僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

2016年 富士山女子駅伝 福岡大学9位

2016年12月30日 | スポーツ
立命大、逆転で4連覇 全日本大学女子選抜駅伝
上記の記事には
=全日本大学女子選抜駅伝は30日、静岡県の富士山本宮浅間大社前―富士総合運動公園陸上競技場の7区間43・8キロに21チームが参加して行われ、立命大が2時間25分43秒で4年連続10度目の優勝を果たした。レース序盤は、6連覇を目指した10月の全日本大学女子駅伝で優勝をさらわれた松山大に先行を許したが、3区大森が区間賞の走りで追い付き、続く4区池内も区間賞で抜け出し、そのまま独走した。2位には1分38秒遅れで名城大が入り、さらに36秒遅れて松山大が続いた。
 【成績】(1)立命大(佐藤、菅野、大森、池内、和田、園田、松本)2時間25分43秒(2)名城大2時間27分21秒(3)松山大2時間27分57秒(4)大院大2時間28分18秒(5)日体大2時間28分36秒(6)京産大2時間28分37秒(7)大東大2時間29分30秒(8)東京農大2時間30分16秒=

我が母校福岡大学は 2時間30分25秒 で9位
1区 今村菜々子13.41 16位
2区 末永穂乃香22.41 19位
3区 光垣悠里10.52 15位
4区 岡本佳代14.56 12位
5区 高木結加36.45 2位
6区 坂口天音20.53 12位
7区逸木和香菜30.37 6位
今年もTVで観戦で応援した。
サンデー毎日増刊 実業団女子駅伝 クイーンズ駅伝in宮城 2016
毎日新聞出版
毎日新聞出版

コメント

俳優を引退した根津甚八さん亡くなる 69歳

2016年12月29日 | おくやみ
根津甚八さん死去 死因は肺炎…哀愁のある演技、寡黙な人柄で魅了
上記の記事の記事には
=2010年に俳優を引退した根津甚八=本名・根津透=さんが29日、都内の病院で亡くなった。69歳。かねて病気療養中だった。所属事務所が報道各社にFAXで死因を公表。「深部静脈血栓症及び肺塞栓症による肺炎のため本日12月29日昼、都内病院にて逝去いたしました」と記されている。

 なお、葬儀については、故人の遺志により近親者のみの密葬を執り行うという。

 根津さんは1978年、大河ドラマ「黄金の日日」で脚光を浴び、82年の映画「さらば愛しき大地」で日本アカデミー賞主演男優賞を受賞。ほかに「吉原炎上」などでも存在感が光った。黒澤明監督の映画「影武者」や「乱」などにも出演。哀愁のある色気は男女問わず、多くのファンを魅了した。演技同様に寡黙な人柄だった。

 根津さんは1993年に撮影で落馬し腰椎(ようつい)を損傷。2001年ごろ右目下直筋肥大という目の病気を発症。物が二重に見える「複視」に苦しみ、右目下まぶたが垂れ下がってきたことから、俳優の“顔”を取り戻すため、何度も整形手術を繰り返した。

 04年7月に人身事故を起こし、被害者が亡くなってからは、公の場に出ることがなくなっていた。

 01年秋ごろからうつ病も患っており、持病の椎間板ヘルニアも悪化したことなどで、10年9月に俳優を引退した。

 2015年9月に公開された東出昌大主演の映画「GONIN サーガ」で、石井隆監督との男の友情から、一度限りの俳優復帰を果たしており、これが遺作となった。=

ぼくは特に82年の映画「さらば愛しき大地」の根津甚八が大好きです。
心からご冥福を御祈りいたします。
さらば愛しき大地 [DVD]
根津甚八,秋吉久美子,矢吹二朗,山口美也子,蟹江敬三
ディメンション

根津甚八
根津 仁香
講談社

コメント

映画 ビリギャル をみた

2016年12月27日 | 映画 TV ドラマ 芸能
映画「ビリギャル」【TBSオンデマンド】
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

この映画は塾講師・坪田信貴さんのベストセラー「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を映像化した作品です。
内容は東西南北も知らず、地球が丸いことさえも知らない成績学年ビリ、金髪ギャルのさやかがひとりの教師と出会い、“慶應大学合格“という無謀とも言える目標に挑戦する姿と彼女の家族を描いています。
みどころはさやか(有村架純)と教師(伊藤淳史)に加えて奮闘する家族(吉田羊、田中哲司)の姿です。

出演
有村架純
伊藤淳史
野村周平
大内田悠平
奥田こころ
あがた森魚
安田顕
松井愛莉
蔵下穂波
阿部菜渚美
山田望叶
矢島健一
中村靖日
峯村リエ
吉田羊
田中哲司ほか 監督 土井裕泰 製作年2015年


学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)
坪田信貴
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

コメント

NHK SONGSスペシャル 吉田拓郎 をみた 

2016年12月25日 | 映画 TV ドラマ 芸能
ぼくは20歳代の拓郎からズーーーーーーーーーとファンでみてきている。70歳の拓郎もみることができて嬉しかった。加えて8月に行われたリハーサルの密着ドキュメントと桑子真帆アナの拓郎インタビューも良かった。

やった曲とスタッフ

「春だったね」(1972)

「やせっぽちのブルース」(1970)

「落陽」(1973)

「風に吹かれて」(1963)/ボブ・ディラン

「旅の宿」(1972)

「アゲイン」(2014)

「ある雨の日の情景」(1971)

「全部だきしめて」(1997)

「朝陽がサン」(2001)

「人生を語らず」(1974)
(Arr&Key)武部聡志
(Arr&Gt)鳥山雄司
(Dr)河村“カースケ”智康
(Ba)松原秀樹
(Gt)渡辺 格
(Perc)玉木正昭
(Cho)今井マサキ
(Cho)加藤いづみ
(Cho)土居康宏
(Cho)吉岡悠歩
吉田拓郎 LIVE2016(CD2枚組付) [Blu-ray]
吉田拓郎
avex trax
コメント

福山雅治さん&吹石一恵さんに第1子誕生

2016年12月23日 | 映画 TV ドラマ 芸能
福山雅治&吹石一恵に第1子誕生!祝福の声殺到
上記の記事には
=歌手で俳優の福山雅治(47)が22日、妻で女優の吹石一恵(34)が第1子を出産したことを自身のファンクラブサイトで発表した。ファンからは「おめでとうございます! 母子共に健康で良かったです」「忙しいお父上のスケジュールを考えて、ちゃんと立ち会ってもらえるタイミングで産まれてくれるなんて、既に親孝行なお子さんですね」「自分の事のように嬉しいです」など温かい祝福の言葉が殺到している。
 福山と吹石は昨年9月28日に結婚。安定期に入った今年8月に第1子妊娠を報告していた。福山のファンクラブの公式ツイッターには「来年の夏ライブとかで『オムツってさ、今、スゴいよね〜!』とかってライブで話してくれたら益々幸せ」「パパましゃになって どんな歌を作られるのか楽しみにしてます!」「素敵なお父さんとして頑張ってくださいね。これからも応援しています」と父になることで新たな進化を遂げるであろう福山に期待する声が多数寄せられている。(朝倉健人)=

おめでとうございます。美男美女にお子様誕生ですね
ぼくは昨日NHKで残響の街・長崎~福山雅治 故郷を撮る~をみました。いい番組でした。長崎の古い友人を思い出しました。
吹石さんの映画はデビューの時からたくさん見てます。
福の音(完全初回生産限定盤)(3CD+Blu-ray+スペシャルタオル+特製三方背ケース仕様)
Universal Music =music=
Universal Music =music=

吹石一恵 FUKIISHI? [DVD]
吹石一恵
デジキューブ

コメント

映画 十字架 をみた

2016年12月20日 | 映画 TV ドラマ 芸能
十字架 [DVD]
クリエーター情報なし
TCエンタテインメント

この映画は作家、重松清さんの吉川英治賞を受賞した同名小説を映像化した作品です。
内容は中学時代にクラスメイトの自殺に直面し、なにもできなかった自らを責め続ける男女と自殺したクラスメイトの家族の20年に渡る心の軌跡を丹念に描いています。
みどころは遺書に親友として書かれてしまったユウ(小出恵介)と片思いをされていたサユ(木村文乃)と遺族の心の軌跡です。

出演
小出恵介
木村文乃
富田靖子
永瀬正敏
小柴亮太
葉山奨之
高橋努
康すおん
飯島大介
折井あゆみ
笛木優子
榎木孝明ほか 監督 五十嵐匠 製作年 2015年
十字架 (講談社文庫)
重松 清
講談社


コメント

映画 さらば愛しき大地 をみた

2016年12月19日 | 映画 TV ドラマ 芸能
さらば愛しき大地 [DVD]
クリエーター情報なし
ディメンション

この映画は農業と工業が、新旧渾然一体となってぶつかり合う郊外都市を舞台にして、ある農家の崩壊と重厚な人間関係描いた作品です。
みどころは農家の山沢家の長男(根津甚八)と妻の文江(山口美也子)と愛人(秋吉久美子)そして次男の明彦(矢吹二朗)の人間関係です。

出演:根津甚八 秋吉久美子 矢吹二朗 山口美也子 松山政路 奥村公延 小林稔侍 草薙幸二郎 蟹江敬三ほか
監督:柳町光男 製作年 1982年
キネマ旬報ベスト・テン - 第2位[2]
第6回日本アカデミー賞 - 優秀監督賞(柳町光男)
第6回日本アカデミー賞 - 優秀主演男優賞(根津甚八)
第6回日本アカデミー賞 - 優秀助演女優賞(山口美也子)
第25回ブルーリボン賞 - 助演女優賞(山口美也子)
第37回毎日映画コンクール - 撮影賞(田村正毅)を受賞した名作です。

コメント

映画 予告犯 をみた

2016年12月17日 | 映画 TV ドラマ 芸能
映画 「予告犯」 (通常版) [DVD]
クリエーター情報なし
TCエンタテインメント

この映画は。『ジャンプ改』で2011年から2013年9号まで連載された筒井哲也さんのコミックを実写化した作品です。
内容は動画サイトに新聞紙製の頭巾で顔を隠した謎の男が現われ、集団食中毒を起こした挙句に開き直った食品加工会社に火を放つと予告する。、、、世間を欺く企業や会社に容赦なく制裁を加えていく謎の男“シンブンシ“ヒューマン・サスペンスです。
みどころは警視庁サイバー犯罪対策課のキャリア捜査官・吉野絵里香(戸田恵梨香)と奥田宏明(生田斗真)の攻防です。
出演
生田斗真
戸田恵梨香
鈴木亮平
濱田岳
荒川良々
宅間孝行
坂口健太郎
窪田正孝
小松菜奈
福山康平
田中圭
滝藤賢一
本田博太郎
小日向文世ほか 監督 中村義洋 製作年2015年
予告犯 コミック 全3巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)
筒井 哲也
集英社



コメント

NHKスペシャル ドラマ 東京裁判 はおもしろい

2016年12月15日 | 映画 TV ドラマ 芸能
NHKスペシャル ドラマ 東京裁判はNHKのHPによると

=70年前、世界から集まった11人の判事が「戦争は犯罪なのか」という根源的な問いに取り組んだ「東京裁判」(極東国際軍事裁判)。NHKは世界各地で取材を行い、判事たちの公的・私的両面にわたる文書や手記、証言を入手した。そこから浮かび上がったのは、多様な背景をもつ判事たちが、激しい議論の末にようやく判決へ達したという、舞台裏の姿だった。11人が繰り広げる、緊迫感あふれるヒューマン・ドラマ全4話=
出演】塚本晋也,ジョナサン・ハイド,ポール・フリーマン,マルセル・ヘンセマ,イルファン・カーン,マイケル・アイアンサイド,【司会】三宅民夫,【語り】草笛光子,伊東敏恵

ぼくがこの番組でおもしろいと思うのは判事たちの心の動きが背景を含めてリアルに描かれていることです。加えて「東京裁判」の実写フイルムでの被告たちの姿が見事に再現されているところです。
パール判事の日本無罪論 (小学館文庫)
田中 正明
小学館

東京裁判 (講談社現代新書)
日暮 吉延
講談社

東京裁判 [DVD]
稲垣俊,本間明,西崎英雄,浦岡敬一
キングレコード


コメント

憲法という希望 木村 草太‖著 国谷 裕子対談を読んだ

2016年12月12日 | 
憲法という希望 (講談社現代新書)
クリエーター情報なし
講談社

この新書は憲法学者である木村草太(キムラソウタ)さんによる憲法の歴史・理念を分かりやすい解説と選択的夫婦別姓問題や、地方自治などの現実の社会問題に対して憲法をどのように使い。そしてその生かしかたなどをNHK「クローズアップ現代」元キャスター・国谷裕子氏との憲法対談を含めて憲法の本質に迫った本です。

目次
はじめに
第一章 日本国憲法と立憲主義
第二章 人権条項を活かす
第三章 「地方自治」は誰のものか
第四章 対談 「憲法を使いこなす」には
おわりに
付録
コメント

安倍政治と言論統制 週刊金曜日/編を読んだ

2016年12月04日 | 
安倍政治と言論統制 (テレビ現場からの告発!)
クリエーター情報なし
金曜日

この本は現役テレビ局員として活躍している人々が、安倍政権のやり口やテレビ局の自主規制を「ばれたらクビ」の覚悟での内部から告発と座談会や 対談などで「安倍政治と言論統制」に迫った書物です。

目次
はじめに
内部告発! 止まらない籾井体制の暴走でNHK崩壊 「NHKを憂う有志の会」
テレビを抑え込む菅義偉官房長官 座談会 古賀茂明×中野晃一×佐高信
海外記者は見た! 弱腰な日本メディア マイケル・ペン
現役テレビ局社員匿名座談会
TBS 岸井キャスター、テレ朝 古舘キャスター降板の舞台裏
一線を越えた安倍政権のメディアコントロール 岩崎貞明
偏らない意見って何? 今、ジャーナリストに求められるもの
対談 池上彰×佐高信

資料1 放送法とは  資料2 自民党からテレビ局への文書  資料3 BPOの意見書
資料4 図解 特定メディアを「攻撃」する団体の相関図
資料5 安倍首相とマスコミ関係者との会食・懇談会等
コメント

映画 六月燈の三姉妹 をみた

2016年12月01日 | 映画 TV ドラマ 芸能
六月燈の三姉妹  [DVD]
クリエーター情報なし
オデッサ・エンタテインメント

この映画は鹿児島で和菓子店を切り盛りする一家の姿を描いたハートフル・コメディです。
みどころは三姉妹(吹石一恵、徳永えり、吉田羊)それぞれの心模様と鹿児島の風情です。
出演
吹石一恵
徳永えり
吉田羊
津田寛治
西田聖志郎
市毛良枝
渋江譲二
重田千穂子
井上順
よし俣とよしげ
ちゃんサネ
佐々木貞幸
山上康弘ほか 監督:佐々部清
原作・脚本:水谷龍二
企画:西田聖志郎
音楽:寺嶋民哉
2014年製作


コメント