僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

映画 日本でいちばんわるいやつら をみた

2018年06月27日 | 映画 TV ドラマ 芸能
日本で一番悪い奴ら DVDスタンダード・エディション
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン

この映画は日本警察史上の最大の不祥事“と呼ばれる、2002年の稲葉事件を描いた稲葉圭昭の著書を原作に、“黒い警部“の異名を残す北海道警察・警部の壮絶な26年間を描いた作品です。
内容は北海道警の刑事・諸星要一(綾野剛)が、捜査協力者で「S」と呼ばれる裏社会のスパイとともに悪事に手を染めてゆく姿が描かれます。
みどころは主人公の26年間と警察の内情です。
キャスト
綾野剛
YOUNG DAIS
植野行雄
矢吹春奈
瀧内公美
田中隆三
みのすけ
中村倫也
勝矢
斎藤歩
青木崇高
木下隆行
音尾琢真
ピエール瀧
中村獅童
是近敦之
小林且弥
長田成哉
松岡依都美
白石糸
高阪剛
信太昌之
地曳豪
大西信満
椎名香織
美泉咲
佐久間真由
武田幸三
菊野克紀
宮本浩二
中村宙矢
島岡亮丞
末吉司弥
山田将之
野中隆光
山川就史
草野浩之
NARU
坂本あきら
市オオミヤ
大村明華織
シブリ
加藤貴宏
樋江井梓利沙
竜のり子
宮川連
高井尚樹
税所伊久磨
鈴木雅成
芝原啓城ほか 監督白石和彌 製作年2016年

恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白 (講談社文庫)
稲葉圭昭
講談社

コメント

学校では教えてくれない差別と排除の話 安田浩一[ヤスダコウイチ]著を読んだ

2018年06月26日 | 
学校では教えてくれない差別と排除の話
クリエーター情報なし
皓星社

この本は=「なぜ中学や高校で差別や排除を教えないのだろう?」そんな筆者の素朴な疑問から始まり、「それなら差別と排除の教科書を作ってみよう!」と、この本は生まれました。すべての子どもたちとそして教師の必読書!=ですがだれが読んでもおもしろい本です。
目次
1 「いじめられっ子」と「いじめっ子」のはざまで
2 なぜ僕は差別や排除に興味を持つようになったのか
3 排除される外国人労働者
4 ある実習生が見た日本の現実
5 差別する人々との出会い
6 噴きあがるネトウヨ
7 なぜ彼らは差別するのか
8 ヘイトスピーチとはなにか
9 なぜ沖縄は差別されるのか
10 差別や排除とどう向きあえばよいのか
コメント

映画 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章をみた

2018年06月24日 | 経済
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 スタンダード・エディション [DVD]
クリエーター情報なし
TCエンタテインメント

この映画はシリーズ累計発行部数1億部を超える荒木飛呂彦の大ヒットコミック「ジョジョの奇妙な冒険」初の実写映像化した作品です。
みどころは「スタンド」対決です。
キャスト
山崎賢人
神木隆之介
小松菜奈
岡田将生
新田真剣佑
観月ありさ
國村隼
山田孝之
伊勢谷友介ほか 監督 三池崇史  製作年2017年

ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない第一章ビジュアルブック (愛蔵版コミックス)
荒木 飛呂彦
集英社

ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない 全10巻セット (SHUEISHA JUMP REMIX)
荒木 飛呂彦
集英社

コメント

社会学者日高六郎(ひだか・ろくろう)さん亡くなる 101歳

2018年06月21日 | おくやみ
日高六郎さん、101歳で死去 ベトナム反戦の社会学者
上記の記事には
= ベトナム反戦運動や安保闘争をはじめ、平和や人権、公害問題などの幅広い分野で論陣を張り、戦後の市民運動をリードしてきた社会学者の日高六郎(ひだか・ろくろう)さんが7日午前、老衰のため、京都市左京区の施設で死去した。101歳だった。葬儀は故人の遺志で行わない。
 中国・青島生まれ。東京帝国大学文学部卒。米国の社会学研究の傍ら、戦後すぐ論壇に登場した。東大助教授を経て1960年に教授。戦後民主主義と憲法擁護の立場から60年安保改定の問題点を論じたほか、ベトナム反戦の国民行動を呼びかけ、革新市民運動を実践してきた。ドイツの社会心理学者エーリッヒ・フロムの「自由からの逃走」を訳したことでも知られる。
 ベトナム戦争では米軍の北爆停止を米国務長官に訴える文書を評論家の加藤周一さんと提出したほか、戦争加担を拒否して脱走した米兵を援助する活動も、作家の小田実(まこと)さんや評論家の鶴見俊輔さんらと進めた。
 69年に東大紛争での機動隊導入に抗議し、「無力さを自ら罰する」と教授を辞職した。それ以降は、主に評論家として反戦、教育、公害、人権問題などに取り組んできた。81年、日本赤軍との関係を疑われて豪州政府から入国を拒否された時には、日豪文化人らが抗議行動を起こし、後に豪政府の方針を改めさせるなど、話題を呼んだ。=

ぼくは『1960年5月19日』(岩波新書、1960年) 石田雄、鶴見俊輔等と共著やエーリヒ・フロム『自由からの逃走』(創元社、1951年)などを感動してよみました。
心からご冥福を御祈りいたします。
私の平和論―戦前から戦後へ (岩波新書)
日高 六郎
岩波書店
コメント

映画 ひるなかの流星

2018年06月20日 | 映画 TV ドラマ 芸能
ひるなかの流星 DVDスタンダード・エディション
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン

この映画はやまもり三香さんのの大ヒット・コミックを映像化した作品です。
内容は2人の男性の間で心が揺れる女子高校生の姿が描かれています。
見どころは主人公の女子高校生(永野芽郁)と2人の男性(永野芽郁)と(三浦翔平)です。
キャスト
永野芽郁
三浦翔平
白濱亜嵐
山本舞香
小野寺晃良
室井響
小山莉奈
大幡しえり
西田尚美
佐藤隆太ほか 監督 新城毅彦 製作年2017年


ひるなかの流星 コミック 1-12巻セット (マーガレットコミックス)
やまもり 三香
集英社


コメント

映画 『万引き家族』 をみた

2018年06月18日 | 映画 TV ドラマ 芸能
『万引き家族』予告編

15日イオンシネマ徳島でみた。大入りだった。
良かったのは日雇い労働者の父・治(リリー・フランキー)と妻・信代(安藤サクラ)夫婦。それに祥太(城桧吏)とゆり(佐々木みゆ)の子供たちだ。
キャスト
リリー・フランキー
安藤サクラ
松岡茉優
池松壮亮
城桧吏
佐々木みゆ
緒形直人
森口瑤子
山田裕貴
片山萌美
柄本明
高良健吾
池脇千鶴
樹木希林ほか 監督 是枝裕和 製作年2018年

万引き家族【映画小説化作品】
是枝 裕和
宝島社

万引き家族「オリジナル・サウンドトラック」
細野 晴臣
Speedstar

コメント

映画 愛の連綿 をみた

2018年06月13日 | 映画 TV ドラマ 芸能
愛の連綿 [DVD]
クリエーター情報なし
オンリー・ハーツ

この映画は離婚できないまま性に奔放な生活を送る34歳の人妻と19歳の美術学生ラブ・ロマンスを描いた作品です。
みどころは二人の”愛”のゆくへです。
出演
ジン・ヘギョン
キム・ドスン
パク・ソンジュン
パク・セインほか 監督パク・チョルス 制作年2013年 制作国韓国
コメント

映画 22年目の告白-私が殺人犯です-をみた

2018年06月09日 | 映画 TV ドラマ 芸能
22年目の告白-私が殺人犯です- ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

この映画は」2012年の韓国映画『殺人の告白』をリメイクした社会派サスペンス作品です。
内容は2010年以降の日本では殺人への公訴時効が撤廃を軸にストーリが展開されます。
みどころは連続殺人事件の犯人をめぐる攻防です。
キャスト
藤原竜也
伊藤英明
夏帆
野村周平
石橋杏奈
竜星涼
早乙女太一
平田満
岩松了
岩城滉一
仲村トオルほか 監督入江悠 製作年2017年


コメント

売春島 高木 瑞穂著を読んだ

2018年06月06日 | 
売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ
クリエーター情報なし
彩図社

この本はンフィクションライターの著者による三重県志摩市東部の的矢湾に浮かぶ、人口わずか200人ほどの離島のルポルタージュです。
[目次]
第一章 脱出するには泳ぐしかなかった
第二章 人身売買ブローカーの告白
第三章 “売春島”と山本次郎さん
第四章 “売春島”を作った四人のオンナと行政の思惑
第五章 元置屋経営者の告白
第六章 A組姐さんの告白
第七章 島民たちの本音
第八章 “Kさんの嫁”を訪ねて
第九章 消えゆく“売春島”

コメント

映画 エヴェレスト 神々の山嶺 をみた

2018年06月04日 | 映画 TV ドラマ 芸能
エヴェレスト 神々の山嶺 通常版 [DVD]
クリエーター情報なし
KADOKAWA / 角川書店

この映画は第11回柴田錬三郎賞を受賞した夢枕獏さんによる小説「神々の山嶺」を映像化した作品です。
内容はエヴェレストで不可能と思われた難ルート単独登頂に挑む孤高の天才クライマー(阿部寛)と彼を追う山岳カメラマン(岡田准一)の物語です。
みどころは上記のふたりです。
キャスト
岡田准一
阿部寛
尾野真千子
ピエール瀧
甲本雅裕
風間俊介
テインレィ・ロンドゥップ
佐々木蔵之介ほか 監督 平山秀幸 製作年2016年

エヴェレスト 神々の山嶺 (角川文庫)
夢枕 獏
KADOKAWA/角川書店

神々の山嶺 文庫版 コミック 全5巻完結セット (集英社文庫―コミック版)
谷口 ジロー,夢枕 獏
集英社
コメント