最適化問題に対する超高速&安定計算

クラスタ計算機やスーパーコンピュータ上での大規模最適化問題やグラフ探索などの研究のお話が中心

とっても大きな SDP その3

2010年05月19日 23時32分49秒 | Weblog
SDPA が完全に 64bit 化されたので、以下のような巨大 SDP に挑戦しています。使用メモリは約 80Gbytes に達していますが、1日経っても1反復も進んでいません。とりあえず何日かは様子を見てみます。

102208 (= mDIM)
14 (= nBLOCK)
-101740 193 129 129 161 65 193 225 225 161 193 193 225 257 (= bLOCKsTRUCT)


追記;少し勘違いしておりまして、もう解けてました。SDPARA と某スパコン(2048コア)で解けなかった問題が SDPA 64bit と下記の計算サーバ1台で解けてしまいました。

phase.value = pdOPT
Iteration = 47
mu = +2.2389660137779845e-10
relative gap = +6.1062266354383610e-16
gap = +6.1062266354383610e-16
digits = +1.4646499419044991e+01
objValPrimal = +2.7056545000777804e-01
objValDual = +2.7056545000777743e-01
p.feas.error = +3.5100219220039225e-08
d.feas.error = +1.5058346581182299e-09
total time = 143548.847829
main loop time = 143546.522675
total time = 143548.847829
file check time = 0.000000
file change time = 0.024329
file read time = 2.300825
SDPA end at [Fri May 14 09:04:34 2010]
ALL TIME = 143695.387471

○Opteron 計算サーバ
CPU : AMD Opteron 8439 (2.80GHz / 6MB L3) x 4 (24コア)
Memory : 128GB (32 x 4GB / 800MHz)
gcc : 4.4.3
OS : Fedora 12 for x86_64
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ブログ5周年 | トップ | CentOS 5.5 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (中田)
2010-05-14 17:12:12
このprimal/dual のobjective functionの値が一致しすぎていて気持ち悪いですね。

64bit化強いですね。
Unknown (藤澤)
2010-05-15 02:02:48
もっと気持ち悪いぐらい一致した例があります。最適解としては正しいようですが、何か不思議な感じがします。

phase.value = pdOPT
Iteration = 31
mu = +3.3829047340158459e-11
relative gap = +0.0000000000000000e+00
gap = +0.0000000000000000e+00
digits = +inf
objValPrimal = -8.7619158733925495e+00
objValDual = -8.7619158733925495e+00
p.feas.error = +8.5650396998955754e-09
d.feas.error = +4.9226323017848017e-10
total time = 233460.936885

SDPARA も 64bit 化する必要があります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事