僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

福岡市が地方最強の都市になった理由 木下斉(キノシタヒトシ)著を読んだ

2018年05月22日 | 
福岡市が地方最強の都市になった理由
クリエーター情報なし
PHP研究所

この本は福岡市の歴史とデータを読み解き、都市経営の視点で徹底分析。他都市にも応用できる、都市経営のあり方を示してどのようにして
福岡市が地方最強の都市になった理由を書いた本です。
目次
●第1章 まちづくりは「常識」を疑え! 
●第2章 福岡市は「ここ」がすごい! 
●第3章 福岡市5つの「常識破り」 
●第4章 福岡市を変えた10の「覚悟」 
●第5章 経営視点で見える「福岡メソッド」 
●第6章 福岡市の「制約」と「未来」
コメント

歌手・西城秀樹さん亡くなる 63歳

2018年05月17日 | おくやみ
歌手・西城秀樹さん死去 63歳 傷だらけのローラ、ヤングマンなど大ヒット
上記の記事には
=傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」などのヒットで知られる歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなったことが17日に分かった。63歳だった。広島市出身。2003年と11年に脳梗塞を発症、右半身麻痺の後遺症が残っていた。4月25日に入院し、そのまま帰らぬ人となった。

 通夜は25日午後6時、葬儀・告別式は26日午前11時から、いずれも青山葬儀所で営まれる。

 小学5年生で兄とバンドを組み、高校時代にジャズ喫茶で演奏していた際にスカウトされ、家族の反対を押し切って上京。1972年(昭和47)3月に「恋する季節」でデビューした。郷ひろみ、野口五郎とともに「新御三家」と呼ばれトップアイドルとなった。73、74年と連続して日本レコード大賞歌唱賞を受賞。テレビドラマ「寺内貫太郎一家」(74年、TBS)、映画「愛と誠」(74年)に出演し、芸域を広げた。ハウス食品「バーモントカレー」のCMには73年から12年間出演、「ヒデキ、感激!」などのキャッチフレーズは商品とともに世に広まった。

 その後「炎」(78年)、「勇気があれば」(79年)、「ギャランドゥ」(83年)などのヒットを飛ばし、外国曲のアレンジとなった「YOUNG MAN」では、両腕を使って「Y.M.C.A.」を表現する振り付けが流行し、子供から大人まで親しまれ、TBS「ザ・ベストテン」では2週連続「9999点」の満点という唯一の記録を打ち立てた。

 03年に韓国でのディナーショーの後、脳梗塞を発症。言葉をうまく発音できないなどの障害に見舞われながらリハビリで復帰し「あきらめない 脳梗塞からの挑戦」を出版。しばしばステージにも立ったが、11年に再発。右半身麻痺の後遺症が残っていた。=

僕は歌手としてだけではなくテレビドラマ「寺内貫太郎一家」やハウス食品「バーモントカレー」のCM。そして脳梗塞を発症後のリハビリの姿を見つめていました。
心からご冥福を御祈りいたします。
GOLDEN☆BEST デラックス 西城秀樹
ソニー・ミュージックダイレクト
ソニー・ミュージックダイレクト


コメント

毎日新聞社特別編集委員「NEWS23」の元アンカー岸井成格(きしい・しげただ)さん亡くなる73歳

2018年05月16日 | おくやみ
膳場アナが岸井成格さんとの最後の握手を振り返る
上記の記事には
= TBS系「NEWS23」でメインキャスターを務めたフリーアナウンサー膳場貴子(43)が、同番組で共演した毎日新聞社特別編集委員の岸井成格(きしい・しげただ)さんが死去したことを受け、「大好きでした、どうぞ安らかに」と追悼した。
 膳場アナは16日、フェイスブックを更新。「正義感の強い、真っ直ぐな人でした」と岸井さんをしのんだ。
 岸井さんは「NEWS23」に13年から16年までアンカーとして出演。膳場アナは「権力に対し、臆することなくおかしな点を指摘できる、尊敬すべきジャーナリストでした。政治記者の長いキャリアと見識に裏打ちされたコメントは、鋭さだけでなく、日本の将来を思う熱意に溢れていました。ぶれることなく邁進する姿に、一緒に番組作りをしていたスタッフもおおいに励まされたものです」と振り返った。
 また膳場アナは、多様な価値観を受け入れる度量の広さも岸井さんの魅力だったという。「ご自身は亭主関白な昭和の男、と自認していらっしゃいましたが、私が出産後ふたつき程で仕事に復帰した時は、心から応援してくださったし、1年近い育休をとってくれた夫に対しても、子育てを大事にする男性のあり方を褒めてくれ、嬉しかったことを思い出します」と、岸井さんの人柄を表すエピソードをつづった。
 岸井さんと最後に会ったのは今年2月で、入院中の病室を尋ねると「身体のしんどさに耐えながらも、娘に目を細め、笑顔を見せてくれました」という。「病室を後にするとき、力強い握手を交わしたのが、岸井さんとのお別れになりました」とし、「大きな存在を失った喪失感は言葉では言い表せませんが、少しでも遺志を継げる報道人になりたいと思っています。岸井成格さん、大好きでした、どうぞ安らかに」と悼んだ。
 岸井さんは15日午前3時35分、肺腺がんのため東京都の自宅で死去した。73歳だった。=

ぼくはTBS系「NEWS23」や「サンデーモーニング」をみていました。
僕も穏やかな語り口と鋭い舌鋒で「権力に対し、臆することなくおかしな点を指摘できる、尊敬すべきジャーナリストだと思っています。徳島での講演会にも参加しました。
心からご冥福を御祈りいたします。
偽りの保守・安倍晋三の正体 (講談社+α新書)
岸井 成格,佐高 信
講談社

コメント

映画 ヒメアノールをみた

2018年05月13日 | 映画 TV ドラマ 芸能
ヒメアノ~ル 通常版 [DVD]
クリエーター情報なし
Happinet

この映画は古谷実さんの同名人気コミックを実写映像化した作品です。
内容はビルの清掃員として働く岡田(濱田岳)や安藤(ムロツヨシ)と、カフェ店員・ユカ(佐津川愛美)のコミカルな恋愛譚が描かれる裏で、ユカを執拗に付け狙う森田正一(森田)の地獄の日々が同時進行で描かれます。
見どころはストーカー森田正一です。
キャスト
森田剛
濱田岳
佐津川愛美
ムロツヨシ
駒木根隆介
山田真歩
大竹まことほか 監督 吉田恵輔 製作年2016年
ヒメアノ~ル 全6巻完結セット (ヤングマガジンコミックス) [?] by [?] by [?] by [?] by [?] by [?] [Jan 01...
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

コメント

ツインバード工業 ツインバード サイクロンスティック型クリーナー を買った

2018年05月12日 | 経済
ツインバード サイクロンスティック型クリーナー スケルトンブラック 掃除機 TC-E123SBK
クリエーター情報なし
ツインバード工業(TWINBIRD)

ツインバード工業 の精米器が。故障なく長く使えているのでサイクロンスティック型クリーナも同社の製品を選んだ。
コメント

新聞社崩壊 畑尾 一知(ハタオ・カズトモ)著を読んだ

2018年05月08日 | 
新聞社崩壊(新潮新書)
クリエーター情報なし
新潮社

この新書は元朝日新聞販売局の部長が全国43紙の経営を分析し記者も知らない新聞販売の窮状をレポートし復活のための改革案示した書物です。「紙」の新聞に対する愛情を感じる本です。
目次
第1章 雲散する読者
第2章 なぜ新聞代は高いのか
第3章 新聞社の崩壊―北海タイムスの廃刊から何を学ぶか
第4章 暮色の新聞社群
第5章 新聞業界最大のタブーに迫る
第6章 復活のための改革案

コメント

ギタリスト 井上堯之(いのうえ・たかゆき)さん亡くなる 77歳

2018年05月05日 | おくやみ
井上堯之さん死去 「ザ・スパイダース」で活躍 マッチ「愚か者」作曲
上記の記事には
=1960年代にグループサウンズ「ザ・スパイダース」で活躍したギタリストの井上堯之(いのうえ・たかゆき)さんが2日に死去したことが4日、分かった。77歳。兵庫県出身。死因は明らかにされていない。沢田研二(69)のバックバンドを率い、ドラマ「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」のテーマ曲演奏にも携わるなど、多才なミュージシャンだった。5日に近親者のみで密葬を執り行う。

 井上さんは95年に初期の胃がんを手術。09年には肺気腫と診断され、「今後の活動が困難になる」との理由で引退。それでも、病と闘いながらソロライブや楽曲制作、講演などの活動を行っていた。

 昨年5月2日には、同3月に亡くなったスパイダースの元メンバー、ムッシュかまやつさん(享年78)のお別れ会に参列。堺正章(71)、井上順(71)ら元メンバーが11年ぶりに集まった場で体調が優れない中、登壇。さすがに往年のプレーを見せることはできなかったが、出席者を笑顔にしていた。

 井上さんは16歳でギターを始めた。オーディション番組を契機に音楽の世界に入り、後にスパイダースに加入。リードギタリストとして海外公演も行った。71年の解散後は沢田研二、萩原健一(67)のツインボーカルによるロックバンド「PYG(ピッグ)」を結成。沢田のソロデビュー後は、萩原を除くメンバーで「井上堯之バンド」として活動。「時の過ぎゆくままに」「勝手にしやがれ」などでヒットを飛ばした沢田を、80年の解散までバックバンドとして支えた。

 沢田のヒット曲「危険なふたり」のイントロを演奏したのも井上さん。72年に沢田がNHK紅白歌合戦に初出場した際も、専属バンドとして演奏した。これが今では当たり前となった「歌手が専属バンドを率いる」ことの先駆けだった。

 ドラマ、映画の劇中音楽でも才能を発揮。俳優として独立した萩原との信頼関係も深く、出演ドラマ「太陽にほえろ!」のテーマ曲と劇中音楽の演奏を同バンドが担当。「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」、映画「青春の蹉跌(さてつ)」などの主演作を音楽で支えた。

 クリエーターとしては、作曲した近藤真彦(53)の「愚か者」が87年の日本レコード大賞を受賞。同時期に萩原との競作で「愚か者よ」も手掛け、中島みゆき(66)の名曲「ファイト!」(83年)の編曲も手掛けた。

 90年代以降はミュージカルの音楽監督にも挑戦し、新たなバンドでも活動。ギターサウンドの追究をし続けた職人肌のギタリストだった。=

ぼくが初めて行ったコンサートは「ザ・スパイダース」の徳島公演でした。
それ以来の井上堯之さんのファンでした。
心からご冥福を御祈りいたします。
井上堯之の世界
ダイキサウンド(株)
ダイキサウンド(株)
コメント

【MV】I LOVE FXXKDAI

2018年05月03日 | 社会
【MV】I LOVE FXXKDAI
コメント

映画 サバイバルファミリー をみた

2018年05月01日 | 映画 TV ドラマ 芸能
サバイバルファミリー DVD
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン

このは映画は電力網から乾電池まで、あらゆる電気が使えなくなった世界を舞台に描いたのコメディ作品です。
内容は平凡でバラバラのどこにでもいる家族が東京から鹿児島に向かうがサバイバルを通じて再生行く姿を描いています。
みどころは家族の再生の姿です。
キャスト
小日向文世
深津絵里
泉澤祐希
葵わかな
時任三郎
藤原紀香
大野拓朗
志尊淳
渡辺えり
宅麻伸
柄本明
大地康雄
菅原大吉
徳井優
桂雀々
森下能幸
田中要次
有福正志
左時枝
ミッキー・カーチスほか 監督 矢口史靖 製作年2017年

コメント