僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

映画 THE 有頂天ホテル をみた

2006年12月31日 | 映画 TV ドラマ 芸能
THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション

東宝

このアイテムの詳細を見る

フジテレビ系の2006年12月30日 21:00~23:54 。映画本編前後に三谷幸喜監督の解説つき。

かなり笑えた。俳優一人ひとりの個性が活かされていて大晦日から新年にかけてのホテルの日常がうまく描かれていておもしろい。

主なキャストは役所広司 松たか子 佐藤浩市 篠原涼子 香取慎吾 、戸田恵子など

2005年制作

 

コメント   トラックバック (3)

映画 赤目四十八瀧心中未遂を観た

2006年12月30日 | 映画 TV ドラマ 芸能
赤目四十八瀧心中未遂

ビデオメーカー

このアイテムの詳細を見る

この映画全体は暗くて重い闇の世界を描いている。

しかし登場人物(俳優)ひとり、ひとり存在感がすごい。

キャストは大西滝次郎 寺島しのぶ 新井浩文 麿赤兒 赤井英和 渡辺謙作 大楠道代 内田裕也など

監督:荒戸源次郎 脚本:鈴木棟也 原作:車谷長吉

毎日映画コンクール 日本映画大賞(ほか四部門) ブルーリボン賞 作品賞(ほか二部門) キネマ旬報ベストテン(二部門)等、三十冠超の映画賞を受賞 

2003年作品

赤目四十八瀧心中未遂

文藝春秋

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (1)

障がい者情報ネット徳島の結成に参加した

2006年12月29日 | 障がい者問題

12月27日に徳島市内で「障がい者と、共に生きる情報ネット徳島」が結成された。この会目的に差別のない社会をめざして★障がい者の社会参加をめざす★障がい者の情報を収集して、会員の共通認識を図りながら「社会と心」のバリアフリーを推進する。事などを決めた。

2007年の活動計画として「障害者自立支援法」のたたかいと学習、交流などをきめた。

結成記念講演に「障がい児入園拒否闘争をたたかって」(喜田敏夫藍住町町議会議員)の話を聞いた

障害者間格差の法的研究―格差法認と自立支援

ミネルヴァ書房

このアイテムの詳細を見る
コメント

明治安田生命第4回マイハピネス・フォトコンテストしあわせな瞬間の紹介

2006年12月28日 | プレスブログ

明治安田生命が「私のしあわせ」をテーマに”しあわせな瞬間”とった写真を募集している。下記サイト

マイハピネス・フォトコンテスト

”しあわせな瞬間”とはすごくありふれた毎日の生活とか、家族のふれあい。成人・結婚といった人生の節目のよろこび、仲間や友人と頑張った思い出など、家族、恋人、友人、人間と動物など、2人以上を撮影した写真であればなんでもOK!携帯電話からでも手軽に応募可能。応募期間は2007.2.15まで

グランプリには旅行券50万円分がプレゼントされるほか、入賞作品の一部は、小田和正さんの『たしかなこと』をBGMにした明治安田生命のテレビCMで使用されます。

それは、突然、嵐のように… 1

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント

米歌手ジェームス・ブラウンさんが死亡 73歳

2006年12月26日 | おくやみ
俺がJBだ!―ジェームズ・ブラウン自叙伝

文藝春秋

このアイテムの詳細を見る
米ソウルミュージック界の大御所ジェームス・ブラウンさんがジョージア州アトランタの病院で死去した。AP電などによると、73歳だったらしい。心からご冥福を御祈りいたします。  パワフルでソウルフルな唄だけでなくその生きかたも大好きでした。
ジェームス・ブラウン デビュー50thアニヴァーサリー ジェームス・ブラウン ソウルセッション1987 LIVE at Taboo Club

アイ・ヴィー・シー

このアイテムの詳細を見る

ゲロッパ ! GET UP スペシャル・エディション

ハピネット・ピクチャーズ

このアイテムの詳細を見る

コメント

映画北の零年を観た 

2006年12月25日 | 映画 TV ドラマ 芸能
北の零年 通常版

東映

このアイテムの詳細を見る

テレビ朝日系の日曜洋画劇場で「北の零年」をみた。

この映画は現在の徳島当時の(阿波藩)・淡路島に暮らしていた人たちが北海道・静内への移住を命じられて自分たちの国を作ろうと自然と格闘する物語。

時代は幕藩体制から、廃藩置県による武士階級の崩壊と進む。

その中で女達はたくましく息抜き。男達は時の政府に迎合する。

この作品の物語は、史実を踏まえて作られているようだ。

今は淡路島は兵庫県になっている。

監督行定勲 脚本那須真知子

キャストは吉永小百合 渡辺謙 豊川悦司 柳葉敏郎 石原さとみ 石田ゆり子 香川照之

ロケ地夕張、2004年製作、2005年公開

吉永小百合さんが第29回日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞 

 

コメント   トラックバック (1)

ニンテンドーDSのゲームソフト・『カブトレ!』の紹介

2006年12月23日 | プレスブログ

カブトレ公式サイト

上記サイトの」「ニンテンドーDSのソフト」の『カブトレ!』が株式会社コナミデジタルエンタテインメント から好評発売中です。

この」「ニンテンドーDSのソフト」の『カブトレ!』はニンテンドーDSを使って株式売買トレーニング&シミュレーションができます。

「株」の売買の経験のない人でも楽しくゲームができて、「株」取引の知識がみにつきます。

過去5年の実際の株価(東証1部・東証マザーズ)、会社四季報データ、ニュースを使用して何度も繰り返し売買トレーニングができるからです。

「株」への取引経験のある人はゲームで自分のの投資スタイルの確認ができます。初心者にはすごろく仕立てのストーリーモードが用意されています。

ベテランの方はエキスパートモードがあります。

一筆書きスクリーニングで株価イメージを一筆書き。 似た株価をスクリーニング(抽出)する機能も楽しめます。

ゲームで楽しみながら、知識をつけ健全な社会や資産をきずい築きたいものです。

株式売買トレーナー カブトレ! 特典 ネット株初心者完全ガイドブック(「4,179円のキャッシュバック付き口座開設申込書封入)付き

コナミデジタルエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント

品位ある資本主義 相沢幸悦著を読んだ

2006年12月21日 | 
品位ある資本主義

平凡社

このアイテムの詳細を見る

この本はライブドア、村上ファンド事件、続発する経済事件やビジネスホテルチャーン東横インのなど品位のない日本経済を分析して、あるべき日本の経済と政治を考えた本である。

アメリカの金儲け万能主義を捨て、農業を大事にしたヨーロッパ品位ある資本主義、「ドイツ型社会的市場経済原理」を提案している

目次は

 第一章 品位を失った日本経済1 二○○五年は日本の転換点ニッポン放送買収劇/続発する経済事件/政治家のお粗末さ2 もの作りからサービス経済へ二○○五年九月一一日の総選挙/戦後日本と米ソ冷戦高度成長で実現した「一億中流社会」/高度成長後の選択日本経済の数奇な運命/見捨てられた日本の農業バブル経済と品位の喪失/企業倫理ゼロの銀行/ネットバブルとIT革命3 国家の責任と「小さな政府」平成不況を長引かせた政府・日銀/「改革なくして成長なし」という嘘小泉政権と明治維新/「小さな政府」の欺瞞

第二章 アメリカの金儲け万能主義1 株主資本主義の成立金融業に活路をもとめる/「経済の株式化」と「株式の通貨化」金持ちがますます金持ちになるシステム2 ネットバブルの形成と崩壊「新産業革命」の虚妄/ネットバブル崩壊の波紋/軍事経済への回帰3 金儲け万能主義の弊害企業は「商品」になった/イラク報道と市場原理/株主資本主義の矛盾長銀再生で吸い取られた血税/ニッポン放送買収資金のからくり金儲け万能主義が日本を毒する

第三章 職業倫理と資本主義の精神1 資本主義の成立金儲けを批判したアリストテレス/飢餓と貧困からの解放アダム・スミスと資本主義への転化/ルソーの社会契約説2 資本主義発展の果てにマルサスの食糧安保論/「定常状態」こそが望ましいのか3 資本主義の発展と職業倫理プロテスタンティズムと資本主義の精神/社会主義の崩壊正義の経済学と経済倫理

第四章 ヨーロッパと日本の職業精神1 ヨーロッパ経済のあり方経済運営と国家の役割/ドイツの歴史学派経済学/社会的市場経済原理経済成長の「質」2 庶民に優しいドイツ社会ものづくりの伝統と精神/環境にも配慮した農業保護/庶民のための金融会社はみんなのもの/徹底した環境対策/ヨーロッパのなかのドイツドイツ国民の選択3 日本資本主義の精神かつての日本の企業倫理/武藤山治の温情主義高度成長とものづくりへのこだわり/官僚の気概と堕落

第五章 経済に品位を取り戻すには 1 品位ある経済システム格差僅少社会をめざす/日本的経営を再評価する/長期休暇で経済の活性化をマイスター制度の導入を/「株では儲からない」を教育せよ農林漁業を保護する/食べ物の規制は必要/国土回復型の公共投資エネルギーの転換2 国家の使命と尊厳「小さな政府」の必要性/「大きな政府」が必要な部分もある高齢化社会にやさしい街づくり/大学受験のシステムを変える教育のあり方を見直す/高等教育に必要なこと/日本文化の再認識を3 国際社会で名誉ある地位を侵略行為を支持した日本政府/日本国民の責任/アメリカ依存経済との決別アジア連合にむけて

2006年8月発行平凡社新書

コメント

岸田今日子さん死亡 76歳 

2006年12月20日 | おくやみ
金の魚―朗読CD絵本

未知谷

このアイテムの詳細を見る

個性派女優で、エッセイスト、童話作家で岸田今日子(きしだ・きょうこ)さんが、17日に脳腫瘍(しゅよう)による呼吸不全のため亡くなった。76歳だった。

心からご冥福を御祈りいたします。

 岸田今日子さんは劇作家・小説家の岸田国士さんの次女。元夫は仲谷昇さん

カンヌ映画祭審査員特別賞を「砂の女」(64年、勅使河原宏監督)で受けた。

「妄想の森」で98年に日本エッセイストクラブ賞

ぼくは個性的な演技と声と顔が大好きでした。

ムーミン パペット・アニメーション DVD-BOX (通常版)

アスミック

このアイテムの詳細を見る
旅の重さ

松竹

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (8)

マルチ人間青島幸男さん 死去74歳

2006年12月20日 | おくやみ

青島幸男さん死去 元東京都知事・意地悪ばあさん(朝日新聞) - goo ニュース

 直木賞作家で、東京都知事や参院議員を務めた青島幸男(あおしま・ゆきお)さんが20日、江東区内の病院で死去した。死因は血液がんの一種である骨髄異形成症候群。74歳だった。

心からご冥福を御祈りいたします。 

僕のみてきた青島さんは放送作家でありながら、「シャボン玉ホリデー」などで”青島だぁー”といって登場して、コントが終わる。

僕は子供だったのでこの人は誰だろう。と思った。

日本テレビのお昼のワイドショーや「追跡」をみてすごい人だと思った。

作詞家としても」「スーダラ節」「ハイそれまでよ」は時代をきりとっいた。

坂本九さんがが歌った「明日があるさ」は何時までもうたいつがれるでしょう。

ちょっとまった!青島だァ

岩波書店

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (9)

関西どっとコムの3本立で動画CMのお知らせ

2006年12月19日 | プレスブログ

関西による、 関西の為の 関西どっとコムの関西発の動画CM を紹介したい。

youtube等で今動画が話題になっている。

下記の「ねこたのおくりもの」は主人公は猫(の置物)の「ねこたくんが何気ない日常出来事を通じて少しづつ“こころ”を成長させてゆく話だ。

見ていると、じんわりと心が温かくなる。

 ねこたのおくりもの

第2弾1月5日リリース予定でこの「犬だって猫だって」は人間家族と心を通わす動物の話でお互いの大切さを改めて確認しあうストーリーです。 

 第3弾は1月16日リリース予定(カナバングラフィックスが制作している) 

こののキックおでんはフルCGアニメでカナバングラフィックス独特のシュールなストーリーを展開します。

落とせる!遊べる!YouTube超絶テクニック大全

宝島社

このアイテムの詳細を見る
コメント

ノンフィクション作家溝口敦さんの長男襲撃に実刑判決  

2006年12月18日 | 社会

首謀者存在認め、実刑判決 溝口さん長男襲撃で(共同通信) - goo ニュース

上記のニュースの判決が指摘するように、暴力を用いて言論の自由を封じようとす、犯行は悪質でゆることができない。とりあえず僕が読みたい下記の著書を紹介したい。

細木数子―魔女の履歴書

講談社

このアイテムの詳細を見る
池田大作「権力者」の構造

講談社

このアイテムの詳細を見る
コメント

映画 硫黄島からの手紙が観たい

2006年12月17日 | 映画 TV ドラマ 芸能

興収50億突破へ「硫黄島からの手紙」公開 - goo 映画興収50億突破へ「硫黄島からの手紙」公開 - goo 映画

12月16日の関西テレビの昼前の番組に1944年の硫黄島の闘いに生き残った人のインタビューと映画の紹介があった。

残念ながら途中からみたが、インタビューした青山さんも司会者も最後は泣いていた。

クリント・イーストウッド監督なので米国目線の映画かな思っていたがぜひ観たくなった。

戦争の愚かしさを考えたい。

硫黄島からの手紙 (監督 クリント・イーストウッド、出演 渡辺謙、二宮和也)



このアイテムの詳細を見る
硫黄島からの手紙 オリジナル・サウンドトラック
サントラ, カール・イーストウッド, マイケル・スティーヴンス
ビクターエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (3)

メディア社会 佐藤卓己著を読んだ

2006年12月16日 | 
メディア社会―現代を読み解く視点

岩波書店

このアイテムの詳細を見る

この本は現代を読み解くための勝れた実践的メディア論入門になっている。

あとがきによれば、、『京都新聞』に2004年10月から05年10月まで一年間にわたってを連載したコラム ”時代を読む メディア論から’に毎日新聞や朝日新聞、「図書」などに発表した論考などを加え大幅な加筆・修正して岩波新書として刊行したものらしい。

メディア・リテラシー を考えるためにも役に立った。

内容は(目次) 「メディア」を知る   第1章 「メディア」とは何か 1.「メディア」は広告媒体である/2.交通革命と万国博覧会/3.電子メディアと「子どもの消滅」/4.「最後の人間」とニュー・メディア/5.情報化は民主化か   第2章 「情報」とは何か 6.「情報」は軍事用語である/7.ラジオ人の文明/8.プロパガンダの時代/9.メディア発展と「情報による平和」/10.報道写真の読み方/11.「宇宙戦争」の情報戦    第3章 メディアと「記憶」 12.戦争の記憶と忘却/13.玉音放送と集団的記憶/14.メディア・イベントの誕生/15.「八月ジャーナリズム」の起源/16.教科書をめぐる文書と発話の相克/17.中国の「記憶」カレンダー/18.メディアの中の天皇像   II メディアの〈現在〉をどうみるか   第4章 ジャーナリズムを取り巻く環境 19.「零年」のない新聞社/20.言論統制の連続性/21.新聞「形式」と読者の変貌/22.匿名化と情報統制の危機/23.ジャーナリズムの冷笑主義   第5章 変わる「輿論」と世論調査 24.劣化する世論調査/25.憲法世論調査にみる「ヨロン」と「セロン」/26.「大統領の陰謀」という議題設定/27.「うわさ」のニュース化/28.「国民の選択」の教訓/29.孤立を恐れる大衆心理   第6章 メディア政治とドラマ選挙 30.ニューティール・コメディー・二〇〇五/31.「ステレオタイプ化」する選挙報道/32.マニフェストの消費者行動/33.テレフェミニズムの仕組み/34.ファシズム予言の賞味期限   III 変動するメディア社会   第7章 情報化がもたらすメディアの変容 35.書物が普通のメディアになるとき/36.情報化による意味の空洞化/37.ニュー・メディアは危険か?/38.情報を伝えないメディア/39.言語力かメディア力か   第8章 テレビのゆくえ 40.犯罪報道の落とし穴/41.「情報弱者」のメディア/42.ビデオ革命の意味/43.「NHK問題」の比較メディア論/44.公共放送の公共性とは/45.テレビのレトロ・フューチャー/46.回帰すべき「放送の未来像」    第9章 IT化は何をもたらすか 47.ホリエモンの野望/48.ネット空間のなかの自己拡大/49.ネット選挙の弾丸効果?/50.出版資本主義からネット資本主義へ       

コメント

レッドソックス松坂誕生 背番号18

2006年12月15日 | スポーツ

レッドソックス松坂誕生 6年契約、背番号18(共同通信) - goo ニュース

西武の松坂大輔投手(26)が米大リーグ、レッドソックスと6年契約を結んだ。背番号は西武時代と同じ「18」

 レッドソックスは独占交渉権を約5100万ドルで落札しており、年俸などと合わせると総額1億ドル(約117億円)を超える巨額で日本のエースを獲得したようだ。

ヤンキース松井秀喜選手や・マリナーズのイチローとの対決は楽しみだ。

契約金に見合う働きで日本の野球の実力をしめしてほしい。

松坂大輔―160キロへの闘志

旺文社

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (3)