僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

闘う書評 福田 和也 (フクダ・カズヤ)著を読んだ

2008年09月30日 | 
闘う書評
福田 和也
新潮社

このアイテムの詳細を見る

本書は週刊新潮に書かれた時評をセレクトして加筆改正した本である。
著者についてはほとんど知らない。週刊新潮も読んでいない。

”世の中ちかごろ、手ぬるい書評ばかりじゃありませんか? 天下御免の本音批評!”とのキャチコピーに惹かれて読んだ。
目次は以下のとうり。
第1章 文学賞と死者の値うち(賞は興行というけれど―第百三十回芥川賞『蛇にピアス』金原ひとみ『蹴りたい背中』綿矢りさ;相対的に賢明な選択―第百三十一回芥川賞『介護入門』モブ・ノリオ ほか);
第2章 話題作、さて、ホンモノかニセモノか(二村永爾、十九年ぶりの復活!―『ロング・グッドバイ』矢作俊彦;ステロタイプもここまでくると…―『半島を出よ』村上龍 ほか);
第3章 「下流社会」化する日本で(大勲位の核武装提言―「21世紀の日本の国家像について」世界平和研究所;一億総中流社会は完全に崩壊した―『下流社会』三浦展 ほか);
第4章 仮想敵、中国・北朝鮮・アメリカを読む(とりあえず「猛からず路線」で―『中国外交の新思考』王逸舟;金正日は能力が高いらしい―『対北朝鮮・中国機密ファイル』欧陽善/富坂聰・編 ほか);
第5章 「フラットな世界」を生き抜くために(この『ギャツビー』が読みたかった!―『グレート・ギャツビー』S・フィッツジェラルド;「平凡」な会計士の仕事なら世界中どこでもできる―『フラット化する世界』T・フリードマン ほか)

特に面白かったのは第三章であった。 










コメント   トラックバック (1)

みんなが知らないお金の「仕組み」 

2008年09月29日 | プレスブログ
お金の教養ーみんなが知らないお金の「仕組み」
泉 正人
大和書房

このアイテムの詳細を見る

世の中で金の悩みの無い人はいないだろう~と思う。
ある人はある人なりに、無い人は深刻で命に関わる時もある。
僕も何時も悩んでいる。いちばん悔しいのは金融機関でお金を引き出して直ぐにサイフと一緒にに落とした時だ。それから街やネットの買い物で失敗した時。嬉しいのは臨時収入だ。
一般的には大きいのはやはりマイホームなどの不動産や資産運用の失敗だ。

本書はベストセラー『「仕組み」仕事術』の著者・泉正人さんが、「豊かで不安のないライフスタイルを送くり、正しいお金の知識を身につける」ことを目的に、お金というものについて教えてくれる本のようだ。

くわしくは右サイト 「お金の教養」

 

コメント   トラックバック (2)

映画 Life 天国で君に逢えたら をみた

2008年09月29日 | 映画 TV ドラマ 芸能
Life天国で君に逢えたら スタンダード・エディション

東宝

このアイテムの詳細を見る

この作品は8年間ワールドカップに出場し続けたプロウインドサーファー、飯島夏樹さんの「ガンに生かされて」を映像化したドキュメンタリー的な作品だ。

飯島夏樹( 大沢たかお)と寛子(伊東美咲)の出合いから結婚。子育て、闘病生活が連れ合いと子供の目から描かれている。
感動的で希望がわいてくる映画だ。


 

出演: 大沢たかお / 伊東美咲 / 真矢みき / 袴田吉彦 / 川島海荷 / 石丸謙二郎 / 哀川翔 ほか
監督: 新城毅彦 製作: 2007年

ガンに生かされて (新潮文庫 い 82-2)
飯島 夏樹
新潮社

このアイテムの詳細を見る
 

Lifeパパは心の中にいる
飯島 寛子
新潮社

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント   トラックバック (3)

中山成彬国土交通相辞表提出

2008年09月28日 | 政治
日教組批判は「確信犯」=辞任会見で自画自賛-中山氏(時事通信) - goo ニュース
本音を語った大臣は辞任した。
賢明な内閣総理大臣は任命前から辞任した大臣の本音は理解していただろう。
賢明な国民の審判はもうすぐだ。 

日本型ポピュリズム―政治への期待と幻滅 (中公新書)
大嶽 秀夫
中央公論新社

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント (1)   トラックバック (1)

十五才 学校IV をみた

2008年09月26日 | 映画 TV ドラマ 芸能
十五才 学校IV

松竹ホームビデオ

このアイテムの詳細を見る


この作品は山田洋次監督の{学校」シリーズの第四作である。
NHKBS放送で毎日夜に放映された全作品を見た。
本作品には{学校」は登場しない。
主人公は不登校の中学3年生15歳の・川島大介(金井勇太)がヒッチハイクの旅で出会う人々に学び成長するようすを描いた青春ロードムービーである、
面白かったのは丹波哲郎扮する「バイカルの鉄」とのカラミのシーンだ。

出演
金井勇太 麻実れい 赤井英和 秋野暢子 笹野高史 梅垣義明 大沢龍太郎 小林稔侍 丹波哲郎 高田聖子 前田吟 中村梅雀 犬塚弘 桜井センリ 蛭子能収 余貴美子 ほか
製作年 : 2000年  

 

 



コメント   トラックバック (3)

映画 学校 III をみた

2008年09月25日 | 映画 TV ドラマ 芸能
学校III

松竹ホームビデオ

このアイテムの詳細を見る

この作品は山田洋次監督の{学校」シリーズの第三作

学校IIIの舞台は職業訓練校である。
当人の意思に反して職場を止めなければならなかった中年の生徒達を描いている。
人生の再出発をかけてそこにかよう人達のの心の触れ合いと置かれている現実を描いている。
中心に自閉症の息子を持つシングルマザーの中年女性(大竹しのぶ)とリストラされた男性(小林稔侍)のふれあいをヒューマンに描いているのがよかった。
自閉症の息子部分の原作は「トミーの夕陽」(鶴島緋沙子著)らしい。

出演
大竹しのぶ 黒田勇樹 小林稔侍 ケーシー高峰 吉岡秀隆 田中邦衛 笹野高史 寺田農 余貴美子 さだまさし 秋野暢子 中村メイコ 小林克也 鶴田忍 伊藤淳史 ほか
製作年 : 1998年  
トミーの夕陽
鶴島 緋沙子
柘植書房新社

このアイテムの詳細を見る
 


 
コメント

茨城県「ひたちなか地区」 

2008年09月25日 | プレスブログ
 

茨城県の「ひたちなか地区」がネットで地域広告を展開中だ。
ちょっときになって下記のサイトをのぞいて見た。
「ひたちなか地区」
そこでリリース・サイトを見てひたちなか地区の紹介とぼくが楽しそうだと思ったところを書き残しておきたい。
場所は「水戸」から東へ約10キロ、東京(上野)からの所要時間は、車でも電車でも約70分。太平洋に面した広大なスケールの開発地のようだ。
高速道路に直結していて「常陸那珂港(ひたちなかこう)」や、「国営ひたち海浜公園」など、とロック・イン・ジャパン・フェスティバルなどのイベントも開催されている。
この環境は「ビジネス」と「プレジャー」が心地よく楽しめそうだ。
茨城県で考えれば四国の徳島に住む僕のイメージは水戸納豆とテレビの黄門様しか浮かばない。が見直した。

茨城県の山 (新・分県登山ガイド)
武村 岳男
山と溪谷社

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント   トラックバック (1)

映画 学校II をみた

2008年09月24日 | 映画 TV ドラマ 芸能
学校II

松竹ホームビデオ

このアイテムの詳細を見る

この作品は山田洋次監督の{学校」シリーズの第二作

この作品の舞台は北海道の養護学校(現在の特別支援学校) 
生徒と教師の心の交流を、就職問題等を入学から卒業までの、3年間通じて教育の現場と生徒を描いた作品 
この映画を見ながら卒業後の生徒の未来を思った。映画の中で教師が指摘すように厳しい差別と偏見が渦巻いている。
1979年に養護学校を義務化した文部省は養護学校の中では生徒とには障がい者差別の現実と闘いかたを教えてこなかった。残念な現実だ。

出演: 西田敏行 / 吉岡秀隆 / 中村富十郎 / いしだあゆみ / 永瀬正敏ほか
製作: 1996年 

 
 
コメント

映画 学校 をみた

2008年09月24日 | 映画 TV ドラマ 芸能
学校

松竹ホームビデオ

このアイテムの詳細を見る

この作品の舞台は夜間中学である。
そこには在日韓国人の女性肉体労働で働く少年、ツッパリ少女、父は中国人、母は日本人で五年前に中国から移住してきた青年、自閉症で登校拒否児だった少女などさまざまな職業、年齢の生徒たちが通っている。
一人のクラスメイトの死を通じて教育、授業、学ぶこと幸福などについてクラスで考える。
山田洋次監督の{学校」シリーズの第一作

出演: 西田敏行 / 竹下景子 / 萩原聖人 / 中江有里 / 裕木奈江 / 渥美清 / 田中邦衛ほか
 製作: 1993年

 
コメント

王監督退任 ユニホーム脱ぐ

2008年09月23日 | スポーツ
王監督、今季限りで退任 胃を全摘出、体調戻らず(共同通信) - goo ニュース
プロ野球ソフトバンクの王貞治監督(68)が9月23日に今季限りで退任すると発表した。
王貞治監督はソフトバンクの監督として計19年。現役時代は巨人の選手として通算本塁打数868本などで世界の王とよばれた。
僕は子供のころ王選手をみて憧れたものでした。2006年、がんで胃の摘出手術した時は心配していましたが復帰して安心していました。
ゆっくり休んでください。
王貞治壮絶なる闘い
江尻 良文
竹書房

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント   トラックバック (1)

メディア・リテラシー入門 池上 彰(イケガミ アキラ)著を読んだ

2008年09月22日 | 
池上彰のメディア・リテラシー入門
池上 彰
オクムラ書店

このアイテムの詳細を見る

本書は32年間NHKで記者として活躍して1994(平成6)に始まった「週刊こどもニュース」でおとうさん役をつとめた池上 彰さんが書いたテレビ、新聞、インターネットなどのメディアとのつき合い方を書いた書物である。
内容は懇切丁寧でコンパクトにまとめてあり大人にもわわりやすい。
業界の裏話も書いてあり面白い。
あふれる情報から「真実」を読み取りだまされないために役に立つ本だ。

目次
第1部 メディア・リテラシー入門(テレビとのつき合い方
新聞とのつき合い方
広告代理店とPR会社
インターネットとのつき合い方)

第2部 メディアのウラバナシ(だまされないためのメディア・リテラシー
海外ニュースの報道を考える
テレビの世界をご案内) 


 

コメント   トラックバック (3)

フジテレビ系ドラマSP『なでしこ隊~少女達だけが見た「特攻隊」封印された23日間~』をみた

2008年09月21日 | 映画 TV ドラマ 芸能
2008年9月20日にフジテレビ系列で21時から放送された千の風になってドラマSP『なでしこ隊』をみた。

ドラマスペシャルといっても第2次大戦末期、特攻隊員への奉仕を命じられた「なでしこ隊」の生存者本人も番組本編中に登場する。
当時の日記を基にした特攻隊の真実に迫まったドキュメンタリードラマだった。
前田笙子さんの「特攻日記」を基に創られたようだ。
当時の写真や映像、そして恋文など、、、
戦争が引き起こす悲惨を感得して何度も涙をながしながら見た。
出演】成海璃子、成宮寛貴、薬師丸ひろ子、和久井映見、中田喜子 手塚理美
勝村政信 、夏八木勲、ほか

特攻の町・知覧―最前線基地を彩った日本人の生と死 (光人社ノンフィクション文庫 529)
佐藤 早苗
光人社

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント (1)   トラックバック (2)

映画 チャーリーズ・エンジェル をみた

2008年09月20日 | 映画 TV ドラマ 芸能
チャーリーズ・エンジェル コレクターズ・エディション

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

70年代にTVシリーズをワクワクして見ていた。久しぶり映画をみた。
痛快に3人の美女が暴れれまくるアクションムービーだ

 
コメント

市川準(いちかわ・じゅん) 監督死去 59歳

2008年09月19日 | おくやみ
市川準監督死去=映画「東京夜曲」など-人気CMも演出(時事通信) - goo ニュース
上記のニュースなどによるとCM界出身で映画監督の市川準(いちかわ・じゅん)さんが最新作の中編「buy a suit スーツを買う」の編集作業後、食事中に突然倒れて亡くなったらしい。59歳だった。 たいへんおどろいた。

心からご冥福を御祈りいたします。

市川準監督は「東京兄妹」でベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞、「東京夜曲」で第12回高崎映画祭監督賞 モントリオール世界映画祭最優秀監督賞、村上春樹原作の「トニー滝谷」でロカルノ国際映画祭審査員特別賞、1991年の『つぐみ』で 第45回毎日映画コンクール監督賞などを受賞している。

トニー滝谷 プレミアム・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
 

 

コメント   トラックバック (2)

沢田研二は還暦を過ぎてもセクシーだ

2008年09月18日 | 映画 TV ドラマ 芸能
沢田研二 -  時の過ぎゆくままに   (1975)

NHKのSONGSにジュリー(沢田研二)がでていた。
ジュリーはグループ・サウンズ”ザ・タイガース”{僕のマリー}でデビューした。
ジュリーも今年還暦だそうだ。還暦記念の「人間60年・ジュリー祭り」のドームコンサート開催を予定しているようだ。
役者の沢田研二もたくさん見たがやっぱりジュリーは歌が最高だ。

ロイヤル・ストレート・フラッシュ
山上路夫,阿久悠,安井かずみ,東海林修,船山基紀,大野克夫,宮川泰
ユニバーサルJ

このアイテムの詳細を見る
 

快傑ジュリーの冒険

アート・ユニオン

このアイテムの詳細を見る
 


 


コメント