僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

問題児 三木谷浩史の育ち方 山川 健一 (ヤマカワ ケンイチ) 著を読んだ

2019年10月29日 | 
この本は日本最大級のショッピングモール・楽天市場などを傘下に持つ楽天グループの創業者である三木谷浩史さんの育てられ方とその人物像に迫った書物です。
目次
1章 三木谷浩史を教育した父と母の考え(初めての鮮やかな記憶
小学校時代の通信簿 ほか)
2章 三木谷浩史が選び取ってきた道(日本興業銀行へ
俺が頭取になる頃、この銀行はない ほか)
3章 実業家が世の中を変えていく(地域への貢献を考えて―東北楽天ゴールデンイーグルスの誕生
「楽天経済圏」という、途轍もないスケールの発想 ほか)
4章 ヒーローだった父との永訣(人生に必要な知恵はすべて父親から学んだ
父との永訣 ほか)
5章 三木谷浩史が描く教育とは(ファンダメンタル・シンカー、ハンターとファーマー
教育の定義自体が今、変わろうとしている ほか)
特別付録 家族の会話「日本よ再び海洋国家になれ!」

コメント   この記事についてブログを書く
« 女優八千草薫(やちぐさ・か... | トップ | 映画  最低。 をみた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事