僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

映画 地雷を踏んだらサヨウナラ をみた

2012年03月30日 | 映画 TV ドラマ 芸能
地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]
クリエーター情報なし
アミューズ・ビデオ

この映画はのフリー・ジャーナリスト・(カメラマン)一ノ瀬泰造さんの動静=1972年。ベトナムの戦火が拡大したカンボジアの活躍=をに描いた作品である。
主演の浅野忠信さんの暖かさが一ノ瀬泰造さんの暖かさを伝えたいい映画だ。

出演
浅野忠信羽田美智子ロバート・スレイターソン・ダラチャカン川津祐介市毛良枝矢島健一ほか

監督 五十嵐匠  製作年 1999年

地雷を踏んだらサヨウナラ (講談社文庫)
馬淵 直城
講談社


TAIZO ~戦場カメラマン・一ノ瀬泰造の真実~ [DVD]
坂口憲二,川津祐介,パックン
TCエンタテインメント




 
コメント

映画「歩いても歩いても」をみた

2012年03月29日 | 映画 TV ドラマ 芸能
歩いても歩いても [DVD]
クリエーター情報なし
バンダイビジュアル

この映画は長男の命日に、老いた両親に家に顔を揃えたある一家の姿を描いたホロ苦く温かい家族ドラマである。
なにげない会話と所作を通じて、家族ゆえのわだかまりやいたわりといった心の機微を暖かく丹念に詳細になおかつユーモラスに描いた作品せある。
みどころは元開業医で頑固者の父親(原田芳雄)といい年をして安定した職に就けない息子(阿部寛)の確執と息子の嫁(夏川結衣)と母親(樹木希林)のやりとり。作品全体にながれるやえあらかい人間に対する眼差しがすばらしい。
出演
阿部寛樹木希林夏川結衣原田芳雄YOU寺島進高橋和也田中祥平野本ほたる林凌雅加藤治子ほか

監督は是枝裕和 製作年 2007年

 
コメント

第84回選抜高校野球 鳴門、2戦連続サヨナラ勝ち

2012年03月28日 | スポーツ
鳴門、2戦連続サヨナラ勝ち=健大高崎、光星学院も8強―選抜高校野球(時事通信) - goo ニュース
上記の記事には
= 第84回選抜高校野球大会第7日は28日、甲子園球場で2回戦が行われ、7度目出場の鳴門(徳島)と初陣の健大高崎(群馬)、昨夏全国準優勝の光星学院(青森)が準々決勝に進んだ。

 1951年大会優勝の鳴門は、昨夏4強の作新学院(栃木)に延長戦の末5―4で逆転サヨナラ勝ち。十回2死満塁から日下が2点二塁打し、1回戦から2試合連続で延長サヨナラ勝ちとなった。健大高崎は三木が2試合連続完投し、神村学園(鹿児島)に3―1で快勝。光星学院は城間の3ランなどで近江(滋賀)に13―1で圧勝し、春は初めて8強入りした。青森勢の選抜8強は、87年の八戸工大一以来25年ぶり。 

[時事通信社]

鳴門は粘り強かった。基礎がしっかりしたプレーであきらめない野球が好かった。
84回選抜はベスト8

高校野球弱者の戦法―強豪校に勝つために
田尻 賢誉
日刊スポーツ出版社


コメント

NHKBS・ドキュメンタリードラマ「優雅な生活が最高の復讐(しゅう)である」 をみた

2012年03月26日 | 映画 TV ドラマ 芸能
この番組は55歳の若さで肺がんで亡くなった作詞家・安井かずみさんと。ミュージシャン加藤和彦さん夫婦の闘病生活を綴った日記を映像化した作品である。
内容は麻生祐未さんと 袴田吉彦さんの二人芝居と夫妻ゆかりの人のインタビューで構成されていた。
麻生祐未さんは迫力が在って好かった。かかりつけのお医者さんのはなしなどで闘病のようすや人となりが浮き彫りになっているのも良かった。

たとえば好き たとえば嫌い 安井かずみアンソロジー
近代 ナリコ
河出書房新社


Memories 加藤和彦作品集
EMIミュージック・ジャパン
EMIミュージック・ジャパン


 
コメント

映画てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~をみた

2012年03月25日 | 映画 TV ドラマ 芸能
てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~ [DVD]
クリエーター情報なし
よしもとアール・アンド・シー

この映画は世界で初めてサンゴの移植産卵に成功させた金城浩二さんの実話を映像化した作品である。
内容は沖縄の美しい海を取り戻すために奔走した金城浩二さんと家族と彼を支えた人々の姿を描いている。
みどころは主演の岡村隆史の演技と連れ合い役の松雪泰子。母親役の原田美枝子である。
実話をベースにしているので全体的にリアリティがあるのがいい。

出演
岡村隆史松雪泰子原田美枝子國村隼吉沢悠長澤まさみ渡部篤郎伊藤明賢赤堀雅秋児玉絹世比嘉奈菜子金城琉斗福田加奈子ほか

監督 李闘士男  製作年 2010年




てぃだかんかん-海とサンゴと小さな奇跡-
金城 浩二
小学館


 
コメント

鳴門はサヨナラで42年ぶり勝利

2012年03月24日 | スポーツ
作新学院、倉敷商破り2回戦へ=鳴門はサヨナラで42年ぶり勝利―高校野球(時事通信) - goo ニュース
上記の記事には
=第84回選抜高校野球大会第3日は24日、甲子園球場で前日から雨天順延された1回戦2試合が行われ、昨夏4強の作新学院(栃木)が倉敷商(岡山)を7―3で破った。鳴門(徳島)は21世紀枠の洲本(兵庫)に延長戦の末、2―1でサヨナラ勝ち。21世紀枠の3校は全て初戦で敗退した。

 作新学院は二回に4点を奪って逆転し、大谷が立ち直って完投。鳴門は十回1死二塁から河野が二塁打を放ち、42年ぶりの勝利を挙げた。

 近江(滋賀)―高崎(群馬)戦は雨のため、三回裏途中でノーゲームとなり、25日の第4試合に組み込まれた。 

[時事通信社]

鳴門の勝利を喜ぶ。投打ともに後藤田の活躍がここに残った。
28日の作新学院も応援したい。

センバツ 第84回選抜高校野球大会公式ガイドブック 2012年 3/24号 [雑誌]
毎日新聞社
毎日新聞社


 
コメント   トラックバック (1)

映画 クローズドノート をみた

2012年03月23日 | 映画 TV ドラマ 芸能
クローズド・ノート スタンダード・エディション [DVD]
クリエーター情報なし
東宝

この映画は雫井脩介さんの同名小説を原作を行定勲監督が映像化した作品である。
内容は一冊のノートが2人の女性をつないだ一つの愛の物語である。
みどころは竹内結子と沢尻エリカの二人の女優と彼氏役。それに子供たちである。


出演
沢尻エリカ竹内結子伊勢谷友介永作博美板谷由夏田中哲司サエコ石橋蓮司中村嘉葎雄篠井英介ほか

監督: 行定勲 製作年 2007年



クローズド・ノート (角川文庫)
雫井 脩介
角川グループパブリッシング


 
コメント

映画 たみおのしあわせ をみた

2012年03月22日 | 映画 TV ドラマ 芸能
たみおのしあわせ [DVD]
クリエーター情報なし
メディアファクトリー

この映画は内気な息子・神埼民男(オダギリ)を「結婚させたい」と考える父・伸男(原田芳雄)の平凡な父子家庭のドタバタを描いたシリアスな作品である。
結婚は”しあわせ”なのか?そうじゃないのか?を問いかけるいい映画だ。

{勝手にしやがれ」の音楽もおしゃれだ。

出演
オダギリジョー麻生久美子原田芳雄小林薫大竹しのぶ三木聡石田えり冨士眞奈美原田貴和子ほか

監督 岩松了  製作年 2007年



ゼン・サマー・ケイム
エイベックス・エンタテインメント
エイベックス・エンタテインメント


<script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=881236711"></script><noscript></noscript></iframe>">
コメント   トラックバック (1)

映画 「家族」をみた

2012年03月21日 | 映画 TV ドラマ 芸能
家族 [DVD]
クリエーター情報なし
松竹ホームビデオ

この映画は1970年に。長崎県の小さな島から北海道の開拓村まで列車旅する一家を描いたロードムービーである。
一家5人で長崎県伊王島→広島県福山→大阪万博→新幹線で東京→、東北本線青函連絡船をへて北海道にたどり着く。
1970年高度成長期の日本列島の風景とそれに乗り遅れた「家族」の姿を描いた名作とみた。

出演:倍賞千恵子、井川比佐志、笠智衆、前田吟
    春川ますみ、花沢徳衛、森川信、ハナ肇
渥美清、木下剛志 ほか
監督:山田洋次  



山田洋次監督 名作選I [DVD]
倍賞千恵子,笠智衆,渥美清,井川比佐志
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)


 

コメント

2030年メディアのかたち 坪田知己(つぼた ともみ)著を読んだ 

2012年03月19日 | 
2030年 メディアのかたち (現代プレミアブック)
クリエーター情報なし
講談社

本書は既存のメディアの発展と在りよう。デジタルメディアの成立と発展その先のメディアの有り様について論じた書物である。
内容はメディアは「一対多」→「多対多」→「多対一」というかたちで進化する。「一対多」はマスメディア。「多対多」時代のリーダーはグーグル。「多対一」が次世代となる。信頼がキーワードとなる。と理解した。

今後のビジネスの形やブログ。ビデオジャーナリズムを利用した新しいジャーナリズム紹介も面白く読んだ。

目次
はじめに メディア大逆転が始まった
プロローグ 「史上最大のスクープ」の大ウソ
第1部 歴史が誘うメディアの未来
 第1章 逆転の構図=コンピュータ業界で起きたこと
 第2章 メディアはどう発展したか
 第3章 デジタルメディアはどう作られたか
 第4章 次世代メディアは「多対一」型へ
第2部 次世代メディアの設計図
 第5章 ボトルネックを押さえろ
 第6章 「EPIC2014」が示したもの
 第7章 新しいジャーナリズム
 第8章 果てしない夢
エピローグ 氷河期の向こうに

 







コメント

愛媛県松山市バアリアフリー調査に参加して ~障がい者の視点から~雑記

2012年03月18日 | 障がい者問題
愛媛県松山市バアリアフリー調査に参加して ~障がい者の視点から~雑記
車イスを使用して参加

調査日2012年3月13日~14日 天気快晴ながら風は冷たい。
調査場所JR松山駅周辺。伊予鉄道松山市駅周辺。道後温泉周辺など
13日10時30分JR徳島駅出発松山駅14時15分着
JR職員の対応良好。駅、ホーム車内の移動はスムーズにできた。トイレは汚れ在り。
JR松山駅の観光案内所で伊予鉄の電車を利用して松山市駅に行こうとしたが地下道経由のためバス乗車を進められる
バスで伊予鉄松山市駅。駅周辺はバリアフリー。(点字有)
子規堂は砂利道。段差有り点字もなし
ばっちゃん列車で道後温泉に向かう。車イスは畳んで乗車。
道後商店街(ハイカラ通り)はバリアフリー。道後温泉周辺は坂道多し。
伊予鉄道後温泉駅から松山駅まで低床車両に乗車。
伊予鉄によると地下道経由しなくても伊予鉄松山駅可能とのこと。
宿泊は椿館本館バリアフリー対応の部屋。夜和食。朝バイキング。館内バリアフリー

感想 JR松山駅の観光案内所の車イス利用者と目線を合わさない態度と案内内容(伊予鉄との連携など)については改善をのぞみたい。
段差についてはほぼ良好だが道路舗装につてはでこぼこや傾斜については改善をのぞみたい。


画像はぼちゃんカラクリ時計

るるぶ愛媛 道後温泉 松山’12 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング
ジェイティビィパブリッシング


住環境のバリアフリーデザインブック―福祉用具・機器の選択から住まいの新築・改修の手法まで
橋本 美芽
彰国社




コメント

吉本隆明さん亡くなる 87歳

2012年03月16日 | おくやみ
吉本隆明さん死去=戦後思想界に大きな影響―87歳(時事通信) - goo ニュース
上記の記事には
=1960年代の新左翼運動でカリスマ的存在となるなど、戦後思想界に大きな影響を与えた詩人で評論家の吉本隆明(よしもと・たかあき)さんが16日未明、肺炎のため東京都文京区の病院で死去した。87歳だった。東京都出身。

 幼少から文学に親しみ、1947年東京工大卒。会社勤めをするが、組合活動で退職。この間、詩を書き続け、詩集「転位のための十篇」で54年に「荒地」詩人賞を受賞した =

ぼくが吉本隆明さんの著作で一番印象に残っているのは「共同幻想論」です。

心からご冥福を御祈りいたします。

共同幻想論 (角川文庫ソフィア)
吉本 隆明
角川書店


 

コメント

映画 シュアリー・サムデイ をみた

2012年03月15日 | 映画 TV ドラマ 芸能
シュアリー・サムデイ スタンダードエディション [DVD]
クリエーター情報なし
角川映画

この映画イケメン俳優小栗旬の初監督作品である
キャストもイケメンぞろいである。普通の高校生5人の青春暴走ムービーだ。
高校の事件から3年、10年後が物語展開のキーワードだ。
みどころは5人暴走”成長?or子供かげん”だ

出演
小出恵介勝地涼鈴木亮平ムロツヨシ綾野剛小西真奈美モト冬樹原日出子遠藤憲一山口祥行須賀貴匡横田栄司笹野高史井上真央阿部力大竹しのぶ津田寛治妻夫木聡上戸彩 竹中直人岡村隆史吉田鋼太郎ほか

監督 小栗旬  製作年 2010年




監督 小栗旬×映画 『シュアリー・サムデイ』~マジに面白いもの作ろうぜ~ [DVD]
小栗旬,小出恵介,勝地涼,鈴木亮平,ムロツヨシ
角川映画


シュアリー・サムデイ (角川文庫)
武藤 将吾,木俣 冬
角川書店(角川グループパブリッシング)


 
コメント   トラックバック (1)

AudioComm 12バンド ハンディたんぱラジオ を買った

2012年03月12日 | Weblog
AudioComm 12バンド 株・競馬ハンディたんぱラジオオーディオコム RAD-S512N(07-7956)
クリエーター情報なし
オーム

ソニーの短波ラジオが古くなったので上記のラジオを買った。
価格が安くAMFM、短波が聴ける ACアダプターで外部電源も使えるのが気に入った。

SONY ラジオNIKKEI /MWポケッタブルラジオ ICR-N1
ソニー
ソニー

ソニーのラジオは軽くて持ち運び楽でチューニングがし易い。

 
コメント

映画ノルウェイの森 エクステンデッド版をみた

2012年03月11日 | 映画 TV ドラマ 芸能
ノルウェイの森 【コンプリート・エディション3枚組】 [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この映画の原作は世界的ベストセラーで村上春樹さんの「ノルウェイの森」である。
本作のテーマは愛と性、生と死、男と女、強さと優しさ、刹那と永遠、とみた。
みどころはったワタナベ(松山ケンイチ)の女性関係と生き方。特に存在感が在ったのが緑役の水原希子。透明感も好かった。
森と雪山の風景。ザ・ビートルズ「ノルウェーの森」もよい。

〔出演〕
松山ケンイチ 菊地凛子 水原希子
高良健吾 霧島れいか 初音映莉子/玉山鉄二
糸井重里 細野晴臣 高橋幸宏 柄本時生ほか



ノルウェイの森  上下巻セット (講談社文庫)
村上 春樹
講談社


ノルウェーの森~ザ・ビートルズ・クラシック
日本コロムビア
日本コロムビア


水原希子フォトブック KIKO
水原 希子
講談社


 



コメント   トラックバック (1)