佐貫卓球ルーム

スポーツの好きな地元 <卓球> 少年・少女を応援しています 

卓球ルーム(バブル時代・東京)

2018-06-02 16:59:12 | Weblog

ご訪問

     ありがとうございます


 




            趣味が高じて 卓球場をつくってしまいました

        ≪完全・電話予約制≫  営業日 <土曜・日曜・祝日>    

         卓球台3・スコアボード3・マシーン2・ネット2・

          私の勤務する会社が休日の日営業します

           自宅は他市ですので(電話予約のみ)

             よろしくお願いします

 



          






世間では「失われた20年」とよく言います

バブル後生まれた子が20代後半になりました   

こんなに厳しく長く冷え込んだ世はありません

知人はパートで生計をたてているそうです

収入は以前の半分だそうです

誰にでも平等な未来・夢・希望を与えてくれたあの頃の時代を・・・

もう一度味わいたいです

近頃よく夢をみます

仕事も遊びも楽しかったあの頃を・・・

好景気で右肩上がりの元気だったあの頃の日本・・・

あぁ~ぁぁぁ~~歳ですかね・・・           
   
それとも都が恋しいのでしょうか

都内では建設ラッシュで箱物現場が多く忙しい毎日でした

勤務する会社では再就職者の場合、国家資格と経験が必要なので

中途社員もなかなか集まらず新卒者も集まりませんでした

現場は野丁場なので工期は1~3年かかります

それに現場が大きいので知識・経験がないと務まりません

務める社員は高待遇で大事にされ現在と大違いです

建設関連は給料も高くボーナスも最高でした

同い歳で他一般会社勤めの友人の給料の倍もらっていました

同じ現場の同僚の皆は新車を買って乗り回していました

私も車(スカイライン・JAPAN)を乗っていたのでお陰でモテました

夜は同僚達と飲み歩きDクラブ(ジュリアナ)で踊りまくるグループ・・・

繁華街でのはしご酒は当たり前で1軒で帰れる事はありませんでした

2軒3軒と朝まで飲み、踊りそのまま江の島までドライブしました

海に着くとサーフィンをしています

出社前の波乗りでしょう

そして都内に戻り、そのまま現場に出勤した日もありました

歌舞伎町はまだ治安もよく早朝まで若い女性も歩いていました

眠る事を知らない街でした

そして歌舞伎町のコンパで飲んでいるOLグループと知り合いました

都内の会社に勤め寮に入っているそうです

暫らくグループで付き合いました

私とカップルになったAちゃんとは渋谷・池袋でデートしました

携帯電話が普及してない時代なので待ち合わせ場所は決めていました

渋谷はハチ公前、池袋は西武デバート前、新宿はタカノビル前でした


今日は早朝品川で待ち合わせ車に乗せ東名高速を南下しました

会社が5連休(GW)になるので行き先の予定のない旅行でした

浜松で高速を降り浜名湖でウナギを食べました

そして一般道で渥美半島を目指しました

のんびりと寄り道をしながらなので着いたのは夕方でした

明日の朝1番のフェリーに乗るので今日はここに泊まります

漁港の小さな町の民宿のような旅館です

泊まり客は仕事関係の人・旅行客の中年カップルで若い人はいません

夕食の漁獲類は新鮮で美味しかったです~~~が

大風呂が1つしかありませんでしたので私が先に入りました

そしてAちゃんが入る時は大風呂の入り口で私が見張りしていました

他の男性客が入って来ると困るので・・・

すると2人の中年男性の方が風呂場に来ました

入口のガラスは透明なので中が見えます

「若い女性が入っているが入ってもいいのか」と中年男性は私に言います

私は「彼女が入っているので暫くお待ちください」と言いました

男性は「分かった」と答え椅子に腰掛けました

椅子に腰かけガラス越しに風呂場を見ています

ガラス越しに彼女の裸体姿が見えます

椅子を移動させてもう堂々と顔を近づけています

彼女の胸とお尻がはっきりと見えます

私は何も言わず黙って座っていました

暫くして彼女が出てくるようです

私は風呂場の中に入り彼女にバスタオルを渡しました



いまでは信じられませんね

部屋に戻ってから彼女に謝りました

「まさか~こんな旅館とは思わず決めてしまって」

「いいえ~宿はここしかない地方の町だから仕方ないわ~」

「良い経験と思い出になります」

私は何度も部屋のカギを確かめ抱き合い寝ました

そんな出来事がいまでも忘れられないです

この時期になるとなぜか~毎年思い出します

付き合いは2年チョットで終わりました

お互い若かったので愛を確かめ合ったのは数百回を数えます

どちらが悪いと言うわけではなく自然の流れです

私たちには縁がなかったのでしょう

大事なバブル時代(GW)の思い出旅行~~~ です

長い人生、私は結婚し子供も出来ましたので幸せです

どうか~〇〇〇ちゃんが苦労していませんように?

彼女も幸せな人生を歩んでいてほしいと願います

 

 



       

      最後までお付き合いいただき有難うございます
         

コメント (19)