僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

早急に障害者自立支援法は抜本的見直しを

2007年10月31日 | 障がい者問題

障害者自立支援法の見直し求め6千人集会 東京・日比谷(朝日新聞) - goo ニュース

10月30日に障がい者・家族、関係者らを含め、約6500人の参加で東京(日比谷野外音楽堂)で「今こそ変えよう!『障害者自立支援法』10・30全国大フォーラム」が開かた。

我がブログでは2005年10月に『障害者自立支援法』成立以前から同法に反対してきた。およばずながら問題点をしてきしたつもりだ。

この機会に同法の主な問題点と現状ついて書いておきたい。

従来、福祉・医療サービスは、助成を受ける人の年収によって自己負担金が設定されていた。

それを応能負担から応益負担へとして「当事者の収入ではなく、同居の親族も受けたサービスに応じ、支払い負担を一律1割にする」にた。

そのため障がいが重いほど負担がまし外出や作業所にでかけるのをひかえざるをえないようになり作業所も運営困難でつぶれるところもでている。

当事者の自殺や介護づかれからの心中もかたらるようになっている。

応益負担の考え方が福祉の分野に適当か。親族の負担は適当か。例えば扶養義務は一般的、民法的に二十歳までなのだが、、

また障がい者の職場の雇用や所得保障の問題はどうのようにするのか

 「今こそ変えよう!『障害者自立支援法』10・30全国大フォーラムHP

問題てんこもり! 障害者自立支援法―地域の暮らし、あきらめない
DPI日本会議
解放出版社

このアイテムの詳細を見る
コメント

映画 「涙そうそう 兄ィニィと過ごした日々」 をみた 

2007年10月30日 | 映画 TV ドラマ 芸能
涙そうそう スタンダード・エディション

アミューズソフトエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

この作品はTBS開局50周年記念企画「涙そうそうプロジェクト」の劇場映画版ある。モチーフは歌謡曲「涙そうそう」(作詞:森山良子・作曲:BEGIN)で「涙そうそう」とは沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味である。

物語は切なくまずしい 兄(妻夫木聡)と妹(長澤まさみ)話だ。

まさしく、切なく悲しい映画だ

キャスト 

妻夫木聡 長澤まさみ麻生久美子 塚本高史 中村達也 平良とみ 森下愛子 大森南朋 船越英一郎橋爪 功 小泉今日子 

監督 土井裕泰

妻夫木聡×長澤まさみ『涙そうそう』 photo story book

角川書店

このアイテムの詳細を見る
涙そうそう
京田誠一,吉川忠英,夏川りみ,森山良子,BEGIN,田久保真見
ビクターエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント

岩波書店の「広辞苑」第六版が発売される

2007年10月29日 | 
10年ぶり改訂の広辞苑に「ゲイツ」「SNS」など新収録、「萌え」は見送り (INTERNET Watch) - goo ニュース
岩波書店の「広辞苑」第六版が2008年1月11日に発売される。
第五版から10年ぶりの改訂で第六版では、新たに10,000語を収録、総収録項目数は24万に上る。価格は普通版が8,400円(2008年6月30日までは7,875円)、机上版が13,650円(同12,600円)、DVD-ROM版が10,500円。である。
買うか。止めるか考え中である。
買うとしたらDVD-ROM版か普通版だがとりあえず普通版にしたい。
「広辞苑」の魅力のひとつは国語辞典と百科事典を兼ね備えたところだ。
岩波書店のHPによれば『広辞苑』が,画期的な辞書として刊行されてから50年余が経ち明治期以降の作品からも的確な用例を掲載して語の構成,原義,語源説について注記を加え,ことばの成り立ちを明らかにして最新の社会情勢や研究成果,調査結果によりさまざまなデータを更新しているらしい。
また第五版で好評だった「漢字・難読語一覧」「アルファベット略語」を大幅増補.その他,日本語に関するさまざまなきまりや解説を収めて,簡便なハンドブックとしても使えるようにして別冊にしたようだ。
予約は11月3日からで予約すると予約特典がもらえるそうだ。
持ち運びが重いのでネットで買いたい。
追記
12月12日にアマゾンで注文したので08年の1月中旬には届くらしい。
広辞苑 第六版 (机上版)
新村 出
岩波書店

このアイテムの詳細を見る

広辞苑 第六版 (普通版)
新村 出
岩波書店

このアイテムの詳細を見る

コメント

教科書の集団自決、「軍強制」復活

2007年10月27日 | 社会

「軍強制」復活し来週申請へ 集団自決、教科書執筆者が表明(共同通信) - goo ニュース

沖縄戦の集団自決をめぐる教科書検定問題で「日本軍によって集団自決を強いられた」とする「軍の強制」のの記述を復活させて訂正申請する方針を複数の教科書会社が提出予定だ。

この動きを歓迎したい。、軍の関与はまぎれもないことは争いのない事実だ。

沖縄戦の真実と歪曲
大城 将保
高文研

このアイテムの詳細を見る
コメント (4)

亀田興毅謝罪会見 

2007年10月26日 | スポーツ

興毅が亀田家「新代表」として謝罪会見(日刊スポーツ) - goo ニュース

前WBA世界ライトフライ級王者「亀田3兄弟」の長男興毅氏が協栄ジムの金平会長同席で弟大毅と王者内藤とのWBC世界フライ級タイトルマッチ(11日)以降、初めて謝罪会見で「反則指示」を認め謝罪した。

父の史郎氏は会見には同席しなかった。

ネクタイ姿で冒頭の謝罪は新しい亀田興毅の旅立ちを思わせた。

父をかばう姿に涙した。

父史郎氏は大毅選手と共に再度あやまるべきだ。

スポーツマン亀田興毅選手の今後に期待したい。

疑惑のリング―亀田家の成功と失敗
荘田 健一
スリーエス

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (3)

映画 「ブラッド・ワーク」をみた

2007年10月25日 | 映画 TV ドラマ 芸能
ブラッド・ワーク 特別版

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る

この作品はクリント・イーストウッドが監督、脚本 主演を務めた犯罪サスペンス映画である

原作はマイクル・コナリーの小説『わが心臓の痛み』である。

物語は臓移植を受けた元FBI心理分析官の主人公がみずからの臓器移植に絡む連続殺人事件を追う。

クリント・イーストウッドの存在感と魅力満開の映画である。

キャスト

クリント・イーストウッド、ジェフ・ダニエルズ、ワンダ・デ・ジーザス、ティナ・リフォード、ポール・ロドリゲス、ディラン・ウォルシュ、アンジェリカ・ヒューストン、メイソン・ルセロ、ジェリー・ベッカー、ディナ・イーストウッド

 監督:クリント・イーストウッド

脚本:ブライアン・ヘルゲランド 製作年 : 2002年   

わが心臓の痛み〈上〉 (扶桑社ミステリー)
マイクル コナリー,Michael Connelly,古沢 嘉通
扶桑社

このアイテムの詳細を見る
コメント

許せない厚労省の隠蔽体質

2007年10月24日 | 社会

薬害肝炎 厚労省の不作為、再び 患者ら「悪意としか思えない」(産経新聞) - goo ニュース

過去に厚労省は薬害エイズ事件で「行政の不作為」隠蔽体質に対する批判をうけた。

そして今回の 血液製剤による肝炎感染の患者リスト隠しである。

さかのぼれば薬害スモン、薬害サリドマイドなど多くの事件で人の「命」を軽視する体質がづいているように思える。

厚生省薬害史―行政の歪が見えてくる!厚生省薬事関連訴訟の軌跡 (三一新書)
富家 孝
三一書房

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (4)

吉田拓郎の全国ツアーを中止は残念だ

2007年10月23日 | 映画 TV ドラマ 芸能

拓郎が治療専念で全国ツアー中止(日刊スポーツ) - goo ニュース

今日10月23日の徳島公演も中止になった。

僕は徳島市の文化センターの13列33番で楽しむ予定だった。残念だ。

9月30日には熊本市民会館で「今日までそして明日から」や新曲「歩道橋の上で」など、21曲約3時間の復活ライブを成功せていたので期待していた。

慢性気管支炎と胸膜炎ならしかたがない。ゆっくり休んでください。

ライブのDVDでもみます。

<!-- 人生を語らず -->

Forever Young Concert in つま恋

インペリアルレコード

このアイテムの詳細を見る
いつも見ていた広島―小説吉田拓郎 ダウンタウンズ物語
田家 秀樹
小学館

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (1)

今話題のルー大柴さんが、、、

2007年10月22日 | プレスブログ

今話題のルー大柴さんがルー語炸裂で「PFUの」「ScanSnap」(スキャンスナップ)の商品説明をしている。

ルー大柴さんは少し前にブログなどから、再ブレイクした。

彼は1990年代前半にフジテレビ系の笑っていいとも!などにも出演してブレイクしていたがクドイなどと揶揄されてすっかりみかけなくなっていた。

その時とあまり変わっていないと思うのだが、少し歳を重ねて、渋みが増したのかもしれない。少なくても「ルー語」は変わらないように思われる。

しかしルー大柴さんは現在の若者に新鮮に受け止められ爆発したのだろう。

 ルー大柴

ルー大柴さんの動画

ルー大柴さんで一押しぃ~の「PFUの「ScanSnap S300」 はスキャナとして世界最小・最軽量(2007年10月現在)で持ち運びが簡単で操作も!スキャンボタンをワンプッシュするだけで動いく

しかも世界初のUSBバスパワー駆動機能搭載!!で、移動中や外出先など幅広いシーンで利用可能なのがセールスポイントだ。

ルー語大変換
ルー大柴
扶桑社

このアイテムの詳細を見る
コメント

映画「コラテラル」をみた

2007年10月22日 | 映画 TV ドラマ 芸能
コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション

パラマウント ジャパン

このアイテムの詳細を見る

この映画は殺し屋 トム・クルーズと、タクシードライバージェイミー・フォックスの息の合った会話と演技それと、検察官ジェイダ・ピンケット・スミスの美しさがとてもよい。

しかし殺し屋役のトム・クルーズがあまりにも多くの人を残忍に殺してしまうので、途中気分が悪くなるので、注意が必要な映画だ。

とても子供には見させられない作品だ。

出演 

トム・クルーズ 、ジェイミー・フォックス 、ジェイダ・ピンケット=スミス 、マーク・ラファロ 、ピーター・バーグ 、ブルース・マッギル

監督 マイケル・マン  製作年 : 2004年 製作国 : 米国

コメント   トラックバック (1)

映画「容疑者 室井慎次」をみた

2007年10月21日 | 映画 TV ドラマ 芸能
容疑者 室井慎次 プレミアム・エディション

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

この映画はフジテレビの人気TVドラマ『踊る大捜査線』シリーズの登場人物であった柳葉敏郎演じる課管理官 警視正室井慎次が主人公にしたリーガルサスペンス映画である。

はなしは警視正室井慎次が、警視庁と警察庁の権力争いに巻き込まれて『特別公務員暴行陵虐罪の共謀共同正犯』の容疑で逮捕されてしまうとこらからはじまる。

おもしろいのは法の罠に翻弄される室井慎次をはさむ田中麗奈扮する新米弁護士と名うての弁護士集団を率いる灰原弁護士(八嶋智人)の対決である。

 【出演】

柳葉敏郎/田中麗奈/哀川翔/八嶋智人/吹越満/佐野史郎/柄本明/真矢みき/筧利夫 

 監督 君塚良一 製作年度 2005年

コメント   トラックバック (1)

映画 「交渉人 真下正義」をみた

2007年10月20日 | 映画 TV ドラマ 芸能
交渉人 真下正義 スタンダード・エディション

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

この映画はフジテレビの人気TVドラマ『踊る大捜査線』シリーズのいち登場人物であった真下正義を主人公にした映画である。

内容は地下鉄を舞台に都市型テロを描いたサスペンスアクションものである。

見所は犯人と交渉人 真下正義のオタク対決だが

良かったのは課特殊犯捜査一係(SIT)係長 警視の 寺島進と地下鉄の総合司令室 総合指令長の國村隼である。

出演

 ユースケ・サンタマリア 寺島進 小泉孝太郎 高杉亘 松重豊 甲本雅裕 遠山俊也 柳葉敏郎 水野美紀

監督本広克行 製作年 : 2005年

コメント   トラックバック (1)

木原 光知子(きはら・みちこ)さん死亡 59歳

2007年10月19日 | おくやみ

木原光知子さんプールで意識失い急逝(スポーツニッポン) - goo ニュース

木原 光知子さん(きはら・みちこ=東京五輪競泳代表、タレント、)が10月18日、くも膜下出血のため、神奈川県平塚市の病院で死去した 59歳だった。

心からご冥福を御祈りいたします。 

木原 光知子さんは岡山市出身で1964年高校生の時東京五輪に出場し、女子400mメドレーリレーで4位入賞した。

日大在学中に競技を引退してドラマやバラエティー番組などで活躍。

2005年には日本水泳連盟理事に就任。水泳指導を行い、自らも選手としてマスターズ水泳の普及、発展にも貢献した。 

水を得た女たち
木原 光知子
法研

このアイテムの詳細を見る
コメント

映画 「グラスハウス」をみた

2007年10月19日 | 映画 TV ドラマ 芸能
グラスハウス

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

この作品は良質のサスペンス映画である。

主人公は女子高生・ルビー(リリー・ソビエスキー)である。

交通事故で両親を失う。姉弟には400万ドルの遺産が入る。

ルビーと弟のレットは隣人だったグラス夫妻に引き取られる。

親切そうに見えた夫妻は借金を抱えていた 

出演 リーリー・ソビエスキー/ダイアン・レイン/ステラン・スカルスガルド/ブルース・ダーン/トレヴァー・モーガン/キャシー・ベイカー/リタ・ウィルソン/クリス・ノース/マイケル・オキーフ/アグネス・ブルックナー/ヴィト・ルギニス  監督 ダニエル・サックハイム  製作年 : 2001年 製作国 : アメリカ

コメント

映画 「クワイエットルームにようこそ」も楽しみだ

2007年10月18日 | 映画 TV ドラマ 芸能

クワイエットルームにようこそ - goo 映画 

この映画の原作は松尾スズキ監督が書いた 06年度134回芥川賞にノミネートされた松尾自身の作品で脚本も自ら書き下ろし映画化した。

予告編とメイキング映像をみたがすごく楽しそうにイキイキとやっている。

クワイエットルームは、女子だらけの閉鎖病棟である。

この映画のおもしさののひとつは、そこで繰り広げられるコミカルだが真実味ある女優人の存在感のある演技である。

キャスト

内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、妻夫木聡、大竹しのぶ、箕輪はるか(ハリセンボン)、塚本晋也、中村優子、高橋真唯、馬渕英俚可、筒井真理子、宍戸美和公、平岩紙 

 監督・脚本 松尾スズキ 2007年10月20日公開 

クワイエットルームにようこそ (文春文庫 ま 17-3)
松尾 スズキ
文藝春秋

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (1)