僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

映画 スマグラー おまえの未来を運べ をみた

2013年07月31日 | 映画 TV ドラマ 芸能
スマグラー おまえの未来を運べ スタンダード・エディション [DVD]
クリエーター情報なし
Happinet(SB)(D)

この映画は真鍋昌平さんの同名コミックを映像化した作品である。
内容は借金返済のため裏社会へ放り込まれ、危険な運び屋稼業に染まっていくフリーターの姿を描いたバイオレンスアクションムービーである。
みどころは妻夫木聡と満島ひかりである。

出演
妻夫木聡永瀬正敏松雪泰子満島ひかり安藤政信テイ龍進小日向文世高嶋政宏我修院達也阿部力島田洋八津田寛治寺島進松田翔太大杉漣ほか
監督: 石井克人  製作年度: 2011年
SMUGGLER 殺し屋 背骨と内臓
真鍋昌平
講談社


<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=882108522" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=882108522"></script><noscript></noscript></iframe>
コメント

パナソニックルームエアコン CS-EX223C を買った

2013年07月29日 | 経済
パナソニック エアコン CS-223CEX-C(ベージュ)主に6畳用【100V】EXシリーズ
クリエーター情報なし
パナソニック

2001年に買ったエアコンが壊れたので買い換えた。できるだけ使わないようにしていたが寿命のようだ。
電気代は安くなるが別料金でリサイクル収納と工事費が必要だった。
シャープの製品とどちらにするか迷ったが上記の製品にした。
<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=881258600" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=881258600"></script><noscript></noscript></iframe>
コメント

映画 226 をみた

2013年07月28日 | 映画 TV ドラマ 芸能
あの頃映画 「226」 [DVD]
クリエーター情報なし
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)

この映画は1936年(昭和11年)2月26日に惹起したいわゆる二・二六事件を陸軍青年将校側から発生から終結までの四日間を描いた作品である。
何度観ても面白い作品だ

出演
三浦友和萩原健一竹中直人本木雅弘加藤昌也川谷拓三佐野史郎安田成美有森也実南果歩名取裕子うじきつよし今井雅之藤谷美和子梅宮辰夫松方弘樹渡瀬恒彦根津甚八金子信雄長門裕之加藤武田村高廣久我美子丹波哲郎芦田伸介高峰三枝子仲代達矢ほか
監督: 五社英雄 原作・脚本は笠原和夫 製作年度: 1989年



<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="600" width="800" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=881243881" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=881243881"></script><noscript></noscript></iframe>
コメント

るろうに剣心(実写映画)をみた

2013年07月27日 | 映画 TV ドラマ 芸能
るろうに剣心 通常版 [DVD]
クリエーター情報なし
アミューズソフトエンタテインメント

この映画は和月伸宏さんのコミック「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」を実写映像化した作品である
舞台は明治時代初期。維新後に殺さずの誓いを立てた伝説の剣客・緋村剣心(佐藤健)を軸とした痛快時代劇アクションムービーである。
出演
佐藤健武井咲吉川晃司蒼井優青木崇高綾野剛須藤元気奥田瑛二江口洋介香川照之田中偉登斎藤洋介平田薫永野芽郁平山祐介深水元基本田大輔岡本光太郎山崎潤矢柴俊博阿南敦子有福正志落合モトキ永堀剛敏松嶋亮太窪田正孝宮川一朗太ほか
監督: 大友啓史  製作年度: 2012年

るろうに剣心 全14巻セット (集英社文庫―コミック版)
和月 伸宏
集英社

<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=882049133" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=882049133"></script><noscript></noscript></iframe>
コメント

映画 復讐 The Revenge 消えない傷痕 をみた

2013年07月26日 | 映画 TV ドラマ 芸能
復讐 消えない傷痕 [DVD]
クリエーター情報なし
ジーダス

この映画は黒沢清監督による哀川翔を主演にしたハードボイルドアクション・ムービー「復讐 運命の訪問者」の続編作品である。
内容は妻を殺された元刑事の復讐劇だ。
出演:哀川翔,菅田俊,小林千香子,逗子とんぼ ,井田州彦,諏訪太朗,しみず霧子,仙波和之,芹沢礼多,三上剛史,倉田昇一,賀川黒之助,根岸大介,大森南朋,なかはら五月,下元史朗,大杉漣,塚原孝則,澤山雄次ほか
監督 脚本 黒沢清  製作年度: 1997年
復讐 運命の訪問者 [DVD]
哀川翔
ジーダス


<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=882049133" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=882049133"></script><noscript></noscript></iframe>

コメント

NHKドラマ10「激流~私を憶えていますか?~」はおもしろい

2013年07月24日 | 映画 TV ドラマ 芸能
このドラマは中学3年のときの同級生5人の20年後の群像劇と思いきやミステリードラマである。
圭子(田中麗奈)、貴子(国仲涼子)、美弥(ともさかりえ)鯖島(山本耕史)の元に「私を憶えていますか?冬葉」と書かれた不思議なメールが届く。、、、、
テンポがいい。役者がいいワクワクする。いいドラマだ。
毎週楽しみだ。
出演
田中麗奈、桐谷健太、国仲涼子、ともさかりえ、山本耕史、刈谷友衣子、カンニング竹山、佐津川愛美、二階堂智、高橋一生、小林星蘭、根岸季衣、武田真治、賀来千香子、田中美佐子ほか
原作は柴田よしきさんの「激流」
激流〈上〉 (徳間文庫)
柴田 よしき
徳間書店

<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="90" width="728" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=881417038" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=881417038"></script><noscript></noscript></iframe>
コメント

池上さん選挙特番、民放では圧勝

2013年07月23日 | 映画 TV ドラマ 芸能
痛快!池上無双/見比べ選挙特番(日刊スポーツ) - goo ニュース
上記の記事には
=ジャーナリスト池上彰氏がキャスターを務めたテレビ東京「池上彰の参院選ライブ」の視聴率が10・3%を記録し、選挙特番の民放トップとなった。ほかの民放が、速報性というNHKの土俵で横並びを展開する中、テレ東は今回も「池上無双」のオリジナリティーがさく裂していた。

************* 

 昨年の総選挙特番で、各党幹部に痛いところを突くやりとりが「池上無双」と話題になった池上氏は、番組冒頭で「今日になって現れない人がいる」。早くも"逃げた"政治家がいることをほのめかし、視聴者をくぎ付けにしてしまった。

 池上氏の選挙特番がほかの民放と違うのは、詳しい開票速報はNHKにお任せしているところ。最低限の推移だけ画面下に表記し、あとは模型やパネルを使った池上解説と、各選挙事務所への池上インタビューの2本柱に的を絞っている。各局が出口調査の結果を一斉に報じた午後8時。テレ東はレストラン風の「本日のメニュー」を掲げ「小泉進次郎氏密着」「幹部中継」「宗教票について」などと、楽しげなプログラムを紹介していた。

 今回も、知りたいことは遠慮なく聞く「無双」ぶり。特に見ごたえがあったのは、公明党山口代表との乱打戦。ロケで政党訪問を断られたことにイヤミを言った池上氏に、山口氏が「日曜だったから対応できなかっただけで、誤解のないように。いつでもいらしてください」と鼻で訂正。「ああそうですか、すみません」と心のこもらない謝罪をする池上氏は、公明党の立ち位置について「『踏まれても ついてゆきます げたの雪』と言う人もいますが」。山口氏は「げたの雪ではなく、我々は鼻緒。かなめだと思っています」と応酬していた。

 注目候補を紹介する際は、その人を担いでいる層や業界団体を紹介。「顔写真より『日本医師会』の文字の方が大きい」とポスターの見方も教えてくれる。「趣味は加圧トレーニング」「炭焼き師初級の資格」など、人となりが分かる候補者トリビアも軽快。ニュースと人物の見せ方を知り尽くしているのだ。

 一度池上さんを取材したことがあるが、NHKの報道記者として歩いてきた経歴の重みを痛感させられた。振り出しは地方の通信部。1人でネタを探し、何キロもあるカメラと録音機をかついで1人で取材、撮影、リポートをし、編集も1人でやる。当時は一発勝負のフィルム時代。「どうすれば視聴者に興味を持ってもらえるか」で体が動くのだ。一見優等生風に見えて相当ロックな人柄であるのも、この手の「バトル」向き。

 その真骨頂が、選挙応援に精を出す自民党小泉進次郎氏への1日密着。徹底してメディアのインタビューを受けない進次郎氏だが、移動のフェリーですたすたと声をかけてちゃっかり単独インタビューに成功していた。スター街道へのやっかみも多いとされる進次郎氏に「男の嫉妬ってすごいですよね」と激辛ないたわりを見せ、しばらく絶句させる一幕も。「聞かないふりをするのも大切な人生訓です」と笑って答えた進次郎氏の器の大きさもよく分かった。この好奇心のセンスが、文字通りの「無双」なのだ。

 ほかの民放勢は、総選挙に続き今回も対池上への決め手に欠き、「どこよりも速い当確情報」という横並びで1ケタ視聴率に終わった。全国1700カ所の投票所、19万7000人に出口調査ができるNHK(視聴率15・2%)の速報性、信頼性に太刀打ちできるものではないし、どこよりも速い当確を打ったところで、NHKが打つまで候補者も会見をしない。我慢強くNHKの土俵で相撲をとる必要はないのではないか。過去にはタレントを集めて騒ぐ「民放らしさ」の黒歴史もあったけれど、NHKの後追いよりはまだましだと思うのである。個人的には、もう選挙特番はNHKと池上テレ東だけでいい、というところまで来ているとも感じるけれど。



 他局の特番への一方的な感想は以下の通り。

【日本テレビ「ZERO×選挙」】8・4%

 全体的にそわそわ。注目の山岸舞彩キャスターは「この後も最新情報をお伝えします」というCMへのつなぎに全力投球。村尾信尚キャスターは「憲法を1から考える時」という作家百田尚樹氏の問題提起を「百田さんのご意見はご意見として...」とにやけてスルー。党幹部とのやりとりも基本にやけていて「~の換算で○%」とか「労働の分配率などの3者協議」とか、視聴者置いてけぼりの専門ワードを連発。単に「給料は上がりますか」でいいのでは。

【TBS「夏の決戦!参院選2013 ニッポンどこへ行く!? ~あなたが選んだ未来~」】4・6%

 ちょっと偏りを感じるものの、鋭角に切り込もうとする関口宏の持ち味が、何かと空気を読む布陣の中で浮いてしまった印象。党幹部とのやりとりで、手元の質問原稿を読む膳場アナがいろんな意味でかわいい。

【フジテレビ「FNN参院選 真夏の決断2013」】8・7%

 カトパンこと加藤綾子アナ以外は、安藤優子キャスター、三宅正治アナといういつもの感じ。すぐにサッカー東アジアカップの中継になったため、冒頭の選挙特番は、こういう無難路線でいい。サッカー中継の視聴率は18・9%。この時間帯全体で見れば、フジの一人勝ち。選挙特番をやらずに視聴率をごっそり、と割り切れる局が次は現れるかどうか。

【テレビ朝日「選挙ステーション」】7・4%

 キャラ立ち、立ち回りともに池上さんに対抗できるのは今のところ古舘さんただけだと思うのだが、今回は彼のテンションと周囲が少々かみ合わない雰囲気に見えた。山本太郎の初スピーチという注目の画面で、なぜか女性アナが現場リポートを開始。「今そこで質問できないんですか」という古舘氏のリクエストに「会場の端にいるのでできません」。テレ東の女子アナ陣はもっと臨機応変に頑張っていた。個人的にはもっと「古舘伊知郎」を全面に出してもいいと思う。



※視聴率は最も高かった時間帯のもの。

【梅田恵子】(ニッカンスポーツ・コム/芸能記者コラム「梅ちゃんねる」)=

ぼくは地元NHK徳島と四国放送が中心で池上さんを少しみた。一番印象に残ったのは大阪毎日放送(MBS)での鳥越俊太郎さんの番組最後の言葉だ。
証言 細野豪志 「原発危機500日」の真実に鳥越俊太郎が迫る
細野 豪志,鳥越 俊太郎
講談社

この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」 池上彰教授の東工大講義
池上 彰
文藝春秋

<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=882049133" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=882049133"></script><noscript></noscript></iframe>
コメント

NHK プレミアムドラマ「かすていら」はおもしろい

2013年07月22日 | 映画 TV ドラマ 芸能
このドラマはさだまさしさんの自伝的小説「かすていら 僕と親父の一番長い日」を映像化した作品である。
舞台は昭和30年代の長崎。破天荒な父(遠藤憲一)は迫力があって面白い。母親役の西田尚美もよい。
貧しい時代の暖かい家族のたくましい物語としてワクワクする作品だ。
【出演】 遠藤憲一、西田尚美、大八木凱斗、坂口湧久、新井美羽、金子賢、今井雅之、佐々木すみ江ほか
【脚本】 羽原大介
かすてぃら (小学館文庫)
さだ まさし
小学館

さだまさし 40周年記念コンサート さだまつり
ユーキャン
ユーキャン

<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=874329953" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=874329953"></script><noscript></noscript></iframe>
コメント

ドラマ おシャシャのシャン! をみた

2013年07月20日 | 映画 TV ドラマ 芸能
おシャシャのシャン!【DVD】
クリエーター情報なし
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

このドラマは原田芳雄の遺作となった映画『大鹿村騒動記』題材になった【大鹿歌舞伎】を舞台にした感動コメディーである。
みどころは230年続いた村歌舞伎を守る切ない住民の姿だ
出演
田畑智子 尾上松也
八名信夫 伊佐山ひろ子 不破万作 村松利史 麻ミナ 尾上徳松 笠松伴助 小浜正寛
藤村俊二 原田芳雄ほか
2008年1月 NHK総合で 放送
大鹿村騒動記【DVD】
原田芳雄
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=882049133" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=882049133"></script><noscript></noscript></iframe> 

コメント

映画クロサワ映画2011~笑いにできない恋がある~をみた

2013年07月18日 | 映画 TV ドラマ 芸能
クロサワ映画2011~笑いにできない恋がある~ [DVD]
クリエーター情報なし
よしもとアール・アンド・シー

この映画は2010年の第2回沖縄国際映画祭で2冠を達成した『クロサワ映画』の第2弾。
内容は“独身“女芸人の黒沢かずこ、椿鬼奴、光浦靖子、大久保佳代子が本人役で登場し3人の”恋の行方”を描いた作品。相手は恋の相手はイケメンの韓国人青年。
みどころはもてない女芸人たちの悲哀と葛藤だ。
出演
黒沢かずこコン・テユ椿鬼奴光浦靖子大久保佳代子イ・テガン加藤厚成村上知子大島美幸秋野暢子多岐川裕美ほか
監督: 渡辺琢  製作年度: 2011年


<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=882049133" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=882049133"></script><noscript></noscript></iframe>
コメント

映画 オトシモノ をみた

2013年07月17日 | 映画 TV ドラマ 芸能
オトシモノ [DVD]
クリエーター情報なし
アミューズソフトエンタテインメント

この映画は人気女優の沢尻エリカのホラー映画に初主演作品である。
内容は電車のオトシモノに秘められた忌まわしい呪いが謎をめぐる怖いオハナシだ。
舞台は駅構内、電車、トンネルだ。
みどころは初主演の沢尻エリカだ。
出演
沢尻エリカ若槻千夏小栗旬 杉本彩板尾創路浅田美代子北村栄基野村涼乃ほか
監督: 古澤健  製作年度: 2006年

<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="90" width="728" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=881417038" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=881417038"></script><noscript></noscript></iframe>
コメント

映画 L et M わたしがあなたを愛する理由、そのほかの物語 L STORY をみた

2013年07月16日 | 映画 TV ドラマ 芸能
L et M わたしがあなたを愛する理由、そのほかの物語 (初回限定版) [DVD]
クリエーター情報なし
エイベックス・マーケティング

この映画は沢尻エリカの女優復帰作でフレンチレストランのシェフとして働く絵瑠(える)とレストランのウェイトレスとして働く自由奔放な25歳絵夢(エム)の二役を演じて対照的な二人の女性の恋愛を描いた作品である。
沢尻エリカファン徳望の一作だ魅力満載だ。共演の男性たちも好い。
出演 沢尻エリカ/村上淳/中村蒼/岡田義徳/遠藤要/久保田裕之/袴田吉彦/坂東工 ほか
監督 寒竹ゆり 製作年度 2012

L et M わたしがあなたを愛する理由、そのほかの物語 (祥伝社文庫)
市川 しんす
祥伝社

<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=882049133" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=882049133"></script><noscript></noscript></iframe>
コメント

世界記憶遺産 山本作兵衛からのメッセージ~炭坑絵師がつなぐ未来~をみた

2013年07月15日 | 映画 TV ドラマ 芸能
RKB毎日・TBS系ドキュメンタリー番組『世界記憶遺産 山本作兵衛からのメッセージ~炭鉱絵師がつなぐ未来~』をみた、
この番組は1892年、日本一の石炭生産地であった福岡県・筑豊に生まれた作兵衛は、およそ50年間炭坑夫として働き、のちにその記憶を1000枚以上の絵に残した。
その中の
暑く暗い地の底で石炭を掘る男と女の姿、道具、共同風呂や子どもたちの遊び、炭鉱で働く人たちとその家族が暮らす姿の絵。炭鉱で働いていた女性たちの証言。
現在進行中のベトナムの炭鉱での日本人技術者が交流・支援などの映像が印象にのこった。
新装版 画文集 炭鉱に生きる 地の底の人生記録
山本 作兵衛
講談社

筑豊炭坑絵物語 (岩波現代文庫)
森本 弘行,田川市石炭資料館
岩波書店

<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=882049133" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=882049133"></script><noscript></noscript></iframe>
コメント

映画 市民ポリス69 をみた

2013年07月14日 | 映画 TV ドラマ 芸能
市民ポリス69 [DVD]
クリエーター情報なし
トランスフォーマー

この映画は柳沢きみおさんの同名コミックを実写映像化した作品である。
内容は警察の手が回らない軽犯罪を取り締まるため、一般市民から成る犯罪検察組織「市民ポリス」のオハナシである。
妻・美里(斎藤陽子)からも一人娘からも相手にされず、家庭でも職場でも居場所をなくしていた気弱なサラリーマンの芳一彦治郎(酒井敏也)に69人目の市民ポリスに選ばれて、、、、
みどころは気弱なサラリーマン(酒井敏也)と美少女(早見あかり)ももいろクローバーそれに冴子(原紗央莉)だ。
出演
桐生コウジ酒井敏也早見あかり原紗央莉斎藤陽子錦野旦津田寛治清水章吾佐藤二朗百田夏菜子高城れに有安杏果玉井詩織佐々木彩夏山本浩治つぶやきシローほか
監督: 本田隆一  製作年度: 2011年


市民ポリス69 上巻 (ぶんか社コミックス)
柳沢 きみお
ぶんか社

<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="600" width="800" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=881243881" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=881243881"></script><noscript></noscript></iframe>
コメント

いま、「憲法改正」をどう考えるか」 樋口陽一著を読むことにした。

2013年07月13日 | 
五訂 憲法入門
クリエーター情報なし
勁草書房

本書は初版へのあたがきによると「憲法概論」の教材として書かれた。単行本になるとき「憲法入門」となり五訂である。通読して「いま、「憲法改正」をどう考えるか」を精読することにした。
いま、「憲法改正」をどう考えるか――「戦後日本」を「保守」することの意味
樋口 陽一
岩波書店

<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=881231378" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=881231378"></script><noscript></noscript></iframe>
コメント