ジュゴン掲示板

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)は日本では沖縄にのみ生息しているジュゴンを守るために活動をしています。

12/15京丹後市・経ヶ岬に米軍基地はいりません 平和の叫び&人間のくさり

2013年12月19日 | ジュゴンブログ
京都府北部にある京丹後市に、関西でははじめての米軍基地(Xバンドレーダー基地)が
つくられようとしていることをご存知でしょうか?


12月15日(日)、京丹後市役所で抗議のヒューマンチェーンがあると聞いて
大阪から、出かけて行きました。


レーダー基地設置が予定されているのは、丹後半島北端の経ヶ岬。
市役所での行動の前に現地を見ようと、経ヶ岬までドライブしました。
静かな漁村・農村地帯で、海がとてもきれいです。
ハヤブサも生息している自然豊かなところです。


この自衛隊の分屯地に隣接した部分の土地を接収して、米軍専用のレーダーを設置
また、米兵・軍属約160名が駐留することになります。
ちなみに、京丹後市丹後町宇川地区の人口は1,662人。
160人というのは、人口の1割にあたります。


お昼は地元のおいしいものをと、海鮮丼をいただきました。
お刺身が新鮮でおいしかった


雨が降ったりやんだりのお天気でしたが、きれいな虹も出て、
今日の集会はきっとうまくいくよ!の予感。


海岸線から中へ入ると、農村風景が広がります。
青いのは、風力発電機。


京丹後市長も京都府知事もレーダー基地の受け入れを表明し、
住民への説明もないままに、基地の計画が進んでいます
米軍基地建設を憂う宇川有志の会事務局長の宇川さんから、
状況説明と呼びかけがありました。
とてもわかりやすいお話がYouTubeにアップされていますので、ぜひこちらをご覧ください。


大阪、京都市街からも、バスでたくさんの人がやってきて、
1200人の参加者が、「戦争につながる基地はいらない」
「あきらめずに計画を止めよう」と、手をつなぎました。


集会後、デモに出発
京丹後は、静かで趣のある町でした。


通りかかった掲示板に、映画標的の村のポスターが。
「この映画は明日の京丹後市の現実」の文字が見えます。
地元の方たちで、上映会をして、沖縄の基地問題についても
勉強されているそうです。

つながりを広げながら、京丹後の基地も辺野古の基地も止めていきましょう。

ZAN
コメント   この記事についてブログを書く
« 知事へのハガキを送りました | トップ | 埋め立てを不承認に! 18... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ジュゴンブログ」カテゴリの最新記事