シーバス世を泳ぐ

旅行や美味しいもの、ときどき政治や経済などのお堅いネタ…思いのままに書き綴ります。

続・緩い女の末路の話

2006-07-31 12:51:54 | Weblog
今年4月、岐阜県中津川市の廃パチンコ店で、高1男と中2女の野良犬カップルが痴話喧嘩の末、男が女を絞殺した事件(本ブログ内「緩い女の末路の話」(5月9日)参照)。今月28日、岐阜家裁の審判で、高1男は3年以上の、中等少年院送りになった。裁判長は、逆送も十分考えられた事件としたうえで、「人格が不安定で、未成熟でもあり、刑事施設での処遇には困難が予測される」「事件の重大性や遺族の感情を認識し、真摯に考える姿勢を見せ始めている」と保護処分とした理由を述べた。刑事施設で扱えないキチガイということだ。そんな人非人が、「事件の重大性や遺族の感情を認識し、真摯に考える」ことができるだろうか。否である。しかし、その素振りを見せることは出来るだろう。こういうド外道野郎は、そのような頭だけはよく働くのだ。正直なところ、女も女だから、どうでもいいことではあるのだが。こんな野良犬どもに、国費を費やすだけ無駄である。どうせならレバノンにでも送ってやれ。「中東」少年院ってね。心から反省することになりますよ、きっと(笑)。

コメント (1)

休日出勤の話

2006-07-30 20:32:39 | Weblog
今日は4時半起きで、23時頃まで仕事です。まだこれから、一働きせねば。非人道的な労働時間ですな(笑)。それはそうと、朝5時40分に出勤する時、まだ新聞が届いていなかった。その名が泣くぞ、「朝日」新聞よ(笑)。
コメント (4)

滝川クリステル( フジ女子アナ) の話

2006-07-29 19:29:18 | Weblog
フジTV「ニュースJAPAN」キャスターの滝川クリステル。あのアンニュイな雰囲気、眠そうな話し方、イイです。「すぽると」の平井理央のような、ケツの青い小娘など足元にも及びません。以前、伊集院光氏がTBSラジオ『日曜日の秘密基地』で「ニュースJAPANの滝川が大好き。なぜか他の番組ではダメなんだよなぁ」と言っていましたが、まさにその通り。あの薄暗いスタジオで斜めからアングルカメラに身を捩る中世ヨーロッパ彫刻の様な彫りの深い美顔がベストマッチです。最近、滝川専用の上方アングルカメラが加わりましたが、滝川アングル・フェチにはたまらないでしょう。ぐふふ(伊良部一郎風・笑)。
コメント (3)

千葉市動物園の幼児死亡事故判決の話

2006-07-28 12:33:38 | Weblog
昨年4月、千葉市動物公園で、当時1歳の男児が背もたれのないサークル状ベンチに腰掛けた際、ベンチ内側に仰向けに転倒し、サークル内に植えてあったツツジの枯れ枝が後頭部に突き刺さって死亡した事故。全国に多数存在する形状のベンチで起きた事故だけに、記憶に残っている人も多いと思う。
しかしこの事故の翌月、あの直立レッサーパンダ「風太」で賑わうことになった動物園が、この悲しい事故の起きた動物公園と同じだと気付いた人がどれだけ居ただろうか。ワイドショーニュースの取材に笑顔で応じる動物園関係者。1月前の事故など無かったかのようだった。風太に罪は無いものの、私は遺族感情を案じたことを覚えている。
だからという訳でもないだろうが、両親は、安全管理を怠ったとして、千葉市に5千万円の損害賠償を求めて提訴していた(これは知らなかった)。その判決が一昨日、千葉地裁であった。裁判長は、「背もたれが無いだけで安全性を欠いていたとは言えない」とした上で、「枯れ枝の硬さや鋭さから、転倒した人がけがを負うことは予見すべきであった」とし、「動物園には幼児の安全確保が求められており、その見地から見れば安全性を欠いていた」などと両親側の主張を一部認め、市に約1千万円の賠償を命じた。千葉市は控訴を検討しているという。
千葉市は裁判で、「転倒の危険性は、保護者が常に付き添うなどして防ぐべきで、園内から枯れ枝をすべて除去することは不可能」と反論したというが、私はこの主張が正しいと思う。1歳の子を一人で座らせておいた親に、重大な過失があるだろう。親は、少なくとも子を死に至らしめない注意を払っていなければならない。いつも言っているが、いくら金を貰っても、可愛い我が子は戻って来ないのだ。
コメント (2)

続・北海道夕張市財政破綻の話

2006-07-27 13:06:17 | Weblog
財政再建団体になることが決まった北海道夕張市の市議会は、議員定数を現行「18」のから来年春の市議選から「11」とする削減案をまとめた。昨年6月に決めた「14」からさらに減らしたという。議員報酬も、9月から月額で、議長29万円(現行38万2000円)、副議長26万円(同33万2000円)、議員24万円(同31万1000円)とする。冬のボーナスは、市職員と同様1か月分を減額し、政務調査費(1人月額8830円)や視察も廃止。これによって、定数削減と議員報酬の減額で年間5770万円を節減するそうだ。
そりゃ破綻するわな、というアマちゃんどもだ。まず議員定数は3人にせよ。有能な者が3人居ればよい。「三人寄れば文殊の知恵」である。メロン城を造るようなバカが11人居ても何の役にも立たない。報酬は、議長が25%、副議長22%、議員23%カットだ。ボーナスも貰う気でいる。これもふざけるな!と言いたい。報酬は全員1円にせよ(0円は違法)。そして、メロン城でタダ働きせよ。政務調査費や視察の廃止など、ロクな調査ができず市を破綻させたのだから当然である。夕張市民はこのようなバカどもの自己申告を通してはならない。
先日のNHK「クローズアップ現代」は、夕張市破綻を特集し(民間企業が不採算で撤退するスキー場を、市が引き受ける愚行を新たに知る)、市財政破綻の仕組みを解説していた。財政赤字の補填のために銀行から借金をする。翌年、財政が黒字になるはずもなく、借金を返済するために新たな借金をする。それを毎年繰り返し、借金がどんどん膨らむ。要は、パチンコキチガイが陥ったサラ金自転車操業地獄と同じ構造なのだ。いくら雪が観光の目玉の一つでも、「借金の雪ダルマ」を作ってはいけない。
コメント (2)

(号外)新型ストリームの話

2006-07-26 12:48:38 | Weblog
今日初めて新型ストリームを見た。先日「新車、続々デビューの話」でデザインを褒めたが、やはり太陽光の下で実物を見ないと分からないものだ。あのオデッセイ似のフロントマスクは、オデの巨体でないと似合いません(笑)。夏休みに意気がって眉を剃った中1って感じ(爆)。新型bBと同じで、体が小さいため威圧感が無いのだ。リアデザインはCRーVに似る。オデの方が1000倍良いです。
本日発売の超一流自動車情報誌「ベストカー」に、エリシオンのマイナーチェンジ情報が載っている。これもフロントマスクは、まんまオデッセイだ(↑写真・違法か?でも、いつも記事を送ってるから許してね、BC編集部さん・笑)。ホンダは余ほど、このデザインに自信があるのだろう。でも、みんな同じでもねぇ…。
コメント (4)

ド外道小学校教師たちの話

2006-07-26 08:24:33 | Weblog
ド外道教師たちの犯罪が発覚した。
千葉:小学校教諭・佐藤正一(42)が、勤務校区内の同じ家に10数回忍び込み下着ドロ。
兵庫:小学校教諭・川上俊明(55)が、卒業式前日に校内で担任する女子生徒に強制ワイセツ。
奈良:小学校教頭・上田隆夫(55)が、勤務市内の銀行ATMで主婦が置き忘れた現金6万円を持ち逃げ。
ド変態2人とコソドロ1人。ド変態どもは『LEON』を読んで、伊東美咲似31歳独身OLのゲットに努力すべきだった。コソドロは、アケミちゃんの店に行くのを6回我慢すべきだったのである。「努力」と「我慢」。お前達が常日頃、生徒に教えていたことではないのか。
コメント (2)

皇太子一家・那須で静養の話

2006-07-25 08:05:21 | Weblog
皇太子一家が昨日、静養で那須に出掛けた。NHKニュース7では「愛子様は少しはにかんだ表情を見せていました」と言っていたが、あれはどう見ても「はにかんだ」表情ではない。表情が無いのである。東京ディズニーランドに行った時も「少し緊張したご様子で…」と言っていたが、やはり無表情だった。これが報道陣の前だけのことだとしても、いささか心配である。私はこのブログで天皇について過激な発言もしているが、人間としてとても思慮深く、高尚な人たちだとは思っている。ただし、愛子のようなチビに「様」を付けることは絶対に無いけどね(笑)。
コメント (3)

続・長野県知事選の話

2006-07-24 12:23:56 | Weblog
先日、長野知事選について少し触れた。立候補者の一人、元衆議院議員・村井仁(69)。村井は長野駅前で選挙戦をスタートさせ、今回の長野水害に関して「災害対策を怠った結果が知事選直前にこのような形で明らかになったことは、まさに『天の戒め』だ」と言った。元防災相の発言とはとても思えない。私の予想どおり、庶民が苦しむ今回の水害が、利権談合長野を復活しようと目論む税金寄生虫どもの反撃に利用されたのだ。
あえて今回の水害の責任を問うとすれば、自分たちが寄生できない治山は放っておいて、おいしいダムばかりを造っていた田中知事以前の飴屋県庁とドカタ議員どもの責任である。税金寄生虫どもは、大好きだった飴屋を閉店した田中氏が憎くて憎くて仕方がないのだ。
田中氏は知事就任当初から、治山の復活を試み、ダムに拠らない治水を目指している。そして今回、脱ダム宣言の川で大きな被害は発生していない。繰り返すが、今回も長野賢民は適正な判断を下すだろう。それこそが「天の戒め」なのである。
コメント (3)

ハイブリッド戦争の話

2006-07-24 07:58:07 | Weblog
ホンダは鈴鹿製作所内に、年10~15万基のハイブリッドエンジンを加工する新工場を建設し、ハイブリッド搭載車販売数を現在の年5万台から、09年には20万台へ増産する。一方、先行するトヨタもハイブリッド搭載車種を倍増させ、12年には100万台を販売する計画だ。このような、未来を拓く戦争は大歓迎である。映画「タイムマシン」で、未来の世界では、みな自転車か徒歩だった。クルマ変態としては、ハイブリッドから燃料電池、ソーラーと、技術革新によって、自動車が未来永劫に乗り続けられていくことを望んでいる。残念ながら、私が見られるのは、よくて燃料電池車までだろうが(笑)。
コメント (3)