僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

賀正 明るい社会になりますように

2017年01月03日 | 障がい者問題
賀正
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
昨年は。4月に障害者差別解消法が施行され、6月に改正障害者総合支援法も公布されました。
そのが7月26日、神奈川県相模原市での相模原障害者殺傷事件が発生。19人の障害者が殺害され、27人が重軽傷を負うという戦後最大の被害者数を出す殺傷事件が起こりました。
植松容疑者は同園利用者の殺害計画を周囲に公表し。そして今年(2016年)2月には計画を記した手紙を衆院議長公邸に持参していました。
容疑者の衆院議長にあてた手紙文の「障害者は生きていても仕方がない」とする考えはナチス政権下でくり広げられた「価値なき生命の抹殺作戦」と重なります。彼は「障害者は不幸を作ることしかできません」と考えています。これは彼個人の「異常さ」だけで片づけられない問題があります。彼が抱いていた「優生思想」です。
日本における「優生思想」は優生保護法に現れていると理解しています。
僕が社会人になって最初に取り組んだの0が1979年の養護学校義務化阻止と優生保護法の問題でした。
この事件の政治家や行政当局者対応は不十分なものでした。
今年は初心に帰り自分を見つめ。社会を見つめてゆこうと思います。
コメント

第4回やまびこの詩(うた)開催

2016年07月25日 | 障がい者問題
やまびこの詩は、心身に障がいを持つ人たちから詩を募集し、それらを主に朗読で発表するものです
今年のキャッチフレーズ 「Remember To Live ~明日へ続く道~」です。
開催日時 2016年(平成28年)7月31日 (日) 午後1時30分開演
場所 徳島市ふれあい健康館 1Fホ-ル 前売り300円 当日券500円
 住所 徳島市沖浜東2丁目16番地 
僕も今年は寸劇にでます。
合わせてブックマークのやまびこの詩ツイッター、HPをみてください。
本田のほんだ。 (還暦自分史)
アニバ出版 ANIVA BOOKS
アニバ出版ANIVABOOKS

コメント

第2回「やまびこの詩」開催

2014年08月05日 | 障がい者問題
今年も昨年に続いて「やまびこの詩」が開催される。
「やまびこの詩」は障がいを持つ人達が胸の奥にしまいこんでいる願いや悩み、喜びなどを朗読で発表する集いです。
徳島で30年間続けられた「やまびこコンサ-ト」意思を受け継いで開催されます。


第2回やまびこの詩 

平成26年8月10日(日曜日)

開場・午後1時 開演・午後1時30分

徳島市ふれあい健康館 1Fホール

追記台風11号により中止決定。8月9日

<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=874329953" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=874329953"></script><noscript></noscript></iframe>
コメント

高校生が知的障がい者?に嫌がらせ 動画投稿

2012年12月28日 | 障がい者問題
高校生が知的障害者?に嫌がらせ 動画をLINEに投稿(朝日新聞) - goo ニュース
上記の記事によると
=兵庫県西部の県立高校の野球部員ら1年生10人が今月上旬、路線バスの車内で知的障害者とみられる男性に嫌がらせをし、その様子をスマートフォンで撮影していたことがわかった。高校は10人を5日間の自宅謹慎にした。

 高校によると、生徒らは11日午後6時ごろ、下校中のバスに乗車してきた男性の前にかばんを置いて通行を妨げたり、男性がいつも座る席に生徒が座ったりする嫌がらせをした。男性が怒る様子を撮影してスマートフォンのアプリ「LINE」に投稿し、仲間内で閲覧していたという。

 校長は「相手の立場に立つ優しさがなく、明らかな人権侵害。今後も徹底的に指導する」と話した。教頭が男性の家族に面会を求めたが断られたため、校長が電話で謝罪したという。 =

今年もいじめられる障がい者。虐待される障がい者。棄てられる障がい者を多くみた。
障害者差別禁止法の制定がもとめられている。

当事者がつくる障害者差別禁止法―保護から権利へ
「障害者差別禁止法制定」作業チーム
現代書館


障害者差別禁止法とソーシャルワーク
John T. Pardeck,寺島 彰
中央法規出版


<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2211989&pid=881258600" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2211989&pid=881258600"></script><noscript></noscript></iframe> 
コメント

愛媛県松山市バアリアフリー調査に参加して ~障がい者の視点から~雑記

2012年03月18日 | 障がい者問題
愛媛県松山市バアリアフリー調査に参加して ~障がい者の視点から~雑記
車イスを使用して参加

調査日2012年3月13日~14日 天気快晴ながら風は冷たい。
調査場所JR松山駅周辺。伊予鉄道松山市駅周辺。道後温泉周辺など
13日10時30分JR徳島駅出発松山駅14時15分着
JR職員の対応良好。駅、ホーム車内の移動はスムーズにできた。トイレは汚れ在り。
JR松山駅の観光案内所で伊予鉄の電車を利用して松山市駅に行こうとしたが地下道経由のためバス乗車を進められる
バスで伊予鉄松山市駅。駅周辺はバリアフリー。(点字有)
子規堂は砂利道。段差有り点字もなし
ばっちゃん列車で道後温泉に向かう。車イスは畳んで乗車。
道後商店街(ハイカラ通り)はバリアフリー。道後温泉周辺は坂道多し。
伊予鉄道後温泉駅から松山駅まで低床車両に乗車。
伊予鉄によると地下道経由しなくても伊予鉄松山駅可能とのこと。
宿泊は椿館本館バリアフリー対応の部屋。夜和食。朝バイキング。館内バリアフリー

感想 JR松山駅の観光案内所の車イス利用者と目線を合わさない態度と案内内容(伊予鉄との連携など)については改善をのぞみたい。
段差についてはほぼ良好だが道路舗装につてはでこぼこや傾斜については改善をのぞみたい。


画像はぼちゃんカラクリ時計

るるぶ愛媛 道後温泉 松山’12 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング
ジェイティビィパブリッシング


住環境のバリアフリーデザインブック―福祉用具・機器の選択から住まいの新築・改修の手法まで
橋本 美芽
彰国社




コメント

ドキュメンタリー映画「 普通に生きる」をみたい

2012年03月07日 | 障がい者問題
普通に生きる~自立をめざして~ - goo 映画



上記の映画を朝日新聞論壇時評(2012年1月26日)の紹介で知った
ぜひみたい。
DVD化やBS,CS地上波TVなどでもやってほしい。

否定されるいのちからの問い―脳性マヒ者として生きて 横田弘対談集
金 満里
現代書館


コメント

☆第29回やまびこコンサート☆

2011年11月27日 | 障がい者問題
☆第29回やまびこコンサート☆が今年も開催されます。
今年のキャチコピーは
「笑顔でつなごう☆みんなのエール」です。
東日本大震災をみんなで乗り越えようとの願いも込められています。

やまびこコンサ-トは「LOVE・優・生きる」をテ-マに障がいを持つ人達の詩やうたを募集しそれらにメロディを付けて発表するものです。障がいを持つ人達が日頃、胸の奥にしまいこんでいる願いや悩み、喜びや愛する人へ伝えたい言葉などを、メッセ-ジとして伝える目的でこのコンサ-トは企画されていますまた、コンサ-トをつくりあげていく中で、ハンディがあるなしにかかわらず共に考え交流を深め、そしてより多くの人達に共感の輪が広がることを願って「やまびこ」と名付けられています。

楽曲や朗読などで障がい当事者の思いを届ける年1回のイベントです。
今回は徳島県に住みます芸人キャンパスボーイさんが司会で協力してくれる予定です。

日 時: 平成23年12月11日(日曜日)
      午後1時 開場  午後1時30分 開演
場 所: 徳島県 郷土文化会館(阿波銀ホール)

第29回やまびこコンサートチケット発売中。
前売り一般900円 当日千円 中高生500円 当日600円 ペア券1400円前売りのみ

徳島駅前の小山助学館本店、徳島市両国通りの喫茶店ウッドアイビス、沖洲町のくすみ釣具店、中昭和町の徳島県ボランティア協議会、川内町の本田わかめ商店などにあります。

詳しくは、090-9455-2963(本田)までお問い合わせ下さい。


 

コメント (1)

手足のないチアリーダー 佐野有美(サノアミ)さん

2011年10月05日 | 障がい者問題
手足のないチアリーダー
クリエーター情報なし
主婦と生活社

テレビ朝日系列「ワイド!スクランブル」の水曜日コーナー「山本晋也の人間一滴」で佐野有美さんとおかさんが紹介さていた。
佐野有美さんが赤はちゃん→子育て、地域の学校入学→チアリーダー→歌手デビューまでそのテレビをみて生き抜いている佐野有美さんはエライ。育てた親はエライ。受け入れた学校と教師もエライと感じた。唄も、声もいい。
あきらめないで
テイチクエンタテインメント
テイチクエンタテインメント



 

コメント

ユニクロの障がい者雇用もスゴイ

2010年07月06日 | 障がい者問題
障害者が輝く組織が強い 障害者雇用のフロントランナー、ユニクロの理念 ファーストリテイリング《前編》(日経ビジネスオンライン) - goo ニュース
上記の記事は
=従業員数5000人以上の大企業の中で、障害者の法定雇用率が最も高いのはどこか。それは、カジュアル衣料品ブランド「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングである。2009年6月1日現在の雇用率は8.04%。障害者雇用促進法が定めた1.8%の法定雇用率をはるかに上回り、産業界の中でも突出した水準を達成している。このことは障害者問題に詳しい人を除けば、意外に知られていない事実であろう。

 ファーストリテイリングが積極的な障害者雇用に乗り出したのは、業容が急拡大する一方で法定雇用率が1%台に低迷していた2001年3月。柳井正社長(現会長兼社長)の号令一下、「1店舗1人」の障害者雇用を目指す取り組みを開始し、翌2002年には一気に6%台の雇用率を達成。

 それ以降、現在まで着実に雇用実績を伸ばしてきた。その推移は、ユニクロそのものの急成長とまさしく軌を一にする。そこには、どのような仕組みやノウハウがあるのだろうか。ユニクロの“もう1つの快進撃”の秘密を探った。=以下略=

記事のなかにあるようにユニクロの障がい者雇用についての方針は「障害者の採用は福祉目的で行っているのではなく、あくまでも企業の戦力になってもらうため」「障害のあるなしに関係なく、ユニクロで力を発揮でき、継続して働いてもらえる人」なのだ。要約すれば対等の働く仲間。戦力としての雇用にあるようだ。 そしてその雇用がユニクロの企業の活気を支えていると思われる。

ボクはユニクロが好きだ。 

ユニクロ思考術
柳井 正
新潮社

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント

筆談ホステスの斉藤さん妊娠!

2010年01月29日 | 障がい者問題
筆談ホステスの斉藤さん妊娠!シングルマザー決意(スポーツニッポン) - goo ニュース
上記記事によると
=生後間もなく聴力を失いながら、東京・銀座でNo・1ホステスに上り詰めるまでをつづった自叙伝「筆談ホステス」がベストセラーになり、ドラマ化もされた斉藤里恵さん(25)が妊娠していることが28日、分かった。斉藤さんは独身。父親となる男性について周囲に「すでに別れた」と明かしており、女手一つで育てる覚悟。シングルマザーとしての奮闘記は大きな話題となりそうだ。

 斉藤さんは日本でただ1人といわれる「筆談ホステス」。髄膜炎の後遺症のため、1歳10カ月で聴力を完全に失った。

 やがて接客業の楽しさに目覚め、選んだのが水商売の道。メモ帳とペンを駆使して客とやりとりするスタイルが人気を集め、銀座のクラブのNo・1ホステスにまで成長。昨年春に自らの生い立ちをつづった「筆談ホステス」(光文社)を出版したところ13万部を超えるベストセラーになり、今月10日には女優北川景子(23)の主演でTBS系でドラマ化され、さらにその生き方に注目が集まっている女性だ。

 妊娠していることが分かったのは昨年秋。ただ、子供の父親となる交際相手とは「すでに別れた。結婚は考えていない」と親しい知人ら周囲に明かしている。

 大きなハンディキャップを乗り越えて生きてきた斉藤さんは、シングルマザーになることを決意した。現在、妊娠6カ月という。「筆談」という手法がコミュニケーションツールとしていかに有効かを実証した中、今度は「筆談」での出産、子育てに挑むことになる。

 おめでたが分かって以降、斉藤さんは銀座の店でも「一切、お酒を口にしていないようです」と知人。周囲のたばこの煙も気にするようになったという。

 「筆談ホステス」の出版元で斉藤さんへの連絡窓口になっている光文社エンターテインメント編集部は「担当者が不在です。担当でないと分かりません」と話している。

 ◆斉藤 里恵(さいとう・りえ)1984年(昭59)2月3日、青森県生まれの25歳。万引した洋品店に誘われて働いたのをきっかけにサービス業の楽しさに目覚め、19歳で水商売の道へ。07年に上京。著書に「筆談ホステス」「筆談ホステス 67の愛言葉」。昨年8月にTBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」で特集された。昨年11月から青森市の観光大使を務めている。=

斉藤さん妊娠おめでとうございます。
上記のドラマとニュース番組で青森市の観光大使を務めている姿を観ました。
困難にも多く遭遇すると思われますがしっかりお子様をそだててください。

筆談ホステス
斉藤里恵
光文社

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント

障害者自立支援訴訟、終結合意 3年内に新制度創設へ

2010年01月08日 | 障がい者問題
障害者自立支援訴訟、終結へ 厚労相「3年内に新制度」(朝日新聞) - goo ニュース
上記の記事は
= 障害者が福祉サービスを利用する際に原則1割の自己負担を課す障害者自立支援法の違憲訴訟をめぐり、全国の原告・弁護団らと厚生労働省は7日、訴訟の終結に合意した。長妻昭厚生労働相は「障害者の尊厳を深く傷つけた」と反省の意を表明。2013年8月までの新制度への移行を約束した。

 06年の施行後に負担増を強いられた障害者らが「生存権などの侵害にあたり違憲」として、全国14の地方裁判所で71人の原告が提訴。今後は各地裁で和解を中心に終結に向けた手続きが進められる。=中略
=同法廃止後の新たな福祉法制の実施に向けて、「障がい者制度改革推進本部」(本部長・鳩山由紀夫首相)で、障害者自身が参加して議論を進めることを確約。残る課題として医療費の負担軽減策が盛り込まれた

自立支援法の施行は06年。支払い能力に応じた負担から、サービスの利用量に応じて原則1割を負担する仕組みへ変わり、障害が重い人ほど負担がのしかかった。反発を受けて自公政権は負担軽減措置を取り、平均負担率は3%程度になったが、障害者の憤りは収まらなかった。

 鳩山政権が誕生し、連立与党が自立支援法廃止で合意したのを受けて、長妻厚労相は就任早々その方針を明言。厚労省と原告側が解決に向けて協議を進めていた。

 原告側は声明文で「社会保障裁判の歴史や障害者福祉運動において画期をなす歴史的なもの」と評価。長妻氏は「今日を新たな出発点として、障害者の皆様の意見を真摯(しんし)に聴いて新しい制度をつくっていく。その前にできる見直しは進める」と表明した。

 ただ、法律が廃止されるまで1割負担の仕組みは残る。厚労省は来年度予算で負担軽減のため300億円を要求したが、医療費の軽減分が盛り込まれず、政府案は約100億円にとどまった。原告らは見直しを求めているが、復活は難しい状況だ。=
上記の動きを政権交代の成果として喜びたい。

現在の障害者自立支援法を立案、成立、推進した自民党、公明党、官僚そして賛同した御用団体、および障がい者には猛省を促がしたい。

権利を紡ぐ障害者運動―出会いとたたかいの60年
吉本 哲夫
かもがわ出版

このアイテムの詳細を見る
 

 

コメント

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長に鹿児島県議会が非難決議 

2009年12月18日 | 障がい者問題
阿久根市長の「障害者」ブログ、鹿児島県議会が非難決議(朝日新聞) - goo ニュース
上記の記事によると
= 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、自らのブログに「高度医療のおかげで機能障害を持ったのを生き残らせている」などと記述したことに対し、同県議会は17日午前、竹原市長に障害者や県民への謝罪を求める非難決議案を可決した。

 決議文は、ブログの記述について「これまでに築き上げられてきた障害者の方々の生きる権利や幸福を追求する権利を否定し、人間の生命の尊さをあまりにも軽んじていると受け止められ、極めて遺憾」と抗議し、関係者への謝罪と障害者福祉の一層の増進のため適切な努力をするよう求めている。
県議会事務局によると、県議会が市町村長の発言などに対し、非難決議案を出すのは初めて。金子万寿夫議長は「異例なことだけに、竹原市長にはこの決議を重く受け止めていただきたい」と話している。

 竹原市長は14日の市議会の答弁で「ブログの一部だけを取り上げた批判」と述べ、謝罪を拒否している。阿久根市議会も18日、市長に発言撤回と謝罪を求める決議案を可決する予定。=

2009/12/18付 西日本新聞朝刊によると
= 竹原市長は14、15日の市議会一般質問で謝罪を求められたが拒否し「文章を全部読めば(差別でないのは)分かる。これは問題提起」「大騒ぎにしたのはメディア」などと主張。一方で報道機関の取材は拒絶し、市職員には「マスコミに答えた者は個人的見解でも責任を取ってもらう」と厳命している。=


竹原信一市長のブログ「住民至上主義」を何度読みかえしても
12月3日の当ブログで指摘したように許せない差別体質が露出した差別文書である
鹿児島県阿久根市の竹原信一市長ブログで差別発言
残念ながら現在わが国では当事者、関係団体、議会意思をの無視して居直っても法律的な責任は問われない事は残念だ。

アメリカ初の障害者差別禁止法はこうして生まれた
リチャード・K. スコッチ,山本 礼子,金子 のぶ,杉山 章子,本間 恵子,尾崎 毅,金 蘭九,南雲 和夫
明石書店

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント   トラックバック (1)

難病東大生・内藤佐和子さん 

2009年12月09日 | 障がい者問題
徳島ローカルの四国放送TV~5時からローカル~“ゴジカルで難病を抱えながら徳島の街づくりなどに尽力されている現役東大生の内藤佐和子さんが紹介されていた。内藤佐和子さんは徳島出身で「多発性硬化症」のようだ。内藤佐和子さんの街づくり活動についてはNHK徳島でも紹介されていて知っていたが今回は生放送で本人がスタジオ生出演である。可愛くて綺麗だ。残念ながら結婚していて卒業後は徳島に帰らないらしい。

難病東大生
内藤 佐和子
サンマーク出版

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント   トラックバック (1)

NHK ETV特集「障害者たちの戦争」をみた

2009年12月06日 | 障がい者問題
放送 NHK教育 12/6(日) 22:00 ~ 23:00
内容 太平洋戦争における工場に動員された障がい者、兵士として動員された障がい者
戦前、差別に苦しんできた障がい者たちは国の役に立ちたいと願い、政府や軍に協力を申し出た。団体や学校も軍に嘆願書を出し、障害者たちは戦地に赴くことになった。そして戦後は多くの傷痍軍人の下に序列化される。
戦前、戦中の日本国内での障がい当事者の証言と資料で見つめたドキュメンタリー番組だった。

80年代まで語れることが少なかった実態に焦点をあて最近の若者の戦争待望論を批判した議論に共感を覚えた。

出演吉田裕(一橋大学大学院教授)、岸博実(京都府立盲学校教諭)、木塚泰弘(日本ライトハウス理事長)

相良理画集 ふるさと神戸―戦争と平和…明日へ語り継ぐ ろうあ者が描いた昭和

クリエイツかもがわ

このアイテムの詳細を見る
 
忘れられた歴史はくり返す―障害のある人が戦場に行った時代 (KSブックレット)
秋元 波留夫,清水 寛
きょうされん

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント   トラックバック (1)

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長ブログで差別発言

2009年12月03日 | 障がい者問題
阿久根市長、ブログで物議…障害者家族ら反発(読売新聞) - goo ニュース
上記記事は
=2009年12月3日(木)06:13
 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(50)が自身のブログ(日記形式のホームページ)に「高度医療が障害者を生き残らせている」などと、障害者の出生を否定するような独自の主張を展開している。

 障害者団体は反発、市議会でも追及の動きが出るなど波紋が広がっている。

 ブログは11月8日付。深刻化する医師不足への対応策として、勤務医の給料を引き上げるべきだとの議論に対し、「医者業界の金持ちが増えるだけのこと。医者を大量生産してしまえば問題は解決する。 全 ( すべ ) ての医者に最高度の技術を求める必要はない」と批判。

 そして、「高度な医療技術のおかげ」で機能障害を持ち、昔の医療環境であれば生存が難しい障害児を「生き残らせている」などと述べ、「『生まれる事は喜びで、死は忌むべき事』というのは間違いだ」と主張している。

 知的障害者の家族でつくる「全日本手をつなぐ育成会」(本部・東京、約30万人)の大久保常明・常務理事は「人類繁栄のため、優れた子孫だけを残そうとするかつての優生思想そのもの。命の重さを踏みにじり、公人の意見とは思えない」と批判。

 阿久根市身体障害者協会(約1050人)の桑原祐示会長も「差別意識も甚だしい」と反発、役員会で対応を協議し始めた。

 同市議会の木下孝行市議も市長に説明と謝罪を求め、14日から始まる市議会一般質問で追及する。

 竹原市長は取材に対し、「養護学校に勤めている人から聞いた情報をそのまま書いた。事実と思う。障害者を死なせろとかいう話ではない」と説明している。=

どのような障がいをもった人に対しても生き易い社会や制度を創り育て守るのが行政や政治役割である。
障がいをもった人の”命”を認めない、許されない差別発言だ。 

障害者差別禁止法とソーシャルワーク
ジョン・T. パーデック
中央法規出版

このアイテムの詳細を見る
 

 
コメント (1)   トラックバック (5)