僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

佐木隆三(さき・りゅうぞう)さん亡くなる 78歳

2015年11月02日 | おくやみ
佐木隆三さん死去、78歳=「復讐するは我にあり」で直木賞
上記の記事には
=「復讐(ふくしゅう)するは我にあり」で直木賞を受賞した作家で、数々のノンフィクション作品でも知られる佐木隆三(さき・りゅうぞう、本名小先良三=こさき・りょうぞう=)さんが10月31日午前8時40分、下咽頭がんのため北九州市の病院で死去した。78歳だった。朝鮮半島生まれ。葬儀は近親者で行う。喪主は長男小先隆三(こさき・りゅうぞう)氏。後日お別れの会を開く予定。

 戦時中に家族で日本に引き揚げ、広島県内や現在の北九州市で育つ。高校卒業後、当時の八幡製鉄所に勤務しながら執筆活動を始めた。

 同人誌や文芸誌に短編を発表し、1963年に「ジャンケンポン協定」で新日本文学賞を受賞した。76年、実際に起きた連続殺人事件を基にした「復讐するは我にあり」で直木賞を受賞。同作は今村昌平監督で映画化され大きな話題を呼んだ。91年「身分帳」で伊藤整文学賞を受賞。

 小説の執筆と並行し、オウム真理教事件や東京と埼玉で起きた連続幼女誘拐殺人事件など、社会に大きな影響を与えた事件や犯罪を取材。多くのノンフィクション作品を発表した。重大事件の裁判を傍聴、関係者に取材を重ねており、テレビのコメンテーターとしてもその名を知られた。

 後に活動の拠点を東京から北九州に移し、執筆活動を続けた。2006年に北九州市立文学館長に就任し、その後は名誉館長を務めた。=

ぼくは佐木隆三さんの書くノンフィクション作品が大好きでした。
心からご冥福を御祈りいたします。
わたしが出会った殺人者たち (新潮文庫)
佐木 隆三
新潮社
コメント