僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

人間と国家 (上) ある政治学徒の回想 坂本 義和 (サカモト ヨシカズ)著読んだ  

2011年12月31日 | 
人間と国家――ある政治学徒の回想(上) (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店

本書はは国際政治学者坂本義和さんの自分史的回想録である
上巻はご両親のこと→上海で戦争を経験した少年時代→日本帰国一高時代→研究者となりヴェトナム戦争までが書かれている。
アイデンティティの形成から友人、恩師、平和問題への取り組みなどが語られている。良かったので下巻も読むことにした。


目次

第1章 父母のこと、そして上海時代
第2章 少年時代
第3章 戦争と一高時代
第4章 戦後の一高時代
第5章 研究者への道
第6章 アメリカ留学
第7章 平和問題への取り組み
第8章 アメリカ再訪
第9章 アジアでの戦争をめぐって

人間と国家――ある政治学徒の回想(下) (岩波新書)
坂本 義和
岩波書店


 

コメント

映画 の・ようなもの をみた

2011年12月30日 | 映画 TV ドラマ 芸能
の・ようなもの [DVD]
クリエーター情報なし
角川エンタテインメント

この映画は日本を代表する故森田芳光監督の劇場用映画のデビュー作である。公開時映画館で楽しんだ。今日追悼の意味を込めてみた。
内容は若手落語家(伊藤克信)とソープ嬢(秋吉久美子)高校の落研の少女たちを描く青春群像劇である。
独特の映像処理とユーモアが光る。何回みてもおもしろい。

出演者
秋吉久美子
伊藤克信
尾藤イサオ
麻生えりか
でんでん 他  監督 森田芳光 製作年 1981年  

 
コメント

Panasonic LEDシーリングライトを買った

2011年12月29日 | Weblog
Panasonic LEDシーリングライト(調光・調色)~8畳 HH-LC560A
クリエーター情報なし
パナソニック

年末2011年12月26日に上記のLED シーリングライトにリビングの照明器具を取り換えた。
いままでの蛍光灯に比べて気分や作業内容によって調光・調色できるので気に入っている。特に暖色系がよい。
電気代も安くなるようなので期待している。長持ちするので取り換えがすくないのも助かる。 

 
コメント

映画 RISE UP ライズアップ をみた

2011年12月28日 | 映画 TV ドラマ 芸能
RISE UP [DVD]
クリエーター情報なし
ビデオメーカー

この作品はパラグライダーに熱中する男子高校生(林遣都)と、ひき逃げ事故で失明してしまった少女(山下リオ)の心の交流を描いた青春ラブ・ムービーである。
みどこおろは思春期での中途失明の少女心情とパラグライダーが生きがいの高校生の恋愛。+交通事故それに石川県風景だ。

キャスト
林遣都
山下リオ
太賀
中林大樹
嶋尾康史
青木崇高
他  
監督 中島良  製作年 2009年  



  
コメント

映画 サヨナラCOLORをみた

2011年12月26日 | 映画 TV ドラマ 芸能
サヨナラCOLOR スペシャル・エディション [DVD]
クリエーター情報なし
ハピネット

この映画は竹中直人さんが監督・主演を務めた作品である
内容は。高校時代から20年以上も憧れ続けている女性と再会した中年医師の恋物語である。真面目な医師ではなく”援助交際”や看護師にお触りが得意なお医者さんである。
憧れの君(原田知世)も医師も共にガンと闘っている。設定は重く暗いがコミカルに描かれている。
竹中直人さんの人脈総出演のヒューマンコメディだ。
出演
竹中直人内村光良中島みゆき忌野清志郎段田安則久世光彦北川悠仁原田知世斉藤和義浜田貴司田島貴男ANIBOSESHINCO雅子中島唱子ビッケ三東康太郎藤澤志帆永積タカシ水田芙美子ほか

製作年 2004年

サヨナラCOLOR~映画のためのうたと音楽~
永積タカシ,原田郁子,高野寛,ミト,伊藤大助,斉藤哲也,徳澤青弦
ファイブスターズ





コメント

映画 ワラライフ!! をみた

2011年12月25日 | 映画 TV ドラマ 芸能
ワラライフ!! [DVD]
クリエーター情報なし
よしもとアール・アンド・シー

この映画は誰にでもある何気ない喜びが”大きな幸せ”に変わるとする「ワラライフ!!」
「ワラライフ!!」は掛け声。心のもちよう。この作品をみての感想である。
作品の内容は両親の引越しのため、久しぶりに実家に帰った修一(村上純)と修一の子供のころの思い出が描かれる。
そして現在、恋人と住居をさがす修一。。。。。誰にでもある些細な喜びが”大きな幸せ”に包まれる。
ほっこりするヒューマン・ムービーである。
キャスト
村上純(しずる)、香椎由宇、 田畑智子、高岡蒼甫、鈴木杏樹、吉川晃司、YOU、板尾創路、木村祐一、大谷直子、田中要次、河本准一(次長課長)、井上聡(次長課長)、池田一真(しずる)、安藤玉恵、西片凌ほか

監督 木村祐一 製作年 2010年  



 
コメント

映画 ゴースト もう一度抱きしめたい をみた

2011年12月24日 | 映画 TV ドラマ 芸能
ゴースト もういちど抱きしめたい<豪華版> [DVD]
クリエーター情報なし
バップ

この映画は、1990年の米国映画『ゴースト/ニューヨークの幻』をリメイクした邦画である。

ストーリーは会社経営者の七海(松嶋菜々子)と、陶芸の勉強をするため日本に留学している青年ジュノ(ソン・スンホン)の恋愛話
七海は強盗に襲われて命を落としてしまう。ゴーストになっても連れ合いを守るファンタジー・ムービーである。


キャスト: 松嶋菜々子、ソン・スンホン、鈴木砂羽、橋本さとし、宮川大輔、黒沢かずこ、松金よね子、樋田慶子、波岡一喜、嶋田久作、温水洋一、芦田愛菜、樹木希林 ほか
監督: 大谷太郎  製作年 2010年



ゴースト もういちど抱きしめたい (集英社文庫)
中園 ミホ:古林 実夏
集英社


映画「ゴースト もういちど抱きしめたい」オリジナル・サウンドトラック
バップ
バップ


 
コメント

映画 「人間失格」をみた

2011年12月23日 | 映画 TV ドラマ 芸能
人間失格 [DVD]
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン

この映画は太宰治の代表作「人間失格」を映像化した文芸映画大作である。
アジア・太平洋戦争進行時ににおいて資産家の息子である主人公が酒や女におぼれて廃人同様に破滅していく姿を描いていた映画である
とにかくもてる男の話なのだが当人は楽しそうではない。
周囲となじめず不安や苦悩の日々はつづく。暗いトーンのに仕上がっている作品だ。

キャスト: 生田斗真、伊勢谷友介、寺島しのぶ、石原さとみ、小池栄子、坂井真紀、森田剛、石橋蓮司、室井滋、大楠道代、三田佳子ほか

監督: 荒戸源次郎  製作年 2010年

人間失格 公式写真集 ~starring 生田斗真~
江森 康之,松井 ヒロシ
角川マーケティング(角川グループパブリッシング)




 
コメント

映画 ユメ十夜(ユメじゅうや) をみた

2011年12月22日 | 映画 TV ドラマ 芸能
ユメ十夜 [DVD]
クリエーター情報なし
日活

この映画は明治の文豪夏目漱石の短編集「夢十夜」を日本映画界を代表する10人の監督たちによるオムニバスに映像化した作品である。

以下監督とキャスト

プロローグ・エピローグ 監督:清水厚
出演:戸田恵梨香(女学生)、藤田宗久
第一夜 [監督:実相寺昭雄、脚本:久世光彦
出演:小泉今日子(ツグミ)、松尾スズキ(百)、寺田農、堀内正美
第二夜 [監督:市川崑、脚本:柳谷治
出演:うじきつよし(男)、中村梅之助(和尚)
第三夜 監督・脚本:清水崇
出演:堀部圭亮(夏目漱石)、香椎由宇(夏目鏡子)、櫻井詩月(愛子)
第四夜 ]監督:清水厚、脚本:猪爪慎一
出演:山本耕史(夏目漱石)、菅野莉央(日向はるか)、品川徹、小関裕太、浅見千代子、市川夏江、渡辺悠、鶴屋紅子、佐久間なつみ、日笠山亜美
第五夜 監督・脚本:豊島圭介
出演:市川実日子(真砂子)、大倉孝二(庄太郎)、三浦誠己、辻修
第六夜]監督・脚本:松尾スズキ
出演:阿部サダヲ(わたし)、TOZAWA(運慶)、石原良純
第七夜 監督:天野喜孝、河原真明
出演:sascha(ソウセキ(声))、秀島史香(ウツロ(声))
第八夜 監督:山下敦弘 脚本:長尾謙一郎
出演:藤岡弘、(夏目漱石、正造)山本浩司、大家由祐子、土屋匠、森康子
第九夜 監督・脚本:西川美和
出演:緒川たまき(母)、ピエール瀧(父)、渡邉奏人
第十夜]監督・脚本:山口雄大、脚本:加藤淳也、脚色:漫☆画太郎
出演:松山ケンイチ(庄太郎)、本上まなみ(よし乃)、石坂浩二(平賀源内)、安田大サーカス、井上佳子

それそれぞれに面白いが一番面白かったのは第九夜だ。特に緒川たまきが好かった。それに第五夜である市川実日子もよかった。







コメント   トラックバック (2)

映画監督森田芳光(もりた・よしみつ)さん亡くなる 61歳

2011年12月21日 | おくやみ
映画監督の森田芳光さん死去=61歳、「家族ゲーム」「失楽園」(時事通信) - goo ニュース
上記の記事には
=「家族ゲーム」「失楽園」などの作品で知られる映画監督の森田芳光(もりた・よしみつ)さんが20日午後10時15分、急性肝不全のため東京都内の病院で死去した。61歳だった。東京都出身。葬儀は24日午前11時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は妻和子(かずこ)さん。

 1981年に若い落語家を主人公とした「の・ようなもの」で長編監督デビュー。83年に松田優作主演のブラックコメディー「家族ゲーム」で、ブルーリボン賞やキネマ旬報賞など映画監督賞を総なめにした。

 84年「メイン・テーマ」が大ヒット。85年には松田優作と再び組んで、夏目漱石の「それから」を映画化し、監督賞をいくつも獲得。コメディー、恋愛、ホラーなど扱うジャンルも多彩で、80年代の日本映画低迷期に邦画を支え続け、「そろばんずく」(86年)、「キッチン」(89年)を発表した。

 90年代以降は、「失楽園」(97年)、「39 刑法第三十九条」(99年)、「阿修羅のごとく」(2003年)、「海猫」(04年)などを発表。子供時代から好きだった鉄道を題材にした「僕達急行 A列車で行こう」が12年3月に公開される予定。 

[時事通信社]

 突然の訃報に驚いています。心からご冥福を御祈りいたします。 

ぼくはデビュー作「の・ようなもの」からのファンでした。「家族ゲーム」は衝撃的でした「阿修羅のごとく」と「失楽園」も大好きです。

森田芳光組
森田 芳光
キネマ旬報


の・ようなもの [DVD]
森田芳光
角川エンタテインメント


 

コメント

映画 うた魂♪をみた

2011年12月20日 | 映画 TV ドラマ 芸能
うた魂♪フル!!!(初回限定生産2枚組) [DVD]
クリエーター情報なし
Nikkatsu =dvd=

この映画は合唱を通して成長する女高生を主人公にした青春映画である
みどころは七浜高校合唱部のソプラノリーダー、萩野かすみ(夏帆(かほ))の顔、合唱のシーン、人間的成長と七浜高校合唱部員と七浜高校合唱部臨時顧問(薬師丸ひろ子)などだ

出演
夏帆ゴリ薬師丸ひろ子石黒英雄徳永えり岩田さゆりともさかりえ亜希子間寛平ゴスペラーズほか

監督 田中誠  製作年 2007年 



うた魂(たま)♪ オリジナルサウンドトラック
サントラ,埼玉県立伊奈学園総合高等学校音楽部
キューンレコード


 
コメント

映画 ちゃんと伝える をみた

2011年12月19日 | 映画 TV ドラマ 芸能
ちゃんと伝える スペシャル・エディション [DVD]
クリエーター情報なし
Happinet(SB)(D)

この映画は余命を宣告された父と息子の姿とその日常を描いて大切な人と生きる時間の尊さを浮き彫りにしたヒューマン・ムービーである。
高校のサッカー部の鬼コーチ(奥田瑛二 )と息子(AKIRA)母(高橋惠子)それに恋人(伊藤歩)が見どころだ。

キャスト
AKIRA(EXILE)
伊藤歩
高橋惠子
吹越満
綾田俊樹
諏訪太朗
佐藤二朗
でんでん
高岡蒼甫
奥田瑛二


ちゃんと伝える (小学館文庫)
百瀬 しのぶ
小学館


 
コメント   トラックバック (1)

映画 落語娘 をみた

2011年12月17日 | 映画 TV ドラマ 芸能
落語娘 [DVD]
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン

この映画は幼い頃に魅せられた落語の世界に飛び込んだ、香須美(ミムラ)が女というハンディを抱えながら破天荒な師匠(津川雅彦)と共に呪われた噺(はなし)に挑む姿をに描いたヒューマンコメディである。
みどころは津川雅彦の破天荒な師匠ぶりとミムラの女前座の奮闘ぶりだ。
原作は永田俊也さんの同名小説である。

落語娘 (講談社文庫)
永田 俊也
講談社


出演
ミムラ津川雅彦益岡徹伊藤かずえなぎら健壱利重剛ベンガル安藤彰則藤本七海絵沢萌子春風亭昇太森本亮治峰岸徹大河内浩勝矢久保晶若松力絵沢萠子高橋俊次金田龍之介笑福亭純瓶佐藤大介河村春花武田秀臣園英子中村まり子井上紀子花ヶ前浩一ほか

監督 中原俊 製作年 2008年  



 
コメント   トラックバック (1)

日本人はなぜ戦争へと向かったのか下 NHK取材班/編著 を読んだ

2011年12月15日 | 
NHKスペシャル 日本人はなぜ戦争へと向かったのか 下 (NHKスペシャル)
クリエーター情報なし
NHK出版

本書はNHKスペシャルシリーズ 日本人はなぜ戦争へと向かったのかの第3回"熱狂”はこうして作られたと第4回 開戦・リーダーたちの迷走を書籍化した本である。放送をみて面白かったので読んだ。
本では放送を豊富化するだけでなく井上寿一、ジョン・ダワー、佐藤卓己教授等よるテーマ解説論文と最後に太平洋戦争開戦前の「日本と日本人」と題する半藤一利さんと松平定知さんが掲載されている。
特に興味深く読んだのは第3章のメディアと民衆―“世論”と“国益”のための報道(“熱狂”はこうして作られた。である。

[目次]

第3章 メディアと民衆―“世論”と“国益”のための報道(“熱狂”はこうして作られた;世論とメディアによる戦意高揚;横並び報道と被害者意識;ラジオが導いた戦争への道のり);第4章 指導者―“非決定”が導いた戦争(開戦・リーダーたちの迷走;“非決定”という恐るべき「制度」;アメリカの誤算;一九四一年、開戦までのアメリカ);日米開戦史を再考する;対談 太平洋戦争開戦前の「日本と日本人」(半藤一利・松平定知)

NHKスペシャル 日本人はなぜ戦争へと向かったのか 上 (NHKスペシャル)
NHK取材班,NHK取材班
NHK出版


NHKスペシャル 日本人はなぜ戦争へと向かったのか 戦中編 (NHKスペシャル)
NHK取材班
NHK出版


 
コメント

映画「愛のむきだし」をみた

2011年12月14日 | 映画 TV ドラマ 芸能
愛のむきだし [DVD]
クリエーター情報なし
アミューズソフトエンタテインメント

この映画は実話を基に執筆された小説を映像化した作品である。
テーマは 理性と欲望、快楽と苦痛、愛の欠乏。暴力だ。
「盗撮のプロ」が新興宗教に入った妹を脱会させたという純愛エンタテインメントムービである。
237分の問題作の長編大作である。
見どころは(ユウ(西島隆弘)、ヨーコ(満島ひかり)、コイケ(安藤サクラ))だ。

出演
西島隆弘満島ひかり安藤サクラ渡辺真起子渡部篤郎中村麻美板尾創路岩松了大口広司深水元基吹越満堀部圭亮尾上寛之清水優永岡佑広澤草玄覚悠子大久保鷹倉本美津留ジェイ・ウエスト古屋兎丸宮台真司岡田正ほか

監督 園子温  製作年 2008年




愛のむきだし
園 子温
小学館


 
コメント   トラックバック (1)