僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

平成時代 吉見 俊哉 (ヨシミ シュンヤ)著を読んだ

2019年08月19日 | 
平成時代 (岩波新書)
吉見 俊哉
岩波書店

この新書は平成の三〇年を「失敗」と「ショック」の意味を多分野にわたりシビアに総括し経済、政治、社会、文化でこの三〇年間の現実を論じた本です。

目次
はじめに 「平成」という失敗―「失われた三〇年」とは何か
第1章 没落する企業国家―銀行の失敗 家電の失敗
第2章 ポスト戦後政治の幻滅―「改革」というポピュリズム
第3章 ショックのなかで変容する日本―社会の連続と非連続
第4章 虚構化するアイデンティティ―「アメリカニッポン」のゆくえ
おわりに 世界史のなかの「平成時代」―失われる半世紀への序曲
コメント   この記事についてブログを書く
« 映画 アウトレイジ 最終章 ... | トップ | 映画 コーヒの冷めないうち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事