スコッチダイアリー

盛岡の小さなショットバー「スコッチハウス」のサトコママの日記帳です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無事です(特にウイスキーが!)

2011年03月12日 | Weblog
3月12日18時半に、地震以後ずっと止まっていた電気が、復旧しました。

盛岡は、岩手の他の地域に比べたら、軽微なものでした。震度6強、余震も多々ありましたが、ガスと水道が止まらなかったのが大きかったです。

電話も不通で、パソコンもネットにつながらず、ラジオの情報だけがすべてでした。

ウイスキーは、全て無事でした。かけつけた火災保険の担当者が、「大丈夫だったんですね!」と絶叫してました。スコッチハウスは、見かけは地味な建物ですが、天井に梁(はり)が3本渡してあり、とても頑丈なのです。バックバーも釘をつかわない組み立て式で、うまくボトルの重量を逃がす構造になっているのです。

各方面から、ご心配や励ましの電話、メールを頂戴しました。ありがとうございました。 余震がまだまだ続いており、安心はできませんが、ひとまず無事をご報告したいと思います。

コメント (5)

発売一か月

2011年03月08日 | Weblog
スコッツオデッセイ発売から一か月たちました。本の評判がとても良く、大変うれしいです。そして、おかげさまで、売れております!購入してくださったみなさん、ほんとうにありがとうございます!!!

マスターは喜んで「よし、改訂版だ!」とはりきっています。そして、「俺が書いたところより、こいつのエッセイの方が評判よくて」などと言います。ちょっと待て、あなた喋っただけで、一文字も書いてないでしょ~!

人が、自分の都合のいいように記憶を脚色するのを、まのあたりにしました!

ところで、愛読者である滝沢のE君に、「ブログ、もっと書いてね~。楽しみにしてます。」と言われました。仲良しのぷぅこちゃんからは、「ママが書いた文を読んでると、ウイスキーが飲みたくなります。」とうれしいコメント。実は、ネタ帳であるこのブログを書かないと次の本が作れないので、こんな感想がとても励みになるのです。

盛岡出版コミニュティの栃内氏によると、文章上達のコツは毎日書くことだそう。良い文章が書けるように、細く長く、がんばってみようかなと思っています。ネタはあるんですよ。アバフェルディの赤リスは実は可愛くないとか、いろいろ。画像もアップしたいので、マメに写真も撮ることにしましょう!

さてE君、夫ネタは面白かったかな?




コメント (4)