僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

治験ボランティア ・インクロム

2009年06月29日 | プレスブログ
 

新しい薬が生まれるまでには長い時間と多くの経費がかかるとボンヤリ考えていた。
そんな時、プレスブログ様より 治験ボランティア インクロムってご存知ですか?と題するリリースメールが届いた。
それで治験ボランティア のサイトを拝見した。
感想はまず「治験」へのイメージが具体的になった。とくに動画がわかりやすい。
今まで「治験」については辞書的、表面的にしか把握していなかった。
この治験の実績において日本を代表する企業が、1975年に設立されたインクロムであることは初めて知った。
インクロムは、治験に参加されるボランティアの人達が安心してご協力いただけ環境づくりをめざしており、糖尿病を含む生活習慣病の薬の開発を進めているようだ。
サイトをみて特に印象的なのは薬の完成において治験ボランティアの協力が不可欠であること。治験に参加されるボランティアのを安心、安全を第一に考えたご環境づくりに加えてなによりも重要なのは治験においてもインフォームド・コンセントであるとおもわれた。
興味をお持ちの方は治験ボランティアのサイトをチェックしてください。

インフォームド・コンセント―医療現場における説明と同意 (中公新書)
水野 肇
中央公論社

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント   トラックバック (1)

実録ドラマスペシャル『妻よ! 松本サリン事件犯人と呼ばれて…家族を守り抜いた15年』をみた

2009年06月27日 | 映画 TV ドラマ 芸能
この作品は1994年6月27日、長野県松本市の閑静な住宅街では起きた「松本サリン事件」の被害者河野義行さんとその家族の15年間を描いたドキュメントドラマだ。
印象に残ったのは河野義行(石黒賢)さん”の犯人扱い”に対する捜査機関とマスコミに対する闘いと家族の絆である。
地下鉄サリン事件が起きなければえん罪が繰り返されたと思われる。
事件当時のニュース映像と現在のご子息の映像が多く出ていてドラマよりもキュメンタリーとしてみた。

出演
石黒賢 松下由樹 大地康雄 浅利陽介 前田敦子 宮崎香蓮 名高達男 西尾まり ほか

松本サリン事件―虚報、えん罪はいかに作られるか
河野 義行
近代文芸社

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント

車いす生徒拒否「妥当性欠き違法」 奈良地裁

2009年06月26日 | 障がい者問題
車いす少女の中学入学拒否「妥当性欠き違法」 奈良地裁(朝日新聞) - goo ニュース
上記の記事などによると
=奈良県下市町立中学校への入学を希望していた身体に障害を持つ谷口明花さん(12)=同町=と両親が、町教育委員会を相手に、入学を認めるよう求めた訴訟で、奈良地裁(一谷好文裁判長)は26日、同校への入学を義務付ける仮決定を出した。
一谷好文裁判長は、健常者と障害者との共同学習の推進などをうたった衆参両院の付帯決議などを引用したうえで、町教委の入学拒否について「慎重に判断したとは認めがたく、著しく妥当性を欠き、裁量権を逸脱または乱用したものとして違法である」などと批判。そのうえで、町教委に対し、少女側が望んでいる町立下市中学校への仮の入学許可を出すよう命じた。=

どのような障がいを持った子供も生まれ育った地域の学校で学べて生き生きと生きて行ける社会を創りたい。

障害児教育の歴史
中村 満紀男,荒川 智
明石書店

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント

NHKSONGS 椎名林檎 

2009年06月25日 | 映画 TV ドラマ 芸能
アーティスト 椎名林檎にはデビューのときから注目してきた。
今回NHKSONGS で二夜連続で特集する。昨年2008年、デビュー10周年だった。楽曲だけでなく存在そのものが衝撃的である。
初回では椎名林檎さんが10代の頃に過ごした学校や福岡の街を訪ねて自らの思いを語っていて興味深かった、第二夜も注目したい。


 

RINGO FILE 1998‐2008
椎名 林檎
ロッキングオン

このアイテムの詳細を見る
 

性的ヒーリング~其ノ四~(仮) [DVD]

EMI MUSIC JAPAN

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント   トラックバック (1)

リアルのゆくえ 東 浩紀,+大塚 英志 をよんだ

2009年06月24日 | 
リアルのゆくえ──おたく オタクはどう生きるか (講談社現代新書)
東 浩紀,大塚 英志
講談社

このアイテムの詳細を見る

本書は2001年、2002年、2007年、2008年におこなわれた大塚英志さんと東浩紀さんの対談と2008年の秋葉原事件をうけた語りおろしを収録した新書である。

内容は
大塚英志[オオツカエイジ]さんは1958年東京都生まれで東浩紀[アズマヒロキ]さんは1971年東京都生まれの二人が今世紀の日本のありようについて。サブカルチャーの諸問題から国家論、表現論までを世代間の対立を含みながらの論議になっている。
 
目次
はじめに――世代間闘争について 
第1章 2001年――消費の変容
第2章 2002年――言論の変容
第3章 2007年――おたく/オタクは公的になれるか
終章 2008年――秋葉原事件のあとで
あとがき 東浩紀 

  
コメント   トラックバック (2)

テレビ朝日 「刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史をみた

2009年06月22日 | 映画 TV ドラマ 芸能
6月20日、21日の放送オンタイムでみた
すごく面白かった。
平塚八兵衛役の渡辺謙と吉展ちゃん誘拐事件」の容疑者役の萩原聖人が好かった。とくに取り調べから自白、そして墓参りまでが最高だ。
全体として”昭和の匂い”が感じられるいい作品だった。
監督 石橋冠
出演 渡辺謙 高橋克実 原田美枝子 柴田恭兵 萩原聖人 小泉孝太郎 相武紗季 大杉漣 山本耕史 木村多江  鳥越俊太郎ほか

原作は佐々木嘉信さんの刑事一代―平塚八兵衛の昭和事件史である。

刑事一代―平塚八兵衛の昭和事件史 (新潮文庫)
佐々木 嘉信
新潮社

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント   トラックバック (2)

新版 表現活動と法 志田 陽子 (シダ ヨウコ)著を読んだ

2009年06月20日 | 
表現活動と法

武蔵野美術大学出版局

このアイテムの詳細を見る
 
本書は現在の日本においてどのような表現活動が可能かについての法律の入門書である。
憲法論から始まり知的財産権、工業所有権法、著作権法と書かれている。
アーチストや関係者だけではなくネットやブログの利用者にも役に立つ書物である。

以下目次は武蔵野美術大学出版局HPよりコピー

目次
第1部 表現の自由と情報社会
第1章 「表現の自由」
1.憲法21条「表現の自由」 
(1)「表現の自由」が保障されることの意味 
(2)憲法で保障されるさまざまな「表現の自由」 
2.創作や表現の価値と「経済活動の自由」 
3.情報社会における「表現の自由―情報社会倫理の基礎 
 
第2章 「表現の自由」の限界とルール
1.他者の人格権の尊重 
(1)名誉毀損 
(2)プライバシーの権利 
(3)肖像権とパブリシティ権 
2.他者を傷つける表現の問題、共存のための規制の問題 
(1)性表現への規制 
(2)差別表現・憎悪表現 
3.経済活動に関連する表現の規制―広告表現 
4.「表現の自由」の今日的展開―情報社会のルール 
(1)市民の情報倫理 
(2)職業倫理としての情報倫理 
 
第2部 表現活動と知的財産
第3章 知的財産権の考え方
1.経済活動の自由と財産権 
2.知的財産権とは 
 
第4章 工業所有権法
1.創作の保護と産業の発展を目的にした法律 
(1)特許法 
(2)実用新案法 
(3)意匠法 
2.公正な市場の維持を目的にした法律 
(1)商標法 
(2)不正競争防止法 

第5章 著作権法 
1.著作物とは 
(1)思想・感情の表現 
(2)著作物の具体例 
(3)複数の著作者による著作物 
(4)権利の目的とならないもの 
2.権利の内容 
(1)「著作権」の意味 
(2)著作者人格権 
(3)著作権(著作財産権) 
3.著作隣接権 
(1)実演家の権利 
(2)実際の利用形態にそくしたルール化―レコード・放送 
4.権利の発生と権利保護期間 
(1)権利の発生―無方式主義 
(2)権利の存続と消滅―保護期間 
5.著作権のある著作物の利用 
(1)著作物の利用・原則―利用の許諾 
(2)著作物の利用―自由利用(権利効力の制限) 
(3)著作物の利用―出版権 
6.著作権侵害と権利の救済・罰則 
(1)侵害とみなされる行為 
(2)侵害に対する救済(権利の行使) 
(3)侵害に対する罰則 

example 1 「基本的人権」と「憲法」 
example 2 「検閲」 
example 3 芸術表現の自由と政治 
example 4 民主主義とインターネット社会 
example 5 「石に泳ぐ魚事件」における「出版差止め」 
example 6 マリリン・モンローの肖像権とパブリシティ権 
example 7 美大生にとって身近な肖像権侵害 
example 8 裁判で争われた広告表現規制 
example 9 絵画作品や彫刻作品は「もの」ではない? 
example 10 「商品化権」と「模倣品」 
example 11 知的財産権の動き 
example 12 職務発明 
example 13 権利譲渡の身近な実例
example 14 商標と商号
example 15 建築様式
example 16 ゲームソフトの著作物性
example 17 写真から描きおこした絵画は
example 18 写真の被写体の創作性は、どう扱われるのか?
example 19 ソフトウェア(プログラム)は特許と著作権で保護
example 20 原作と作画が別々の作家によってつくられた漫画
example 21 「美術工芸品」と「応用美術品」
example 22 キャラクターと同人誌
example 23 パロディやコラージュは
example 24 「声」に関する権利
example 25 中古ゲームソフトと頒布権・譲渡権
example 26 権利保護期間の終了はその年の末日
example 27 名作映画の二次利用DVD裁判
example 28 アメリカの著作権保護期間延長論争
example 29 パロディ作品と「引用」の限界
example 30 判断はケースバイケース
example 31 レポートを書くための著作権ルール
example 32 著作権の譲渡と出版権について
example 33 インターネット時代の著作権は
索引

 

コメント   トラックバック (1)

父の日ドラマSP「親父の一番長い日」をみた

2009年06月19日 | 映画 TV ドラマ 芸能
この作品はさだまさしさんのヒット曲「親父の一番長い日」の歌詞をモチーフに父親と娘の結婚をめぐる葛藤(かっとう)を描いたドラマである。
父は國村隼、娘は長澤まさみである。
舞台は東京の下町・浅草。ちょうちん屋。昭和の頑固親父で職人の父は娘の結婚のは反対である、恋人(高岡蒼甫)は事故で下半身不随で車イス生活者になる。
感動的なラストで昭和の日本の匂いがするいい作品だった。

出演 長澤まさみ 國村隼 高岡蒼甫 伊藤淳史 仁科亜季子中山忍 小倉久寛 星野知子 銀粉蝶 今野浩喜ほか

さだまさし ベストデビュー30周年記念リマスター盤
さだまさし,さだまさし,渡辺俊幸,山本直純,福田郁次郎,act 21 Tour Band,信田かずお
フォア・レコード

このアイテムの詳細を見る


 
コメント   トラックバック (1)

社会的排除 岩田 正美(いわた・まさみ)著を読んだ 

2009年06月18日 | 
社会的排除―参加の欠如・不確かな帰属 (有斐閣Insight)
岩田 正美
有斐閣

このアイテムの詳細を見る

本書はホームレスやワーキングプア、ネットカフェ難民などの現在進行中の社会問題を”社会的排除”概念の意味と役割を示しながら分析してその包摂の在り方示した書籍である。

目次
はじめに
序 章 社会に参加するということ
第1章 「社会的排除」とは何か
第2章 社会的排除vs.貧困
第3章 社会からの「引きはがし」と「中途半端な接合」──路上ホームレスから見た2つの経路
第4章 若者と社会への「中途半端な接合」──ネットカフェ・ホームレスの場合
第5章 周縁──地域空間と社会的排除
第6章 セーフティネットからの脱落──福祉国家と社会的排除
終 章 社会的包摂のあり方
  あとがき
   引用文献 

  
コメント

郵便不正 「障害者自立支援法制定意識し議員依頼了承」

2009年06月16日 | 障がい者問題
厚労元部長「障害者自立支援法制定意識し議員依頼了承」(朝日新聞) - goo ニュース
上記の記事は下記の通り

2009年6月16日3時3分


 実態のない自称・障害者団体「凛(りん)の会」(現・白山会)を郵便割引制度の適用団体と認めた偽の証明書発行をめぐり、厚生労働省局長(当時課長)の村木厚子容疑者(53)らが逮捕された事件で、民主党国会議員から同会への対応を頼まれたとする当時上司の元障害保健福祉部長(退職)が大阪地検特捜部の任意の聴取に、障害者自立支援法への流れをつくるため、議員の依頼に応じたという趣旨の証言をしていることがわかった。

 特捜部は、証明書偽造の背景に、同法成立に向けて野党の協力を得たいという期待感が同省内で共有されていた疑いがあるとみて、容疑を否認する村木局長を調べている。

 04年当時、厚労省の障害保健福祉部では、元部長や、部下の企画課長だった現在の雇用均等・児童家庭局の村木局長らが、福祉サービス利用者に原則1割の負担を求める障害者自立支援法の成立に向けての責任者として、与野党の国会議員や障害者団体との折衝を続けていたとされる。

 元部長の証言によると、元部長は04年2月ごろ、面識のある民主党幹部の国会議員から「障害者団体の認可の件でよろしく頼む」と電話を受け、村木局長らに「議員絡みだからうまく対応してほしい」と伝えたとされる。

 元部長は、有力議員の依頼に応じることで法案がスムーズに成立することに期待した、などと特捜部に説明しているとされるが、一方で「虚偽の証明書が発行されるとは思わなかった」とも話しているとされる。

 特捜部の調べなどによると、村木局長は元部長から依頼を受けたあと、この国会議員の元私設秘書で凛の会元会長の倉沢邦夫容疑者(73)=虚偽有印公文書作成・同行使の共犯容疑で逮捕=と面会。部下だった企画課係長の上村勉容疑者(39)=同=には、「議員案件」であることから、正規の決裁手続きをしないままでも証明書発行を急ぐよう指示した疑いがある。

 上村係長もその必要を認識したうえで04年6月、偽の証明書を作ったとされる。

 この国会議員の事務所はこれまでの取材に「凛の会は知らない」と関与を全面否定している。障害者自立支援法は結局、05年10月、民主など野党が反対し、自民、公明の賛成多数で成立している=記事終

悪法である障害者自立支援法の成立を熟知している法制度の悪用で反対派を切り崩そうとする構図はわかりやすい。
事実とすればこの事例でも当事者は踏み台にされ利用されただけである。
ちなみに障害者自立支援法は見直しも廃止もされていない。

どうなるどうする障害者自立支援法 (障害者の人権とこれからの社会保障)

かもがわ出版

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント   トラックバック (1)

映画 亡国のイージス をみた

2009年06月15日 | 映画 TV ドラマ 芸能
亡国のイージス [DVD]

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

昨日テレビ朝日系日曜洋画劇場で亡国のイージスをみた。邦画である
亡国とは日本国のことだ。イージスは海上自衛隊の護衛艦だ。
原作は福井晴敏さんの日本推理作家協会賞・日本冒険小説協会大賞・大藪春彦賞の3賞を受賞している小説だ。防衛庁、海上自衛隊、航空自衛隊の協力を得て実現した本物のイージス艦と海などのシーンはTVでみても迫力があった。
ストーリー展開とキャストも最高だ。

【出演】真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一、勝地涼、チェ・ミンソ、安藤政信、原田芳雄、他 

監督 阪本順治 製作年 : 2005年 


 

亡国のイージス 上 講談社文庫
福井 晴敏
講談社

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント   トラックバック (3)

TBS系ドラマ ぼくの妹

2009年06月13日 | 映画 TV ドラマ 芸能
今まででチャンと見たのは第1話と7、八話だ。はらはらするおもしろさがある。
幼い頃に両親を亡くした性格が正反対の兄妹の話だ。
エリート外科医の兄(オダギリジョー)のなよなよとした、頼りなさそうな感じと
天真爛漫で活発な妹(長澤まさみ)の対比がよい。
千原ジュニアの怪しさもおもしろい。
ドラマのバックで流れる音楽と主題歌も心地よい。

ぼくの妹 DVD-BOX

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る
 

ふたり
いきものがかり,水野良樹,山下穂尊,島田昌典,江口亮,クラッシャー木村
ERJ

このアイテムの詳細を見る
 

オダギリズム
オダギリ ジョー
美術出版社

このアイテムの詳細を見る
 

長澤まさみ smart
長澤 まさみ
宝島社

このアイテムの詳細を見る
 

14歳 (MouRa)
千原 ジュニア
講談社

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント   トラックバック (1)

鳩山総務相 事実上の更迭

2009年06月12日 | 政治
鳩山総務相が辞任 郵政社長人事めぐり引責(朝日新聞) - goo ニュース
鳩山総務相は日本郵政社長人事をめぐる混乱の責任をとって、麻生首相に辞表を提出した。

鳩山総務相は、麻生首相との会談後、官邸内で記者団に対し、「世の中は正しいことが通らない時があるとの思いだ。今の政治は正しいことを言っても認められないことがある。正しいことが通用しないなら、潔く去ることがいい」と辞任に至った胸中を語った。
前鳩山総務相が指摘するようにかんぽの宿売却問題や「郵便法違反事件」などにでの西川善文氏の社長としての責任は明白である。
麻生首相が今日、盟友の鳩山総務相事実上の更迭したことは”小泉、利権優遇、格差拡大改革”を続行に舵を切る ことを示したと理解できる。
今回も麻生首相はリーダーシップの欠落を露呈した。
せめて”喧嘩両成敗”の政治判断を示すべきだった。

日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)
飯尾 潤
中央公論新社

このアイテムの詳細を見る
 

 

コメント (1)   トラックバック (1)

「おふくろ先生の診療日記2・一枚の葉っぱが生んだ奇跡の物語~夕張から徳島へ…をみた

2009年06月10日 | 映画 TV ドラマ 芸能
この作品は徳島県の上勝町(かみかつちょう)の”葉っぱ”ビジネスと町おこしの実話をモチーフにドラマ化したJNN50周年特番だった。
上勝町の”葉っぱ”ビジネスは全国的に注目を集めている。
その映像化として楽しくみた。
阿波弁も違和感がなかった。
美しい自然が映し出されてそこに生きる人達が生き生きとおもしろく描かれていた。

出演 野際陽子 佐野泰臣 小林稔侍 小市慢太郎 泉ピン子 森脇英理子 ほか

そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生
横石 知二
ソフトバンククリエイティブ

このアイテムの詳細を見る
 

いろどり おばあちゃんたちの葉っぱビジネス
立木 さとみ
立木写真舘

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント   トラックバック (2)

小泉純一郎と竹中平蔵の罪 佐高 信(サタカ マコト)著を読んだ

2009年06月09日 | 
小泉純一郎と竹中平蔵の罪 佐高信の政経外科XI
佐高 信
毎日新聞社

このアイテムの詳細を見る

本書は”小泉純一郎と竹中平蔵の罪”とのタイトルに惹かれて読んだ。
全編おもしろい
第1章はギルティ・ペアの小泉と竹中は書き下ろし後は「サンデー毎日」の政経外科をあわせた評論
第2章のタレント文化人筆刀両断「創」から
第3章の抵抗人名録(迫川尚子;高野廣志などは「週刊金曜日」から
第4章 政経外科は「サンデー毎日」から
第5章 風速計「週刊金曜日」から
第6章 筆刀直評日記「月刊社会民主」から
いづれも痛快な論評である。

佐高信の辛口100社事典
佐高 信
七つ森書館

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント   トラックバック (1)