僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

日本会議の正体 青木 理[アオキ オサム]著を読んだ

2016年10月31日 | 
日本会議の正体 (平凡社新書)
クリエーター情報なし
平凡社

この新書は安倍政権とも密接な関係たもち支える「日本会議」の 関係者の証言を軸に、その成り立ちと足跡、活動の現状、今後の行方などについて、 書かれた本です。
著者はTVなどで活躍する 反骨のジャーナリスト青木 理[アオキ オサム]さんです。

目次
第1章 日本会議の現在(右派人士を網羅した「国民会議」;“宗教右派”が結集した「守る会」 ほか)
第2章 “もうひとつの学生運動”と生長の家―源流(事務総長・椛島有三の原点;右派学生の蠢動 ほか)
第3章 くすぶる戦前への回帰願望―日本会議と神道(戦後体制への憤懣;日本会議内部での神社本庁の役割 ほか)
第4章 “草の根運動”の軌跡(最初の成功体験;「下から」の運動と「上から」の政治力 ほか)
第5章 安倍政権との共振、その実相(蓄積してきた手法と組織を総動員;改憲へ向けて押される最後のスイッチ ほか




コメント

南海トラフ地震  山岡 耕春 (ヤマオカ コウシュン)著を読んだ 

2016年10月21日 | 
南海トラフ地震 (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店

今日携帯電話に緊急地震エリアメールが届いた。鳥取で震度6弱の速報だった。幸い徳島県では震度3だった。
けさ上記の新書を読了していたのでギクとした。
この新書は地震学、火山学の第一人者による日本列島の宿命ともいえる巨大地震にいつ来るのか。何が起きるのか。どう備えるのかについての書物です。

[目次]
序章 巨大地震の胎動
第1章 くり返す南海トラフ地震
第2章 最大クラスの地震とは
第3章 津波、連動噴火、誘発地震
第4章 被害予測と震災対策
終章 それでも日本列島に生きる
コメント

映画 100回泣くこと をみた

2016年10月17日 | 映画 TV ドラマ 芸能
100回泣くこと [DVD]
クリエーター情報なし
ジェネオン・ユニバーサル

この映画は中村航さんの同名ベストセラー小説を映像化した作品です。
内容は記憶の一部を失った青年(大倉忠義)と、卵巣がんに侵された女性(桐谷美玲)のはかなくも切ない愛の行方を繊細なタッチで描いています。
みどころは上記の二人の恋の成り行きです。
出演
大倉忠義
桐谷美玲
ともさかりえ
忍成修吾
波瑠
村上淳
宮崎美子
大杉漣
中村有志
蜷川みほ
角替和枝ほか 監督 廣木隆一 製作年 2013年


100回泣くこと (小学館文庫)
中村 航
小学館
コメント

吉田拓郎、ノーベル文学賞のボブ・ディラン称賛

2016年10月14日 | 社会
吉田拓郎、ノーベル文学賞のボブ・ディラン称賛「ディランが居たから今日がある」
上記の記事には
= 米シンガー・ソングライター、ボブ・ディラン(75)が13日、ノーベル文学賞を受賞し、日本のミュージシャンも歓喜! 吉田拓郎(70)、泉谷しげる(68)ら“ディラン世代”のシンガー・ソングライターたちは称賛の言葉を送った。
 ボブ・ディランにあこがれ、多大な影響を受けた拓郎は「もし、あの時にボブ・ディランが居なかったら、と考える。ボブ・ディランが居たから今日があるような気もする。多くの事がそこから始まったと僕は思うのだ」とコメントし、文学とロックと垣根を越えた偉大なアーティストに敬意を表した。
 1980年代にボブ・ディランの初来日ライブを鑑賞し、大感動したという泉谷は「いんやビックリ!」と題し、ブログを更新。「えぇえー! あのボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞したぁあ!?」と驚き、「ボブ・ディランがノーベル賞かぁ〜似合わないなぁ…この不思議な『違和感』どーしてくれるンじゃい!(笑)素晴らしきボブ・ディランみんなに愛されてンだな 受賞おめでとう」と泉谷節で祝った。
ボブ・ディランの名前からグループ名を命名したポップデュオ、ホフディランのボーカル、キーボードの小宮山雄飛(43)ファンからの祝福メッセージがツイッターに寄せられ、乾杯する写真をアップし、「みんなお祝いのメッセージありがと! セカオワのNakajin君に祝ってもらってます!」
ディランの名曲「風に吹かれて」(1963年)で衝撃を受けたシンガー・ソングライター、さだまさし(54)「ディランは自分の周りにある不満や疑問、怒りや悲しみを歌曲の中に持ち込み、人々の心と時代にフィットした。音楽にこれほどの影響力があるのだと示してくれた」
同世代の歌手、加藤登紀子(72)「ディランは変革のエネルギーの突端にいて、ミュージシャンに勇気を与えた。話し言葉に近い彼の歌詞はシンプルだが、大きなメッセージや物語がつづられ、人々に繰り返し歌われる強さがある」=

ぼくは吉田拓郎さんの歌でボブ・ディランに興味を持った。
英国のビートルズと米国のボブ・ディランは日本の文化に「力」を授けたと思う。
ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞を喜びたい。
ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム(デラックス10周年エディション) [Blu-ray]
ボブ・ディラン
ユニバーサル ミュージック

吉田拓郎 ベスト DQCL-2103
Sony Music Direct (Japan) Inc.
Sony Music Direct (Japan) Inc.
コメント

映画 パーマネント野ばら をみた

2016年10月12日 | 映画 TV ドラマ 芸能
パーマネント野ばら [DVD]
クリエーター情報なし
デイライト

この映画は西原理恵子さんの人気同名漫画を映像化した作品です。
内容は田舎町の小さな美容室を舞台にした大人の女性の切ない恋心を描いています。
男性に振り回されながらも「どんな恋でもないよりまし」とたくましく生きる女性たちの恋模様が複数描かれます。
みどころは出戻ったなおこ(菅野美穂)と高校時代の恩師カシマ(江口洋介)の恋いです。
出演
菅野美穂
小池栄子
池脇千鶴
夏木マリ
宇崎竜童
江口洋介
畠山紬
本田博太郎
加藤虎ノ介
山本浩司
ムロツヨシ
霧島れいか
汐見ゆかり
田村泰二郎
佐々木りお
佐藤麻里絵
木村彩由実
平田伊梨亜
町野あかり
ミヤ蝶美
嶺はるか
岡部幸子
路井恵美子ほか 監督 吉田大八 製作年2010年


パーマネント野ばら (新潮文庫)
西原 理恵子
新潮社
コメント

「ミス美しい20代」グランプリは大分県出身の21歳の大学生!是永瞳(これながひとみ)さん 「ミス美しい20代コンテスト」授賞式1

2016年10月11日 | 社会
「ミス美しい20代」グランプリは大分県出身の21歳の大学生! 「ミス美しい20代コンテスト」授賞式1

活躍を期待して見守り応援します。
福岡大学OBとして嬉しく誇りに思います。
福岡大学(人文学部・法学部・経済学部・商学部・理学部・工学部・医学部〈看護学科〉・薬学部・スポーツ科学部) (2017年版大学入試シリーズ)
教学社編集部
教学社
福岡大学(医学部〈医学科〉) (2017年版大学入試シリーズ)
教学社編集部
教学社
コメント

大世界史 池上彰 佐藤優著を読んだ

2016年10月09日 | 
大世界史 現代を生きぬく最強の教科書 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋

この新書はインテリジェンスに詳しい二人の著者の対談による「世界の今」を確かな眼で捉え、「歴史」を踏まえて分析した書籍した本です。
二人の対談は現代を生き抜く知見にあふれています。

目次
1 なぜ、いま、大世界史か
2 中東こそ大転換の震源地
3 オスマン帝国の逆襲
4 習近平の中国は明王朝
5 ドイツ帝国の復活が問題だ
6 「アメリカvs.ロシア」の地政学
7 「右」も「左」も沖縄を知らない
8 「イスラム国」が核をもつ日
9 ウェストファリア条約から始まる
10 ビリギャルの世界史的意義
11 最強の世界史勉強法
コメント

シャープ 液晶テレビ(AQUOS) 純正リモコンを買い変えた

2016年10月07日 | 経済
シャープ 液晶テレビ用リモコン RRMCGB007WJSA(0106380376)
クリエーター情報なし
シャープ

TVの購入日は2012年9月25日で毎日使った。悪くなったのは電源ボタンだけ。電源が入らない。消すときは誤作動する。テレビは快調に映る
コメント

映画 利休にたずねよ をみた

2016年10月03日 | 映画 TV ドラマ 芸能
利休にたずねよ 通常版 [DVD]
クリエーター情報なし
キングレコード

この映画は直木賞に輝いた山本兼一さんの小説を実写映像化した作品です。
内容は織田信長、豊臣秀吉に仕えながらその圧倒的な美意識が人々から認められた偉大な芸術家として知られる千利休の若き頃の恋から切腹にまつわる真相を描いています。
みどころは千利休(市川海老蔵)と権力者織田信長(伊勢谷友介)と豊臣秀吉(大森南朋)の確執。それと利休の恋です。
出演
市川海老蔵
中谷美紀
市川團十郎
伊勢谷友介
大森南朋
成海璃子
福士誠治
クララ
川野直輝
袴田吉彦
黒谷友香
檀れい
大谷直子
柄本明
伊武雅刀
中村嘉葎雄ほか 監督 田中光敏 製作年 2013年


利休にたずねよ (PHP文芸文庫)
山本 兼一
PHP研究所

コメント

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話文庫特別版 坪田信貴著を読んだ  

2016年10月01日 | 
学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)
クリエーター情報なし
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

この本は単行本累計発行部数65万部突破しています。
内容は予備校の坪田信貴さんから心理学を駆使した指導を受け、やる気に目覚め、最難関レベルの私立大学である慶應義塾大学に現役合格するまでの1年半を綴った実話小説です。
主人公の家庭事情も含めて興味深く読みました。
また有村架純(ありむら・かすみ)主演、監督・土井裕泰、脚本・橋本裕志により映画化されています。

《 目次 》
第一章 金髪ギャルさやかちゃんとの出会い
第二章 どん底の家庭事情、批判にさらされた母の信念
第三章 始まった受験勉強、続出する珍回答
第四章 さやかちゃんを導いた心理学テクニックと教育メソッド
第五章 見えてきた高い壁 ――「やっぱり慶應は無理なんじゃないかな」
第六章 偏差値30だったギャル、いよいよ慶應受験へ
第七章 合格発表と、つながった家族
あとがき
さやかちゃんからの手紙
角川文庫版に寄せて――「奇跡の軌跡」
付録 坪田式・性格&指導法の判定Q&A(簡易版)
映画 ビリギャル Blu-ray スタンダード・エディション
有村架純,伊藤淳史,吉田羊,田中哲司,野村周平
東宝
コメント