僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

映画 学校 をみた

2008年09月24日 | 映画 TV ドラマ 芸能
学校

松竹ホームビデオ

このアイテムの詳細を見る

この作品の舞台は夜間中学である。
そこには在日韓国人の女性肉体労働で働く少年、ツッパリ少女、父は中国人、母は日本人で五年前に中国から移住してきた青年、自閉症で登校拒否児だった少女などさまざまな職業、年齢の生徒たちが通っている。
一人のクラスメイトの死を通じて教育、授業、学ぶこと幸福などについてクラスで考える。
山田洋次監督の{学校」シリーズの第一作

出演: 西田敏行 / 竹下景子 / 萩原聖人 / 中江有里 / 裕木奈江 / 渥美清 / 田中邦衛ほか
 製作: 1993年

 
コメント   この記事についてブログを書く
« 王監督退任 ユニホーム脱ぐ | トップ | 映画 学校II をみた »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 TV ドラマ 芸能」カテゴリの最新記事