ジュゴン掲示板

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)は日本では沖縄にのみ生息しているジュゴンを守るために活動をしています。

3/30第3回ジュゴン連続学習会&第14回SDCC総会

2014年04月02日 | 活動報告

3月30日、大阪の豊中市立環境交流センター で、
第3回ジュゴン連続学習会&第14回SDCC総会を開催しました。


まず、司会者から、ごあいさつ。
この日は、朝方大荒れのお天気だったのですが、たくさんの方に来ていただき感謝です。


はじめに、スタッフからジュゴンについての簡単な説明とSDCCの活動報告をしました。


今回の講師は、日本自然保護協会(NACS-J)の安部真理子さん。
多様性豊かな大浦湾の紹介、辺野古アセスのこと、生物多様性条約・愛知ターゲット
保護区設定目標について、これからの大浦湾での取り組みについてなど、
楽しく、わかりやすくお話しいただきました。


今までの経緯から最新の情報まで、ボリュームたっぷりの内容でしたが、
安部さんにかかると、すっきり整理され、すすっと頭に入ってきました

参加者の感想
「ジュゴンの問題はもちろん、放射能汚染など、広く環境問題を
考える上でも、安部さんの講演は力になるものだったと思います」


安部さんに、ジュゴン帽子をプレゼント
とても、良くお似合いです
喜んでいただけてよかったです。

安部さん、NACS-J 事務局日誌 ・・・生物多様性を守る日々で、
さっそくこの日の報告をアップされています。


続いて、SDCC総会です。
司会をバトンタッチ
2001年に設立したSDCC、もう14回目の総会になります。


海勢頭豊代表から、今年秋の沖縄県知事選に向けて、基地反対の候補者選び
についてなどお話ししました。


吉川秀樹・国際担当からは、一時的に停止していたジュゴン訴訟の経緯と重要性について。
沖縄防衛局が、基地建設の調査、工事のために、キャンプシュワブ内、米国への提供区域内
に入るには、米国の許可証が必要です。訴訟が再開されると、米国防総省は、勝手に許可証を
出すことができなくなります。
4月中に、訴訟再会の手続きをはじめる予定で、その後2カ月ほどで、
米カリフォルニア地裁が裁判再会の判断をくだすことになります。
ぜひ、ご注目ください。


蜷川・事務局長から総括方針・決算予算案の提案をし、
その後質疑応答の時間を取りました。


首都圏事務所から、活動報告・会計報告。
この1年、様々なイベントのほか、埋立STOPのために、国会前、防衛省前の
抗議行動などにも、積極的に参加してきました。


関西からは、パワーポイントでこの1年を振り返りました。
週末ごとのイベント参加、街頭行動、じゅごん茶話会などの報告をしました。
そして、今年6/27~28に開催する「じゅごんの里ツアー」
9/15予定の「ジュゴンでトレイン!」の案内をしました。
今年も、元気にやりますので、ご参加ください


地元大阪をはじめ、京都、明石、姫路、遠くは群馬からも、来ていただいた皆さま、
ありがとうございます
これからも、SDCCの活動にご協力いただきますようお願いいたします。
ともに、辺野古・ジュゴンの海を守ってゆきましょう。

ZAN
コメント   この記事についてブログを書く
« SDCC エープリル・フール・デ... | トップ | 4/4 バナー作りをしました... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

活動報告」カテゴリの最新記事