中で靴が脱げてしまうわ、競技内容以前の問題で散々である。元陸上部の私としては、この状況が残念でならないが、こうなったら最終日の女子マラソンに全ての望みを託そう。ガンバレ!世陸!!あ、この「世陸」という略称が悪かった気もするなぁ (苦笑)。
コメント (1)

奈良・妊婦 たらい回しのうえ搬送中に事故で流産

2007-08-29 21:23:35 | Weblog
 奈良県で36歳の妊婦(3ケ月)が出先で腹痛を訴え、救急車を呼んだが、県内の複数の病院に受け入れを断られ続けた。1時間半後にようやく見つかったのは、40kmも離れた大阪府の病院。不運は続くもので、そこへ向かう途中、救急車が軽自動車と事故を起こし、大幅に病院に着くのが遅れて、女性は流産してしまったのである。
 私は昨年の暮れに、これと似たような経験をした。朝、妻が倒れて意識不明となったため、救急車を呼んだ。救急車は10分もしない内に到着したが、救急隊員の方が連絡してくれた最も近い病院には「当直医が処置中のため」という理由で、受け入れを断られた。結局、30分ほどかかる隣町の病院が受け入れてくれたのだが、その道中は長かった。というのは、朝の通勤時間帯だったからかもしれないが、一般車両が救急車に道を譲らなかったからだ。私は、受け入れを拒否した病院とともに、世間の人々の冷たさに憤った。日本は「美しい国」どころか、「普通の国」ですらない。こんな世の中では、子供を何人も産もうなどと思うはずがないのだ。身勝手な振る舞いは、いつかは自分に返って来る。情けは人の為ならず、なのである。
コメント

ビデ倫、モザイク薄過ぎてガサ入れ

2007-08-25 19:42:59 | Weblog
 アダルトビデオ(AV)作品の審査をする業界の自主的機関「日本ビデオ倫理協会」(通称「ビデ倫」)が、猥褻図画頒布幇助の容疑で家宅捜査を受けた。ビデ倫が昨年から採用した「新基準モザイク」が薄過ぎて、猥褻性が高いためだという。
 ここから先は良い子の皆さんは読まないでね(笑)。
 何を隠そうAV評論家の私は(笑)、新基準モザイクについて、「え?これならモザイク処理しなくてもイイじゃん」と感じていた。そのくらい新モザは薄い。旧モザでは、本番をしているのか、擬似なのかが判らなかった。しかし新モザだと、抜き刺しがバッチリ見えるどころか、男優がゴムを付けているのさえ判るのである。新モザに慣れてしまった今となっては、もはや旧モザには戻れない。ネットでは、モザイク無しの動画が観られるそうだから、警察もそんなに目くじらを立てる必要はないのではないか。
 念のために言っておくが、私がAVを観るのは、美術館で絵画を鑑賞するのや、四季劇場でライオンキングを観るのと同じなのである。若い頃の用途とは全く違うので、誤解のないように(爆)。
コメント (2)

ポケモンセンター東京と汐留ジャンボリー

2007-08-24 20:40:01 | Weblog
 夏休みも終盤、熱海旅行に続く夏休み企画・後編として本日、浜松町にある『ポケモンセンター東京』に行ってきた。JR浜松町駅で下り北口へ向かう。すると、ポケモンセンターに行く以外に考えられない家族連れ(笑)が「蟻の行列」となっていたため、迷わずに辿り着けた。
 ポケモンセンターは大して広くない。一般的なセブンイレブン3個分くらいの広さだろうか。そこにびっしりとポケモンのキャラクターグッズが並ぶ。「センター」とは銘打っているが、要は売店である。そしてその店内は、買ってもらうグッズを真剣に選定する子供や、嬉しさの余り狂ってしまった子供でびっしり(笑)。外国人のボーイも多い(ポケモンは外国でも大人気)。
 我が息子のお気に入りキャラは『ポッチャマ』と『アチャモ』。ヌイグルミやら丼(ラーメン2食付き)やらクリアファイルやら、計5千円分くらい買った(泣笑)。
 その後、芝・増上寺から東京タワーへ行き、地下鉄大江戸線で汐留へ。日テレの夏休み企画『汐留ジャンボリー』を楽しんだ。息子は『ズームインSUPER』が好きなので、迷わず『マイスタ見学ツアー』へ。30分待ちだったが、実際のマイスタを見ることができて大満足していた。ただ残念なことに、ここにも息子の桃源郷『日テレ屋』がある(泣)。なにせ、日テレ屋webで合羽ズーミンを買ったほどですからねぇ~。はい、ここでもヌイグルミやらクリアファイルやらで5千円也(号泣)。慣れない都内に疲れ果てて早寝した息子の枕元には、今日買ったヌイグルミたちが並べられていることは言うまでもない。
コメント (2)

塩崎官房長官の事務所職員が横領

2007-08-21 08:01:53 | Weblog
 塩崎官房長官の事務所の女性職員が、政治資金600万円を横領し、隠蔽工作のために政治資金収支報告書への領収書を重複添付していたという。この女性職員は、19日付けで懲戒解雇となった。
 金にまつわる不祥事が続く自民党は、党議員に政治資金の点検を指示。その中で発覚したのだというが、私はどうも、素直に納得できない。塩崎事務所は、赤城前農水相と同じように、何らかの目的で経費を二重計上していたのではないだろうか。安倍ちゃんの盟友であり、来週行われる内閣改造で大臣への横滑りが取り沙汰される塩崎氏としては、そのことを素直に公表するわけにはいかない。したがって、事務所職員が横領したことにした…。私にそんなうがった見方をさせるのも、安倍内閣の罪であろう。
コメント (1)

24時間テレビ・欽ちゃんマラソン完走

2007-08-20 22:23:27 | Weblog
 欽ちゃんが、24時間マラソンを完走した。しかし、すごかったのは欽ちゃんではなく、バンダナを巻いた“おじさんトレーナー”である。欽ちゃんを沿道の観客からガードしながら伴走していたのだが、ほとんど横走り。そう、まさに「欽ちゃん走り」だったのである。私は、彼を大いに讃えたいと思う。最初、テレビに出たがりの野次馬オヤジと勘違いしてゴメンね(笑)。
コメント

女子バレー・ワールドグランプリ' 07

2007-08-19 09:12:54 | Weblog
 昨夜久しぶりにテレビでバレーボールを観た。私が知っている選手は、もう栗原恵しか居なかった。それにしても最近、何のスポーツでもそうなのだが、国際大会の実況は「大本営」的で不快だ。
 まぁ、メディアのことを批判し始めるとキリが無いので、止めておこう。試合相手は、欧州チャンピオンのポーランドだった。結果は1-3で日本の負け。他国との試合は観ていないが、日本のセッターは小さ過ぎやしないか?セッターも6人の中の一人なのだから、背の高い人の方が有利なはずだ。しかも、背の低い者が上げる場合、ボールの滞空時間が長くて、ポーランドに比べて、アタッカーが打ちにくそうに見えた。それに、上げてから打つまでの時間が長いほど、相手が守備体型を整えられるわけだ。バスケもそうだが、背が高くて俊敏な選手が日本に現われるには、まだ少し時間がかかるのだろうか。
コメント

伊勢・七人のメタボ侍急死

2007-08-18 11:53:06 | Weblog
 三重県伊勢市で「七人のメタボ侍、内脂肪を斬る!」と題して、市幹部らが減量に挑戦する企画に、市長等とともに参加していた健康福祉部課長(47・男性)が、運動中に倒れ死亡した。死因は虚血性心不全だった。
 この企画は生活習慣病予防を市民に呼び掛けるため、市長の発案で始まった。メタボの市幹部7人が、保健師からアドバイスを受け、食事や運動で減量に励んでいたそうだ。この課長が死亡したのは14日午前9時頃とのことで、ジョギングかウォーキング中に倒れたらしい。もちろん、減量と死亡の因果関係は明らかではない。この課長はウエスト100センチあり、10センチ減を目指していたが、急な減量を保健師に諫められていたそうだ。
 私は当ブログで時々、自らのダイエット論について書いてきた。中学時代にバスケで肥満児から脱却し、高校時代には陸上部で身体に磨きを掛けた。だが、大学から就職にかけて再プチ肥満化してしまう。何度か食事によるダイエットを試みたが失敗。「やはり運動か…」とジョギング、腕立・腹筋・背筋を毎日交互に続けることにした。34歳の時である。
 これを始める時に、決めたことがいくつかある。第一に、体重計には乗らないこと。これが最も大切だ。運動を続けさえすれば、かならず結果は出る。絶対だ。ただそれは、早くても数か月後。秋に初めて、気が付いたら春にズボンが緩くなっていた、でよいのである。それを、毎日毎日、体重だの体脂肪率だのを測っていたら、目に見えて効果が上がらないため焦りが出るし、そのうち「運動しても意味無いじゃん」と諦めて、間もなく止めてしまうことになる。
 第二は、食事(大好きな甘味も)を減らさないこと。食事は腹一杯食べる。これを制限してしまうと、運動も続かない。ただし、ご飯を三杯食べていたら、二杯に減らそう。それは食い過ぎだ(苦笑)。甘いものが好きなら、食べてよし。酒が好きなら飲んでよし。食わないで飲まないで痩せても意味は無い。
 第三には、疲れた時には休むこと。これはスキーヤーで引退後に登山を始めた三浦何某さんが言っていたことだ。中高年になると当然、若い頃と違って無理が出来ない。「今日は疲れたなぁ…」と感じたら、たくさん食べて早く寝る。ここで無理をすると、風邪を引いたり、肉離れを起こしたりしてし、長期にわたって運動を休止せざるを得なくなる。
 それと最後に、この夏の暑さは異常だ。火曜日の夜、少し気温が下がった気がしたので走ったら、これまでに経験したことのない体温の上がり方(鉄が焼けて熱を持ち続けたような)を感じ、少し頭が痛くなった。熱中症になったらシャレにならないので、麦茶を4リットル飲み、水のシャワーを浴びて、横になった。すると、徐々に身体の熱が引いて、悪い意味ではない脱力感を覚え始めたのである。この経験以降、今週は走っていない。考えてみれば、今週は最低気温も30度近くあったのだから、夜や早朝でも無理な運動は禁物なのだ。「健康のためなら死んでもいい」は、漫才だけの話にしなければならない。
コメント (1)

国内最高気温40.9 度

2007-08-17 12:32:46 | Weblog
 3日間ブログをサボっていたが、引き籠もり横綱に比べればカワイイものだろう。決して、お盆で客が来て飲んだくれていたわけではないぞ…ウソ(笑)。親戚やら、帰省した友人やらとの酒宴で、目が覚めると毎晩一時過ぎという有様(笑)。
 さて、立秋を過ぎてからというもの、涼しくなるどころか、ターボがかかったように暑くなった。昨日の埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市の最高気温は何と40.9度で、74年ぶりに記録を更新したそうだ。埼玉県熊谷市は、暑さを売りにしている奇特な自治体で、目を回して舌を出している太陽のキャラクター「あつべえ」を作り、「あついぞ!熊谷」をキャッチフレーズにしている自虐っぷりだ(笑)。それだけに、群馬県館林市が、連日40度オーバーの好記録を叩き出していたことには、心中穏やかでなかったに違いない。もしかしたら、熊谷市役所では昨日、暖房をつけていたかもしれないぞ(爆)。
コメント (2)