編集長の怪しすぎるブログ

編集長が好きなことを自分勝手に書くBlog

ノーマル機でガックンチェック対策済みのパチンコ店では?

2017-06-16 08:28:03 | スロニート

ノーマル機でガックンチェックは超大切。なぜなら設定変更判別ができるからだ。逆にいうと設定変更判別ができないとある程度ぶん回さないと設定変更判別ができない。んである程度ぶん回すということは投資をすること。投資をするということはお金が財布からパチンコ屋に移動していくこと。そしてぶん回した結果低設定であることがほぼほぼ判明したら、自分の財布からパチンコ屋に移動したそのお金は、基本的に機械割の値通りパチンコ屋のものとなる。つまり貧乏になるということだ。

 

だからガックンチェック対策がしてあるガックンの聞かないホールでは、お金を使わないと設定変更判別が基本的にできないと考える。であるとすれば、そのお金は自分のお金じゃない方がいい。他人のお金。そう、誰かが適当に打ってある程度のゲーム数を作り上げてくれるのを待つ。そしてそのゲーム数こそがサンプル数となる。そのサンプル数からある程度の判断をすると。

 

つまりガックン対策が講じられているパチンコ屋は、基本的に朝一から打ちに行くようなホールではなく、夜からうちに行ったほうがいい。そして夜から打ちに行くということは、基本的に打つ時間が短いので、高設定でも機械割の低い台であれば、稼げても数千円程度。例えばハナビの設定6の機械割は設定6なのに低かったりするが、実際ホールで使われているのはほとんどが設定5であると俺は思っている。まぁ俺が6をツモったことがないからかもしれないが。ただ、基本的に309枚というハズレが出る確率は5.6ともに同じなので、パチンコ屋が6を使う理由ってあまりないよな。

 

 

『ギャンブル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 設定使っているパチンコ屋の... | トップ | パチスロの高設定が金曜日に... »

コメントを投稿

スロニート」カテゴリの最新記事