編集長の怪しすぎるブログ

編集長が好きなことを自分勝手に書くBlog

ニューキングハナハナのReg確率追い続けた結果

2016-01-31 20:42:41 | スロニート
負けたww

もうね、Reg確率しか見てなかった。BIG240と2000以上なんてのもあったけどReg確率が300ぐらいだから良いだろみたいな。

ちなみにドラゴンも打ったりと何台か打ったんだけどそのうちBIGもある程度付いてきてるドラゴンの小役確率はクソだった。

Reg引いた後に100G回すまでベル3回とかあったし

設定を知る術がないんで全ては推測の域を出ないが、小役確率を信じればひたすらビッグが出なかった方の台は小役のがまぁまぁ良かったのでそれほど設定は低くないが不発に終わってる系で、ある程度BIG派引いてるが小役がクソな方はスイカも落ちなかった事から低設定のたまたまRegが出ちゃってる台なんじゃないかと。

結論は小役確率とスイカは信じた方が良いよねって話でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dスにスロット打ちに行った時に気をつけるべき事

2016-01-30 10:53:34 | スロニート
今回のエントリは俺が俺自身に意識させるために書くエントリであって、他の誰かの役に立つものではないかもしれない。なぜならばこれは俺が割とよく行く店の話であり、それはこれを読んでくれている人が通ってる店とは違う可能性が高いからだ。

結論から言うと自分の弱点や欠点を常に意識する事が大切だと思う。俺の弱点は負け額が数万円を超えるとその負けている数万円をその日の打ちに、しかもその店で一刻も早く取り戻そうとする。そのため期待値の低い沖ドキなんかに手を出し、その結果負け額が更に膨らんで取り返しがつかなくなる。

昨日もそうだった。昨日は定期的に客が多くなる日だったために俺は朝から並んだ。と言ってもビックリするぐらい並びが少なく、他の店のそう言う日と比較するとかなり過疎ってると言えた。サイトセブンでもデータはほぼ毎日確認済みで、そうなる理由はなんとなくわかった。その店は明らかに出してないからだ。設定を使わない。

じゃなんでそんな店に行ったのか?それはすぐ近くにある店が前日クソみたいに出しまくっていたからだ。こんなに別積みを見るのは久しぶだぜぐらいに出していた。その店と某D店は競争する傾向が過去から見て取れる。なのでもしかしたら設定を使ってくるんじゃないかというのが俺の予想だったわけだが、見事に予想は外れた。

予想が外れると負ける。1時間で2万円吹っ飛ぶので昼を過ぎる頃には結構な負け額になる。収支票を店舗別で見るとこの店のみ負け額が吐出しているのがわかる。もう1つは新宿にあるあのパチンコ店だ。

今後は常に自分の精神状態を意識し、少しでもカッとなっているようであれば強制的に店を出る事にする。そうでなければいつまでたってもこの店で膨大な金額の負け額を作り続ける事にるから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハナハナの設定狙いでやること

2016-01-28 22:28:36 | スロニート

スロニートです。d店で30万円ぐらい負けてます。過去の負け額を入れれば相当な金額になるんだと思います。そんな負け野朗の僕が設定狙いについて語ったところで何ら説得力もないんですが、僕はARTを打つことは殆ど無く、基本的にノーマルAタイプ専門。しかもハナハナをメインに打っているぐらいハナハナにハマっていまして、その意味では人一倍ハナハナを打ってるんじゃないかなと調子こいてます。

 

そんなハナハナ中毒の僕がなるべく高設定を取るためにやっていることは、ひょっとしたら他の誰かの役に立つんじゃね?という観点から、今回のエントリを書くことにしました。とは言え、パチスロが好きなのでパチスロ系のことを書きたいだけなんですけどね。ってことで僕が高設定を取るためにやっていることを書いていきます。

 

ハナハナに高設定を入れている店を探す=これ重要

前日の夜の下見で出目・高設定台・ハマリ台をcheck。

据え置き狙いと上げ狙いの両方で候補を幾つか決めておく。

朝一でめが変わってなくガックンもなければ据え置き、逆ならばリセット。

 

こんな感じで立ち回っちゃったりしているんですが、うまいこといきません。出目も変わってないしガックンもないので据え置き?と判断して前日高設定っぽい挙動の台を打つんだけど、朝からベル落ちが悪くまるで沖ドキでも打っているかのような気分になる。それでも「たまにはこんなこともあるし、なんたって高確率で高設定だから」と回していると気づくと1時間で2万円が消えている。

 

それでも高設定ならば5000枚ぐらい出るから、マイナス1000枚なんてへっちゃらさと余裕こいて打っているんだけど、ボーナスは引くものの飲まれるし、追加投資の嵐。結局3000ゲームぐらい回して「ベル確率1/8、ビッグ450REG450」でこれは設定ないなと気づく。

 

ここまで大きく負ける原因は、最初の段階で設定変更はない!前日は高設定だったから今日もそのまま高設定だ!と決めつけてかかっていることです。前日のデータはあくまで結果であり、それで高設定が確定しているわけでもなんでもない。確かに高設定っぽい挙動だったが、たまたまそうなっただけの可能性だって十分あり得るということを考えもしなかった。

 

しかもこの台は朝一から終始ベル落ちが悪く、あとから考えてみればベルが俺に「この台は高設定じゃないよ」と教えてくれていた。僕は比較的ベル確率を重要視する方なんだけど、ひとに聞くとベル確率は数千ゲーム回さないとそのデータに意味が無いとか、そもそもベルなんて気にしないなんて意見もあったりして、この時の僕はベルは気にしないモードに近かったんだと思う。

 

ところで前日の夜に高設定っぽい挙動の台の出目をチェックして、朝一でめの変更なし&ガックンなしでは、もうそれを高設定と思い込んで打たなければ、あとは何を基準に選べば良いのかわからないぐらいだ。もちろん当日たまたまボーナスを引けなかっただけという見方もできるんだけど、それを言ったらなんでもあり。低設定だって爆裂すると言えるし、設定6だって3000枚すこむとも言える。

 

こんなことを考えていては一生やめれないのでどこかで線引をする必要がある。それは例えば1000円で30回以下しか回らないような台なら辞めるとか。そういった線引がない限りは、辞めるにやめられない。パチンコもスロットもいかにして負け額を少なくするかが勝利に近づくことだと思う。なぜならうち付ければ確率論上高確率でボーナスを引くことは引くんだから。

 

ちなみに僕が比較的よく行くd店は、設定を使うことがほぼないのでいわゆる専業で食っているプロはいないと思う。きっとそのd店では食えないと思う。そういった意味では趣味でパチンコを楽しむ客が来る店なんだけど、俺は競争に弱いからそういった店で500枚とか出して喜んでいるレベルの人間。

 

これはこのブログでも何度も行ってきたことなんだけど、ぱちんこ店選びは本当に重要だ。なのでパチンコで勝とうと思うのならば、設定を使っている店を真剣に探す必要がある。大げさな表現になるかもしれないが、設定を使っている店を探すために時間を作ったほうが良いと思う。

 

パチンコで勝てるか負けるか、全てはぱちんこ店次第だからね。めっちゃテクニシャンだからといって勝てるわけではない。ぱちんこ店が「明日はこの台を出そう」と決めるから次の日にその台を打っているひとが勝つわけだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イベントなのに朝一から行かない理由

2016-01-28 18:29:03 | スロニート
結論から言うとノーマル機の変判できないから。ガックン対策されてるし。なもんで適当に座って20分の一の中間設定をゲットする夢しかない。

流石に定期イベントの日は9割が低設定って事はないだろうという意味ではレンジで1000枚近くは期待できる。なのである程度客が回した台なら当日データが見れるので、それを使って台選び。なので朝一から行ってもお客さんがどこに向かうのかを見るだけになってしまう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハナハナの設定狙いについてそりゃあダメだろっていう個人的に思う事

2016-01-28 09:37:02 | スロニート
スロニートです。最近はハナハナホウオウではなくニューキングやクイーン、キンハナ、などを打ったりしています。理由は、なぜか鳳凰ではReg確率悪くない台が出ないから。最初の頃は「そんな時もあるよね」で気にしてなかったんですが、この立ち回りでクソみたいに負けが重なって一気に数日間かけて一気に30万以上吹っ飛びました。もう二度とD店には行かないかな?と思いながらも行ってますがww

ところで僕がわりかしよく行くD店はいわゆる地域密着型ぱちんこ店と言われてる部類に入ると思います。理由は高設定がないからです。4000枚以上出てるノーマル機を見る事は年に数回程度しか有りません。サイトセブンは店に行かずとも設定推測ができるので便利ですな。

いわゆる設定を使ってない店でのメダル獲得枚数はだいたい1000枚ちょい。投資金額が2万行くともうほぼアウトです。その店で2万ちょいという事はドル箱カチ盛りが2つ必要になります。なもんで目視でもわかります。

これを朝から拾いに行くのは個人の自由として、僕は何度か挑戦したけど無理でした。島で一番出てるかな?と思う台を打っていてもせいぜい2000枚。これはレンジでして、例えば2万突っ込んでいれば利益は2万ぐらい。でもその頂点でやめる事なんてできないでしょ。そこから有る程度突っ込んでこれはないかな?と気づくんですが、その時にはもう1500枚も残ってない。数千円程度の勝ちとなります。

前日に下見をして朝一から並んでやっとの思いで台を取って20分の一の確率を当ててこの結果。労力と戻りのバランスから考えると、これで食おうとしてる人がなぜこの店で打たないのかがわかります。

これはあるプロの方から聞いた話なんですが、プロと思われるような人がいない店は出ないからいないのであって、そんな店では打たないほうがいいと。理由は設定使ってないから勝てないし負けやすいと。なるほどなと思いましたね。

僕は結構いろんな店に行く方でして、それこそ家から1時間以上も移動時間を使っていく店もあります。これはかなりの優良店だからなんですが。その店と比較すると店によってうん例の差がある事がわかります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加