スコッチダイアリー

盛岡の小さなショットバー「スコッチハウス」のサトコママの日記帳です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

続報! ウイスキーセミナー「土屋守IN盛岡」 12月1日(日)開催

2013年11月08日 | Weblog
 土屋守氏のウイスキーセミナー、チケット販売開始しました!

   日時 12月1日 (日)
      14時30分 開場
      15時    開演 (18時終了予定)
   場所 ホテル東日本盛岡 3階 鳳凰の間
   セミナー料 3,000円

   ※テイスティングがありますので、お車はご遠慮ください。またセミナー終了後ホテル東日本地下の
    「アリーブ」にて懇親会を行います 。会費は3,000円です。
 
 

このセミナーは講師に土屋守氏(スコットランド文化研究所所長)・佐久間正氏(ニッカウヰスキー・チーフブレンダー)の両氏をお招きしての会となります。特に土屋氏には、人気の高いアイラウイスキーについての最新の情報を織り交ぜた講演をしていただきます。皆様、どうぞふるってご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。


 と、ものすごくまじめな文面を作ってみました。なにしろ、我々バーテンダー協会盛岡支部にしてもはじめての試み!ニッカの盛岡担当の方も、「僕も、こういうセミナーは初めての経験なんです。佐久間さんに会えるなんて感激です。頑張りますよ~!」と言ってました。皆さん応援よろしくね!!


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

 ウイスキーセミナー「土屋守 IN 盛岡」 (2013年12月1日 日曜 開催)

2013年11月06日 | Weblog
 ウイスキー評論家、土屋守氏のウイスキーセミナーが盛岡で行われます!スコッチハウスも所属する、日本バーテンダー協会盛岡支部の主催になります。

         日時  12月1日(日)
         場所  ホテル東日本(盛岡市)
         時間  開場 14時30分 開演 15時~
         会費  3,000円

 ニッカウヰスキーのチーフブレンダー佐久間氏もお呼びしての、中身の濃いセミナーです。懇親会の予定もあります。問い合わせは、スコッチハウス関まで。(℡ 019-604-5577)

 東京からは、盛岡は日帰り圏内です。この機会に皆様盛岡においでくださいませ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生牡蠣にボウモア

2013年11月01日 | Weblog
 スコッチハウスの常連M氏が、毎年「生牡蠣にボウモアをかけて食べる会」を行っています。第四回目となる今年は、M氏ご本人と奥様、スコッチハウスママ(私です)、自家焙煎のコーヒー店を営むW氏の四人会でした。いつも何かを主催する側の私ですが、今回はお呼ばれだったので、久々に楽しい時間でした。

 実は、毎年とても楽しみにしていて、会が近くなるとお客様に、ついお話してしまいます。先日、川越からスコッチハウスにお見えになったIさんは、ちょっと質問しただけなのに、私に力説されました。「普通、牡蠣にはシャンパンとかシャブリを合わせますよね。生牡蠣にボウモアって、どうやって食べるんですか?」「殻付きの牡蠣にボウモアをたっぷりかけて、身を食べたあと、残ったつゆもそのままいただくんです。おいしいですよ!本当においしいですよ!!機会があったら是非試してください!!!」・・・書き起こして気づきました。Iさん。うるさかったですね。すみませんでした。

 「よく生牡蠣にボウモアをかけて食べる話を聞くけど、本当に美味しいのか?」という素朴な疑問から、2010年11月に、この会が始まりました。スペイン料理の店「スパニッシュライツ」に生牡蠣の調達をお願いしたところ、見事に肉厚な三陸の牡蠣を取り寄せてくれました。おそるおそる殻付きの牡蠣にボウモアを注いでみたら、本当に美味しい!生牡蠣の塩分とボウモアの塩気が上手くまじりあい、食べ終わった後口の中にほのかな甘みが残る・・・。レモンも添えられていましたが、レモン味の牡蠣は野暮だと思えるほど、ボウモアと生牡蠣の相性は抜群。味見をしたスパニッシュライツのS店長も「いやぁ、これはいいですね。また来年もやってください!」と言ったほど。当然、全員一致で定例会となりました。

 ところが、ご存じのとおり2011年の震災で三陸の牡蠣は全滅しました。スパニッシュライツでは「三陸は無理でも、他から探しますよ」と言って第二回目は広島の牡蠣。2012年の第三回目は北海道サロマ湖の牡蠣を取り寄せてくれました。

 今年も、夏頃からM氏は、スパニッシュライツに打診していたようで「10月29日に牡蠣の会をやります。少し早いけど三陸の牡蠣が入荷できるよう頑張ってみると、S店長にも言われました。」とスコッチハウスに報告にきました。そうです。2013年は三陸の牡蠣が復活したのです。そして当日、山盛りの牡蠣が私たちの前に出されました。「10月なので身が薄くて・・・」というS店長。しかし、分量はいつもの倍はある~!結局一人1ダース(12個)の生牡蠣をいただきました。「いろいろな所の牡蠣を食べたけど、ようやく三陸に戻ってきたね」と全員で喜び合い、会はお開きとなりました。

 皆さん、生牡蠣にボウモア、本当にいいですよ。是非、お試しあれ!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加