僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

07年ミス・ユニバースで森理世さんが優勝

2007年05月31日 | 社会

  2007年ミス・ユニバース・コンテストが、メキシコ市で開かれ、日本代表の森理世さん(20)=静岡市出身=が優勝した。

06年のコンテストでは知花くららさん=那覇市出身=が2位に輝いている。

日本人の優勝は1959年の児島明子さん以来初めての快挙である。

48年ぶりに世界一の美女の誕生である。 

大人の女のキレイ講座―からだの中と外から美人になれる、ナチュラルな95の知恵

PHP研究所

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (3)

「GyaO NEXT(ギャオネクスト)の紹介 

2007年05月30日 | プレスブログ

ぼくは無料動画映画のサイトGyaOをよく利用している。

そのGyaOが6月1日から新しいサービス開始」する。

具体的には究極の定額ビデオ見放題サービスなのだ。

自宅のテレビで、映画から韓国ドラマ、名作アニメ、カラオケなど約15,000タイトルを好きなとき見たいときに、好きなだけ見れる。

利点はレンタルビデオショップまでビデオを返却に行く時間や、交通機関での混雑や運転のわずらわしさから解放される、

途中の事故や事件に巻き込まれる可能性がなくなる。おき忘れとか、

返し忘れの心配がなくなる。

せっかく出かけてもレンタル中で借りられなくて、がっかりする。ことがなくなる。などがある。

ブロードバンド環境とテレビがあればご利用可能で、

 2007年6月1日から2007年6月30日でキャンペーン期間だ。

くわしくは下記サイトで、

 「GyaO NEXT(ギャオネクスト)のサイト

GyaO Magazine (ギャオマガジン) 2007年 07月号 [雑誌]

USEN

このアイテムの詳細を見る

 

コメント   トラックバック (1)

映画 阿弥陀堂だより を観た

2007年05月29日 | 映画 TV ドラマ 芸能
阿弥陀堂だより

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
<!-- 阿弥陀堂だより 映画 -->

この映画は大学病院で働いていた女医(樋口可南子 )がパニック障害を患い、夫(寺尾聰 )の故郷である信州に移り住んで、無医村である現地で、医療をつづけて、その自然や住民とふれあい生きる喜びを取り戻していく物語だある。

人間と自然。命について描いた秀作である。

ロケ地は長野県。四季が美しく撮られている。

監督は小泉堯史。

キャストは寺尾聰 、樋口可南子 、北林谷栄 、小西真奈美 、吉岡秀隆 、田村高廣 、香川京子 、井川比佐志

2002年作品 

原作は南木佳士「阿弥陀堂だより」 

阿弥陀堂だより

文藝春秋

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (6)

経済データの読み方(新版) 鈴木 正俊著を読んだ

2007年05月28日 | 
経済データの読み方

岩波書店

このアイテムの詳細を見る

この本は日々発表される主な経済指標(成長率・予算・日銀短観・株価・金利・賃金・失業率・国際収支など)に着目しそのデータの解説と分析をとうして日本経済の全体像の理解を容易にする新書である。

以下目次

 I 日本経済は、いま——新しい成長のスタート台に立って

GDPなど

 II 景気の見方——現状を知り、先を見通す

月例経済報告など

III 財政・金融——経済政策の有効性を問う

IV 国民生活——格差拡大のなかの暮らし

V 物価——金融政策の重要指標

VI 雇用・賃金——暮らし向きはどう変わる

VII 国際貿易・通貨——国際競争力を維持できるか   2006年12月発行

コメント

ZARDのボーカル坂井 泉水(イズミ)さん 死亡40歳

2007年05月28日 | おくやみ
Golden Best ~15th Anniversary~ (通常盤)
ZARD
ビーグラムレコーズ

このアイテムの詳細を見る

所属事務所のHPやマスコミによると、、ZARDのボーカルで作詞家の坂井泉水が、5月27日の事故による脳挫傷の為東京都内の病院で亡くなった。40歳だった。

心からご冥福を御祈りいたします。

坂井さんは昨年6月、子宮頸(けい)がんを患って以降、都内の病院への入退院を繰り返していたらしい。今年4月には子宮頸癌の肺転移が認められ、再入院していたようだ。

坂井さんは、モデルとして活動していた91年に、「Good‐bye My Loneliness」でデビューして。「揺れる想い」や「負けないで」などが大ヒットした。また、作詞家としてテレサ・テンさんの「あなたと共に生きてゆく」やDEENの「瞳そらさないで」などのヒット曲を生んだ。

僕は、年齢も病気も今日知りました。が透明な歌声と綺麗な姿が大好きでした。

Le Portfolio 1991-2006

ビーヴィジョン

このアイテムの詳細を見る
コメント

水色リボンで自立支援法に反対のアピールを!

2007年05月27日 | 障がい者問題

 

5月24日から「gooブログ」で、ブログ上に地図や動画を簡単に貼り付けられる機能を追加 された。

そこで我がブログでは上記の動画に賛同して障害者自立支援法に反対の意思を継続強化することにした。

7月に予定される国政選挙には障害者自立支援法を可決成立させた自民党、公明党などの反省を求める国民の賢明な判断がくだされることを望んでいる。

障害者自立支援法と人間らしく生きる権利

かもがわ出版

このアイテムの詳細を見る
2005★GOD Presents ROMANCE GRAY 35

ユニバーサルJ

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (5)

カラダにピースのカルピスは創立90周年

2007年05月26日 | プレスブログ

カラダにピースのカルピス株式会社は今年創立90周年をむかえる。

2007年新CMに長澤まさみさんが登場している。

カルピス新企業スローガンのサイトからCMはもちろん。長澤まさみさんからのメッセ-ジやCMメイキング。カルピスウォーターのwebオリジナルムービーもみられる。

これが特におもしろい。家族で行けるハワイの旅プレゼントもある。 

もちろん観るだけで、ちょっと元気になれるかもしれない 元気じゃないと●●できない劇場もカナリ楽しめる。

特にコブタ研究のショートムービーがおもしろい。

興味をお持ちの人は カルピス新企業スローガン発表サイトをチェック! だ。

同サイトでは“カラダにピース”のエピソードも大募集している。

優秀作品はプレミアム「カルピス」ギフト」がもらえてサイトで発表とラジオCMになってしまうかもしれない。

Summertime blue―長澤まさみ写真集

学習研究社

このアイテムの詳細を見る
「カルピス」の忘れられないいい話―感動の公募エッセイ集

集英社

このアイテムの詳細を見る
涙そうそう スタンダード・エディション

アミューズソフトエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (1)

「障害者自立支援法」は「心中支援法」という天下の悪法:だ  週刊現代 に注目 

2007年05月25日 | 障がい者問題

週刊現代 [ 2007年06月02日号]にはぐれ記者、福祉崩壊列島を往くージャーナリスト・中里憲保による  美名の新法「障害者自立支援法」は「心中支援法」という天下の悪法だ!との記事が掲載されている。

我がブログでは障害者自立支援法の成立時に障がい(児)者殺し、心中、自殺などが、増えなる可能性について、指摘しておいた。

障害者自立支援法はー 憲法違反の可能性が強い

週刊現代 の記事によると家族心中の事例として、埼玉県草加市の72歳の父が32歳の障がい者を殺害した事件や

熊本県の障がい当事者の餓死、事案や福島県の餓死事例が書かれている。

残念ながら我がブログの心配が現実化している。

同渾身ルポでは福祉や介護かかわる大手悪徳業者なども追及している。福祉行政の欺瞞性を明らかにしている。

障害者とその家族が自立するとき―「障害者自立支援法」批判

創風社

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (2)

社会派映画監督 熊井啓さん 死去76歳

2007年05月23日 | おくやみ
日本の黒い夏―冤罪・松本サリン事件

岩波書店

このアイテムの詳細を見る

日本を代表する社会派の映画監督の熊井啓(くまい・けい)さんが5月23日にくも膜下出血のため東京都内の病院で亡くなった。76歳だった。

心からご冥福を御祈りいたします。

 熊井監督は信州大卒業後して1954年に日活に入社した。

1964年、帝銀事件をドキュメンタリー風に描いた「帝銀事件 死刑囚」で監督デビューした。

三船敏郎さんと石原裕次郎さん主演の「黒部の太陽」(68年)が大ヒットした。

「サンダカン八番娼館 望郷」(74年)では、「からゆきさん」の悲劇を描いて、主演の田中絹代さんがベルリン国際映画祭・女優賞を受けた。

そして戦後史の事件を検証した「日本の熱い日々 謀殺・下山事件(1981年)を撮った。

戦中の米軍捕虜生体実験を描いた「海と毒薬」(86年)はベルリン国際映画祭・審査員特別大賞を受賞。

2001年には松本サリン事件を題材にした「日本の黒い夏 冤罪(えんざい)」では、冤罪を招いた捜査と報道の在り方を問い、話題を集めた。 

文芸作品としては三浦哲郎さん原作の「忍ぶ川」(1972年)などを撮った。

サンダカン八番娼館 望郷

東宝

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (8)

メディアと政治 (有斐閣アルマ)を読んだ

2007年05月23日 | 
メディアと政治

有斐閣

このアイテムの詳細を見る

この本は蒲島郁夫(かばしま いくお)政治学者 竹下俊郎(たけした としお)社会学者芹川洋一(せりかわ よういち)ジャーナリストの共同作業によって著された。

理論、実際、変化の三編で書かれている。

今日のメディアと政治と世論との関係の在り様や 政治取材の方法や制作過程と投票行動への影響。などネット事情も含め、多元的に現代の政治と メディアを考察した良書である。

以下目次

はしがき=蒲島郁夫

第1部 理論篇 

第1章 メディアと政治=竹下俊郎 

第2章 モデルの提起──メディア多元主義=蒲島郁夫 

第3章 メディアの自由に対する制約=竹下俊郎・蒲島郁夫 

第4章 メディアの政治的影響=竹下俊郎 

第5章 メディアと世論=竹下俊郎

第2部 実際篇

第6章 政治取材はどう行われているか=芹川洋一 

第7章 日本におけるニュース制作過程=芹川洋一 

第8章 テレビ政治と雑誌政局=芹川洋一

第3部 変化篇

第9章 マスメディア,党首評価,投票行動=蒲島郁夫 

第10章 変わるメディアと変わる政治=蒲島郁夫 

第11章 ネットと政治=芹川洋一・竹下俊郎 

2007年2月発行。

コメント

 だます心だまされる心  安斎育郎著 を読んだ

2007年05月22日 | 
だます心 だまされる心

岩波書店

このアイテムの詳細を見る

この新書はねずみ講のような悪徳商法や政策誘導のための「だまし」そして実生活にひそむ思い込みと欲得の落とし穴につこんだ振り込め詐欺。

霊視商法や霊とカリスマの世界をかたる詐欺事例など犯罪や政治的意図が隠されている例の解析から、

手品やトリックでつかわれる「だまし」のや文学・芸術の中の「だまし」としてのユーモアあふれるウソまで、の「だましの論理」を分析した書物である。

悪質商法やマルチ商法変なインチキ カルト宗教などにだまされないために役に立つ本である。

</iframe>

</iframe>
コメント   トラックバック (3)

米倉涼子さん今度は「肩ごしの恋人」の主演 

2007年05月21日 | 映画 TV ドラマ 芸能

米倉涼子 今度は等身大?で幸せ模索(スポーツニッポン) - goo ニュース

上記の記事によれば、唯川恵さんの直木賞受賞作「肩ごしの恋人」が米倉涼子さん主演で連続ドラマ化されるようだ。

 TBS系で7月5日からの木曜午後10時台にされる放送ようだ。

役どころはOLの早坂萌役で恋人とは真正面から向き合えず、16歳の高校生と奇妙な共同生活を開始して肉体関係を持ってしまい、妊娠する複雑な役らしい。

僕は米倉涼子さんのファンなので出演するTVや映画はほとんどみているがやはり、松本清張作品の悪女役のイメージがつよい。

今度の作品も若村麻由美さんとは共演するようだ。今度のドラマも楽しみだ。

digi+KISHIN DVD 米倉涼子

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る
肩ごしの恋人

集英社

このアイテムの詳細を見る
コメント

映画 博士の愛した数式 を観た

2007年05月20日 | 映画 TV ドラマ 芸能
博士の愛した数式

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

人間味のある。心温まる、すがすがしい。いい映画だった。

映画の中身は事故により、新しい記憶が80分しか持続しないようになってしまった数学の博士(寺尾聰)の家庭に派遣されたシングルマザーの家政婦(深津絵里 )とその息子の話である。

大人になって数学の教師になった息子(吉岡秀隆 )が高校生に当時の様子をかたる。

監督は小泉堯史。

原作は小川洋子「博士の愛した数式」本屋大賞受賞。

博士の愛した数式

新潮社

このアイテムの詳細を見る
コメント

映画 パッチギ! を観た。

2007年05月19日 | 映画 TV ドラマ 芸能
パッチギ! (特別価格版)

ハピネット・ピクチャーズ

このアイテムの詳細を見る

この映画は第79回キネマ旬報ベスト・テン 日本映画1位 第60回毎日映画コンクール 第48回朝日ベストテン映画祭 日本映画1位 第29回日本アカデミー賞  優秀作品賞などを受賞している。

この映画は松山猛さんの著作『少年Mのイムジン河』をベースにしている。

舞台は1968年の京都で日本人の高校生と朝鮮高校生の交流を中心にして青春群像をえがいて、日本と朝鮮半島の歴史を考えさせられる作品である。

テーマ音楽の伝説の名曲「イムジン河」などのザ・フォーク・クルセダーズのサウンドトラックもすばらしい。

キャスト塩谷瞬 、高岡蒼佑 、沢尻エリカ 、楊原京子 、尾上寛之 、真木よう子 ほか

監督は井筒和幸  2004年製作 

続編は「パッチギ!LOVE&PEACE 

パッチギ!
サントラ, ザ・フォーク・クルセダーズ
Sony Music Direct

このアイテムの詳細を見る
少年Mのイムジン河

木楽舎

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (1)

倖田來未さんがパチンコ台に登場

2007年05月19日 | プレスブログ

今、テレビで”ー見たことのない、倖田來未に出会えるー”とナレーションしてうたが流れるCMが放送されている。

これは、2005年に「Butterfly」のヒットで第47回日本レコード大賞大賞受賞して不動人気のアーティスト倖田來未さんが今度は株式会社 SANKYO とタイアップして今までに無い全く新しいパチンコ台KODA KUMI 「FEVER LIVE IN HALL」として新登場するコマーシャルのようだ。くわしくは下記サイト

KODA KUMI「FEVER LIVE IN HALL」のサイト

全国のパチンコパーラーには2007年夏の導入の予定のようだ。

使用楽曲は「Crazy 4 U」「WIND」「Butterfly」「NO Regret」「LOVE & HONEY」「人魚姫」「Selfish」のようだ。

倖田來未さんの主な魅力は官能的な歌唱力と衣装それから、動きなどにある。

パチンコ台のステージでもきたいできる。

しかし 最近パチンコにからむ事件、事故が目立つ。

予算のオーバー、依存症。子供の養育などを怠らないように注意が必要だ。

KODA KUMI LIVE TOUR 2006-2007 ~second session~

エイベックス・マーケティング

このアイテムの詳細を見る
倖田式

マガジンハウス

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (1)