僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

映画 月と雷 をみた

2019年05月21日 | 映画 TV ドラマ 芸能
月と雷 [DVD]
初音映莉子,高良健吾,草刈民代,藤井武美,黒田大輔
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

この映画は角田光代さん同名の小説を映像化した作品です。
内容は一か所に定住できない母親(草刈民代)とその息子(高良健吾)、そして彼らと一時的に同居した男の娘(初音映莉子)である主人公の姿を描いています。
見どころは上記の3人の人間模様です



月と雷 (中公文庫)
角田 光代
中央公論新社
コメント

現代社会はどこに向かうか 見田宗介(みたむねすけ)著を読んだ

2019年05月20日 | 
現代社会はどこに向かうか――高原の見晴らしを切り開くこと (岩波新書)
見田 宗介
岩波書店

この新書は特に補章の=世界を変える二つの方法=が面白かった。

目次
はじめに

序章 現代社会はどこに向かうか――高原の見晴らしを切り開くこと
 1 未来の消失? 現代の矛盾
 2 生命曲線/歴史曲線.「現代」とはどういう時代か
 3 グローバル・システムの危機.あるいは球の幾何学――情報化/消費化社会の臨界
 4 世界の無限/世界の有限.軸の時代Ⅰ/軸の時代Ⅱ
 5 高原の見晴らしを切り開くこと

一章 脱高度成長期の精神変容――近代の矛盾の「解凍」
 1 脱高度成長期の精神変容.データと方法
 2 「近代家族」のシステム解体
 3 経済成長課題の完了.「保守化」
 4 魔術の再生.近代合理主義の外部に向かう触手たち
 5 〈自由〉〈平等〉対〈合理性〉.合理化圧力の解除,あるいは減圧
 6 近代の理念と原則の矛盾.封印と「解凍」.高原展望
 補1 合理性,非合理性,メタ合理性
 補2 生活スタイル,ファッション,消費行動――「選ばれた者」から「選ぶ者」へ

二章 ヨーロッパとアメリカの青年の変化
 1 ヨーロッパ価値観調査/世界価値観調査.データと方法
 2 幸福の高原と波乱
 3 「脱物質主義」
 4 共存の地平の模索
 5 共存の環としての仕事
 補 〈単純な至福〉

三章 ダニエルの問いの円環――歴史の二つの曲がり角

四章 生きるリアリティの解体と再生

五章 ロジスティック曲線について
 1 グローバリゼーションという前提――人間にとってのロジスティック曲線1
 2 一個体当たり資源消費量,環境破壊量の増大による加速化――人間にとってのロジスティック曲線2
 3 テ クノロジーによる環境容量の変更.弾力帯.「リスク社会」化.不可能性と不必要性――人間にとってのロジスティック曲線3

六章 高原の見晴らしを切り開くこと
 1 総理の不幸
 2 フリュギアの王
 3 三千年の夢と朝の光景
 補 欲望の相乗性

補章 世界を変える二つの方法
 1 ベルリンの壁.自由と魅力性による勝利.
 2 二〇世紀型革命の破綻から何を学ぶか.卵を内側から破る.
 3 胚芽をつくる.肯定する革命 positive radicalism.
 4 連鎖反応という力.一華開いて世界起こる.

あとがき
コメント

映画 夫以外の選択肢 をみた

2019年05月12日 | 映画 TV ドラマ 芸能
夫以外の選択肢 スペシャル・エディション [DVD]
ナオミ・ワッツ,マーク・ラファロ,ローラ・ダーン,ピーター・クラウス
角川エンタテインメント

この映画は友人同士だった2組の夫婦が互いのパートナーを相手に不倫に溺れていく姿を描いた作品です。
みどころは“W不倫”の行方とナオミ・ワッツです。
出演:ナオミ・ワッツ(イーディス)
    マーク・ラファロ(ジャック)
    ローラ・ダーン(テリー)
    ピーター・クラウス(ハンク)ほか
監督
ジョン・カラン
制作国
アメリカ=カナダ 制作年2004年
コメント

映画 行き止まりの挽歌 ブレイクアウト をみた

2019年05月02日 | 映画 TV ドラマ 芸能
行き止まりの挽歌 ブレイクアウト [DVD]
藤竜也,石野陽子,成田三樹夫,一色彩子,岡本舞
Happinet(SB)(D)

この映画は栗本薫さんの小説『行き止まりの挽歌』を、柏原寛司が脚色し村川透が監督したハードボイルド作品です。
内容は新宿歌舞伎町を舞台にして、アウトローと化していくはぐれ刑事(藤竜也)の姿を描いています。
見どころははぐれ刑事と暴走族の沢野未来という少女役の石野陽子です。
キャスト
藤竜也
村上弘明
石野陽子
成田三樹夫
中条きよし
榎木兵衛
草薙幸二郎ほか監督 村川透 製作年1988年





コメント