僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

65回目の沖縄慰霊の日

2010年06月23日 | 政治
「基地負担、国民代表しおわび」沖縄慰霊の日式典で首相(朝日新聞) - goo ニュース
上記の記事は
= 地上戦で多くの住民が巻き込まれた沖縄戦から65年。沖縄は23日、犠牲者を悼む「慰霊の日」を迎えた。激戦地となった沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園では、就任後初めて沖縄を訪問した菅直人首相も参列し、「沖縄全戦没者追悼式」(県主催)が開かれた。約5500人が参列した。

 仲井真弘多知事は式典で読み上げた平和宣言で「基地負担の軽減、普天間飛行場の危険性の除去を早急に実現することは、沖縄だけの問題ではなく、国民全体が等しく取り組むべき課題だ」と呼びかけた。また、現在の日米安保条約と日米地位協定が23日で発効から50年を迎えることに触れ、「大きな節目の年を契機として、沖縄の過重な基地負担が県民の目に見える形で軽減されることを願ってやみません」とも訴えた。=

65年前沖縄で20万人余りの尊い命が奪われた。50年前の今日、日米安全保障条約・日米地位協定が発効した。
この事実を改めて深く心に刻みたい。

証言 沖縄戦の日本兵―六〇年の沈黙を超えて
國森 康弘
岩波書店

このアイテムの詳細を見る
 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 富士通と東芝も携帯事業統合 | トップ |  サッカーのワールドカップ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事