僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

未来の地図帳 河合雅司(カワイマサシ)著を読んだ

2020年01月06日 | 

この新書はベストセラー『未来の年表』著者による新書です。本書では人口減少を迎えた日本列島が、どのような変貌を遂げるかが明らかにしています。

<目次>
第1部 現在の人口減少地図 --日本人はこう移動している
序 市区町村による「住民の綱引き」に勝者はいない
1-1東京圏 東京は共存の道を探るべき「日本の外国」である
1-2関西圏 三大都市圏の中で減少スピードが最も速いのは、関西圏
1-3大阪市 「西の都」の人口拡大を下支えしているのは、外国人住民
1-4名古屋圏 名古屋市最大の懸念材料は、リニア新幹線と広すぎる道路
1-5北海道 「ところてん式」の札幌市は、200万人を超えるか
1-6東北 政令指定都市なのに通過都市、仙台パッシングの理由とは
1-7中国 周辺から人を集めきれず、「磁力の弱い」広島市
1-8九州 福岡市は北九州市と熊本市の二大都市を吸収か
1-9東京圏 一極集中が続く東京圏、その内側を覗いてみれば

第2部 未来の日本ランキング --20年後、日本人はどこに暮らしているか
序 塗り替えられてゆく日本列島
2-1 都道府県の人口差は30倍超へ
2-2 東京圏という「外国」は、老化に苦しむ(練馬・足立・葛飾・杉並・北区の4人に1人が高齢者/多摩地区すべてが人口減少に)
2-3 政令指定都市は、極端に明暗が分かれる(札幌市が「北のシルバータウン」に/大阪市が「逆ドーナツ化」する)
2-4 県庁所在地・地方都市は、不便さの増すエリアが拡大(「限界自治体」が111ヵ所に/「無医地区」が広がってくる)
2-5 出産期の若い女性が減少する地域はここだ(出産期の女性がたった1人になる村)

第3部 それぞれの「王国」の作りかた
序 なぜ地方創生はうまくいかないのか?
令和時代に求められる5つの視点

コメント   この記事についてブログを書く
« !映画『blank13』をみた | トップ | 映画 「種まく旅人 くにう... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事