暖 芝浦店 スタッフブログ

~癒し探究人の徒然日記~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

VS 風邪 睡眠編

2007-12-21 14:46:46 | 健康・病気

 

 冬になると、ついつい外出するのが億劫になりがちですよね(~з~;

 

 でも、冬のお散歩も気分がリフレッシュ出来てなかなかいいものですよ♪♪

 

 この間、冬の“鎌倉”に友人と行って来ました!!

 

 目的はと言いますと・・・願いの叶う(と噂の)キーホルダーを

 

 ゲットしに(^-^)☆

 

 そのお店は、『ギルド』と言う名前で、最寄り駅は「由比ヶ浜」。歩いて6~7分。

 

 店構えはとってもカラフルで可愛いんです(*´∇`*)

 

  店内には、ところ狭しと商品が置いてあり、品数は豊富!!

 

 自分のお気に入りが必ず見つかります♪

   

 ・・で、私達はと言うと・・・目移りしてなかなか決まらない(笑)

 

 形によってそれぞれ意味があるのだそうで。。。

 

 多分、店内に30~40分ほどいたのでは??

 

 悩みに悩んだ末、買ったのがこれ。

 

 Img_0072_2

 

 その場で名前や絵、好きなものを彫ってくれるんです(^0^)!!

 

 しかも、無料で!!

 

 通販なども行っているので、興味がある方は是非☆★

 

 その後、折角鎌倉まで来たのでぶらり②お散歩♪

 

 小腹が空いてきたので、小町通りを歩きながらクレープ(甘くないヤツ)や

 

 焼きたてのお煎餅などをムシャ②。

 

 そんな感じで歩いていると、納豆屋さんを発見!!

 

 納豆大好き!な私達は、すぐさま店内へ。

 

 全て試食して(笑)、極小粒&紫蘇納豆を購入。

 

 とても美味しかったです( ̄¬ ̄)♪

 

 一度でファンになってしまいました(笑)

 

 お取り寄せもしているそうなので、カタログGETしてきちゃいました☆

 

  Img_0076_2 Img_0078_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

  

 

 

 

       

 とまぁ、そんな感じの休日でした。

 

 皆さんも冬の鎌倉、いかがでしょう?

 

 

 こんにちは。癒し処暖スタッフの浦野です。

 

 今回で“風邪対策”も最終回となりました。

 

 最終回に相応しく?!お題は『睡眠不足解消!』。

 

 人は一生のうちに三分の一は眠っていると言われているそうです。

 

 睡眠は脳とからだを休め、肌細胞の働きを助けたりと、美容や健康と

 

 とても関わりが深いんですよね~。

 

 とは言っても、仕事の関係で時間がなかったり・・寝てもいまいち疲れが

 

 とれなかったりしがちですよね?

 

 又、寝ても②疲れがとれない・・。

 

 逆に、目覚めた後に疲労感に襲われたり・・。

 

 そんな経験ありませんか?

 

 おそらく、それは自分に合った睡眠方法ではない可能性が( ̄□ ̄;!!

 

 人間にはそれぞれ、自分にあった“眠りのタイプ”があるようです。

 

 よく「7~8時間が理想的」なんて言われてますが、元々短時間の

 

 睡眠で平気な人もいるんですよ。

 

 この方たちは“ショートスリーパー”と言われるよう。

 

 きっと、ナポレオンだとか、ダ・ヴィンチはこれに入るんでしょうね。

 

 その反対で、9時間以上の睡眠が必要な“ロングスリーパー”も健在!

 

 じゃあ自分はどのタイプ?と思いますよね。

 

 これを調べるには、起きる時間に自由がある時に、

 

 目覚ましなしでス~ッとスッキリ!起きられるかで決まるそう。

 

 ちょっと余裕のある時に試してみれば、

 

 「寝なきゃ②(>-<)!!」

 

 みたいなストレスも軽減されるのでは??

 

 他にも、冬場はいかんせん寒い(+_+)

 

 寒いとなかなか寝付けなかったりするんですよね~。

 

 そんな時におたすけアイテムが・・湯たんぽ♪♪

 

 今年すごく流行ってますね!

 

 私も足先が冷え②で悩んでましたが、ついに今年購入(^∇^)v

 

 Img_0074_2

 

 この子は出来る子です!!

 

 何ともいえないぬくぬく感が最高です(=∀=)☆

 

 冷えでお悩みの方、是非試す価値はありますよ♪

 

 

 そして、目覚めたら『朝日を浴びる!』

 

 朝のうちに太陽光を浴びると、睡眠リズム&体のリズムが

 

 整うので、是非とも浴びてみてはいかがでしょうか(^0^)☆★

 

 

 これで、風邪対策編は完結ですっ。

 

 皆さんありがとうございました(≧∀≦)!

 

 次回からは、冬太りが気になる今日この頃。

 

 脱・メタボ!ナイスBODY☆

 

 を目指し、自宅で行える筋トレ&エクササイズ編

 

 をお送りしていきたいと思います。

 

 よろしくお願いします♪(^∪^)♪~♪  

 

コメント   トラックバック (4)

札幌小旅行記 其の2

2007-12-11 13:49:50 | 癒し処

こんにちは。癒し処「暖」スタッフの會津です。

 

 

浦野さんの作った「ぶり鍋」、美味しそうですね( ̄¬ ̄)

 

お魚が大好きな私にはたまりません。

 

 

さて、前回に引き続き、札幌小旅行の様子をご紹介したいと思います~。

 

(ちょっと引っ張りすぎですかね?)

 

 

札幌小旅行の二日目、帰京まで残された時間はあと数時間。

 

この短い時間で、ジンギスカンとお寿司を食べるという

 

強行スケジュールを敢行しなければならない私達は、

 

時間とお腹との戦いに勝利しなければなりません!

 

 

幸いこの日は、日本ハムの優勝パレードがありましたので、

 

この時間は大通りに人が集中して、ちょっと離れた場所にはあまり人はいないだろう、

 

とふんでの行動開始です。

 

 

(長編ですが、ここからは時間との戦いの風景をお楽しみ下さい。)

 

Photo

 

8時頃に美味しい朝食を済ませ、来る戦いに備えます。

 

 

Photo_2

 

 

この日の札幌も雪がぱらつき、

 

しばれる~(←津軽弁)

 

 

 

まずは、サッポロビール園へ向かいます。

 

宿泊したホテルのすぐ近くにあるので、さくっと到着。

 

時計はまだ11時を指しています。

 

 

余裕しゃくしゃくでお店に入ろうとすると、11:30オープンの文字が。。。

 

 

 

ガーン∑( ̄Д ̄;

 

 

早速予想外!

 

あまりフラフラしている時間はありませんが、ここは仕方ありません。

 

せっかくなので隣のサッポロビール博物館へ入ります。

 

 Photo_3  Photo_4

 

ここでは、サッポロビールのこれまでの軌跡を見ることができます。

 

Photo_6

 

ビールを作る工程を可愛い模型で表現しています。

 

ファンタジーですねぇ♪

 

表情はありませんが、大好きなビールを楽しそうに作っている様子がうかがえます。

 

Photo_7  

 

 

この「ナポリン」は、北海道ではポピュラーなんでしょうか?

 

空港でも普通に売っていました。

 

微炭酸のオレンジジュースでしたが、

 

「ナポリン」ってどういう意味?

 

最後まで分からず。

 

 

 

 

そして、この博物館でビールの飲み比べができます。

 

Photo_8

          私が飲んだナポリンも並べてみました(笑)

 

 

お味はというと・・・、

 

一番左の開拓使麦酒は、味に深みがあって一番美味しかったです。

 

でも、沢山飲むなら、もうちょっとあっさりめのサッポロビールかな~。

 

なんて、昼間からビールを飲みながら皆で話していると、

 

いつの間にか12時近くになっていました。

 

 

まずい!悠々しすぎた!!∑( ̄Д ̄;

 

Photo_9

 

サッポロビール園の中に入ると、

 

おじさま達が美味しそうにビールを飲み飲みジンギスカンをほうばっています。

 

負けていられません。私たちも早速注文です。

 

 

「生ラムジンギスカン・焼き野菜セットとー、トラディショナルジンギスカンとー、

 

 シーフード(エビ・帆立・鮭・イカ)とー・・・」

 

Photo_10

 

小学校の修学旅行で函館に行ったとき以来のジンギスカンです。

 

臭みが少なくて、かなりうまーーーーい!!うまーーーーい!!うまーーーーい!!

 

ペロリと平らげました。

 

ジンギスカンは臭みが強いので、敬遠される方もいらっしゃいますが、

 

ここのは臭みが少ないので、美味しくいただけますよ。

 

 

ジンギスカンもたらふく食べ、次はお寿司へ・・・はまだ早いので、

 

札幌駅でお土産を物色しつつ、お腹が空くのを待ちます。

 

 

「白い恋人」の販売が再開されたと聞いたので、早速購入しようと思ったのですが、

 

どこに行っても売り切れ状態でした。おぅ、残念。。。

 

Photo_11

 

お目当てのお寿司屋さんは、回転寿司の「花まる」です。

 

安くて美味しい行列のできるお寿司屋さんです。

 

実際私たちも約50分待ちの行列に並びました。

 

 

空腹とはいえないお腹の状態でしたので、食べるネタは厳選しました。

 

しかし、どれを食べても美味しい上に、中トロを含めて4皿食べても1000円しないんです。

 

これは嬉しい!大満足です!!

 

しかも、ノリノリでオーダーを受ける店員さん達は、楽しそうに仕事をしていました。

 

雰囲気のいいお店創りって大事ですね~。

 

 

札幌に行かれた際は、是非召し上がってみてくださいね!

 

ただ、お寿司にありつけるまで時間がかかりますので、

 

時間に余裕をもっていかれた方がよろしいかと思います(^-^;

 

 

ジンギスカンとお寿司を食べ、もうお腹はいっぱいです。

 

(本当はラーメンも食べて帰りたかったのですが、さすがにそれは・・・)

 

そろそろ空港へ向かわねばなりません。

 

来た時と同様、電車で空港まで行き、飛行機で東京へ。

 

歩き疲れた私は、電車と飛行機の中では爆睡です。

 

 

無事、東京へ戻ってきたときには、もうヘトヘト。。。

 

しかし、この強行スケジュールに勝利した私は、達成感いっぱいです!!

 

お土産を抱え、家路へと急いだのでした。

 

 

やっぱりたまには旅行もいいですね~。すごく気分転換になりました。

 

これからの北国は食べ物がより美味しくなってきます。

 

是非、皆さまも北海道へ遊びに行ってみてくださいね~(^-^)ノ

 

(完)

 

 

 

コメント

VS 風邪 スタミナメニュー

2007-12-07 22:15:26 | 健康・病気

 會津さんに引き続き、私も先日姉の結婚式に行ってきました!

 

 11月23日大安の日に式は行われました。

 

 新宿ヒルトン。ちょいセレブ気取りで(笑)。

 

 受付に私から姉にプレゼントした『ウエルカムボード』が

 

 飾られていたので、恥ずかしながらお披露目(*_*)!!

 

Welcome_3

 

 結婚式の内容は・・・長くなるのでカットします(^0^)

 

 あしからず・・。

 

 こんにちは。癒し処暖スタッフの浦野です。

 

 今年のインフルエンザはかなり早い時期から流行しているみたいですね。

 

 ちなみに・・今年はソ連型のようですね。

 

 さて②、今回は風邪をひかないようスタミナメニューの紹介です(⌒0⌒)♪

 

 ・・と、その前にどんなものが風邪に効くのかを簡単にお伝えします。

 

 体の中に入った異物に対して、「身を守ろう!」と働きかけてくれるのが

 

 『免疫』。この抗体を作り出してくれるのは・・『タンパク質』!!

 

 このタンパク質の機能をさらに高めてくれる働きを持つのが・・

 

 『亜鉛』!!

 

 これにプラスα、ビタミンC・B、鉄などをバランスよく取り入れると

 

 いいんですね~。

 

 冬のこたつにみかんは理にかなっていたんですね~!!

  

Mikan

 ではこれをふまえて、メニューをご紹介しますね☆

 

 【ぶりと焼きねぎのあっさり鍋】

 

  <材料>=2人分=

  ぶり 大2切れ(300g)

  下味 酒 大1

     塩 少々

  長ネギ 2本

  水菜 150g

  

  A:水 3~4カップ

    塩 少々

    酒 大2

    醤油 大1

  すだち 2個

  七味とうがらし 少々

 

  <作り方>

  

  ①下ごしらえをする。

 

  ぶり1切れを2~3つに切り、下味をつけ10分置く。

  長ネギはぶつ切りにして、サラダ油少々をからめ、オーブントースターで焦げ目が

  つくまで焼く。

  水菜は長さ4~5㎝に切る。

 

  ②煮る

 

  浅鍋にAを煮立て、水気を拭いたぶり・長ネギを加えてアクを取りながら弱火で

  7~8分煮る。

  水菜を加えてしんなりしたら、好みで・・すだち、七味とうがらしをふり、

  いただく(^□^)/♪♪

  

Nabe_3

 

 とても簡単なので、一人暮らしの方も是非!!試してみて下さい(≧∀≦)☆★

 

 体も温まって、いいことだらけ♪

 

 さ~!!ここまで来れば、あとは寝るだけ( ̄З ̄)ZZZ

 

 ・・食べた直後は危険ですよ。ブタになる( ̄□ ̄;!!

 

 気を付けて。。

 

 ・・じゃなくて、風邪に負けないように“質の良い睡眠”を

 

 とる為のポイントを次回はご紹介します(*^ー^*)

 

 では②、また次回!!

 

 

 
  

 

 

 

 

コメント