スコッチダイアリー

盛岡の小さなショットバー「スコッチハウス」のサトコママの日記帳です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NBA盛岡支部のトラウマ

2006年03月31日 | Weblog
スコッチハウスは日本バーテンダー協会(通称NBA)に所属しています。先日の研究会で盛岡支部の総会の日程が決まりました。総会後は温泉で一泊して宴会というもので温泉好きの私としては非常に楽しみにしてるんですが、この宴会がくせもの。

忘れもしない3年前。支部長の「みんなパーティで頑張ったんだから温泉で総会やろうよ」の一声で繋温泉へ行った一同。総会のあといそいそと宴会場へとむかうとそこにはハリセンをもって待ち構えているK宴会部長が。(店名をだすっ!ブルーブレザーだっ!!)しかもお膳が全部一箇所に集められごていねいに寿司、天ぷら、鍋、フルーツとアイテム別に置かれている。「さあこれから4チームでゲームやって。勝ったチームから好きなもの食べていいからね~。」いや呆然としました。でも目の前に賞品(この場合はご馳走)があると燃えるんだよ。じゃんけんで勝った方がおもちゃの刀で相手の頭を狙い負けた方は洗面器をかぶってそれを防ぐ「新あっち向いてほい」とかミスドDポップのなかにわさびが!「食べたのは4人のうち誰?」などの強烈なゲームをクリアし最後の一人がお膳にありついたのが1時間後。K宴会部長のはなばなしいデビュー戦でした。そして私たちNBA盛岡支部の会員に「宴会の時ご馳走にありつけないのでは」という深刻なトラウマがとりついたのです(笑)。

その後宴会部長はパワーアップしわさび入りミスドDポップもバージョンアップしました。なんでも友達のミスタードーナッツの店長さんに特別につくってもらっているそうで
その店長さんも自分の作品(!)をわざわざ宴会場に届けてくれるという熱の入れよう。
今度の総会は5月の連休明けなんですが何が待っていることやら。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノースポート

2006年03月29日 | Weblog
お客様のリクエストによりノースポートを入荷します。ノースポートは1983年に閉鎖されたハイランドの蒸留所のウイスキーです。最初は軽くドライな味わいで、飲むほどにマジパン(アーモンド風味の砂糖菓子)の甘さが出てくるということです。「ノースポートという名前のバーにかよっていたので同じ名前のウイスキーを一度飲みたいんでよ。」というお客様のお話を聞いたマスターがインターネットで調べて早速レアモルトシリーズのノースポートを入荷することに。マスターのパソコン操作は文字入力を忘れてしまってマウスのクリックしかできないんですが調べものはとてもはやいのが不思議です。
4月に予定しているテイスティング会のお題がNではじまるウイスキーなのでタイミングがいいなあと思いました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お茶をどうぞ

2006年03月28日 | Weblog
ウイスキーは深く酔います。そんな時スコッチハウスでは酔い覚ましに中国茶を淹れます。いま気に入っているのは永春仏手(えいしゅんぶって)というウーロン茶。産地は福建省の永春。漢方薬の枝に接木をして育てる珍しい種類のお茶で効能は酒毒を消し肝機能を高める・・・いわば酒飲みのためのお茶です。日本茶の緑茶かなと思う味わいで飲み口がとてもさわやか。これの他のもお店には4~5種類のお茶を常備していますがもうちょっとふやしたいところです。春になり活動的になってきたので盛岡の中国茶のお店を回って美味しいお茶を探して歩きたいなと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近のボウモア

2006年03月26日 | Weblog
ボウモア8年が終売になるそうです。オフィシャルの12年よりはるかにおいしかったためハウスボトルのようにいつも店においていました。残念に思っていましたが、他のボウモアも案外いいんじゃないかと思い始めました。というのはエニグマの評価が結構高かったからなんです。「頑張っている。あと2~3年樽にいればもっとよくなるんじゃないか。真面目につくった味。」とはスコッチハウスの常連さん評。ちなみにその時いろいろくらべたうちのひとつジュラの3年は自信をもってすすめたのに「ピートでごまかしている」とばっさり(笑)。主観の相違とはいえはっきりしすぎ。でもそういわれて飲んでみるとボウモアエニグマの素直さにとても好感がもてました。このあいだ飲んだボウモアサーフも味がきれいだったし。よく頑張ったねボウモア。おかーさんはうれしいよ。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粘土の味のウイスキー

2006年03月25日 | Weblog
ウイスキーの味について考える機会がありました。ハイランドパークは大好きだけどノッカンドーは咽にひっかかって飲めない、と言ったお客さまがいます。咽にひっかかって飲めないというのは面白い表現だと思っていました。

私自身が咽にひっかかって飲めないという事を実感したのは山崎の原酒1984年をテイスティングした時です。煙くささと土の味が濃厚な全く甘みのないウイスキーでした。そして咽ごしがスムーズではありませんでした。ベリースムーズという表現があるくらいなのでウイスキーにとって口から咽にすうっと入っていく感じは重要なポイントだと思います。その時はなんて泥臭いウイスキーだろうと思っただけでした。

そのお客さまがなんでノッカンドーをボトルで買ったかという話になりました。粘土の味のするウイスキーだと本に紹介されていて興味を持ったのだそうです。ふと思いついてもう一度ノッカンドウをみんなでテイスティングしてみました。ああ、たしかにかすかに粘土の味がします。でもそれを一緒に蜂蜜系の甘さがあって飲み終えたあとの後味をさわやかなものにしています。そのときいきなり数日前に飲んだ山崎1984年の強烈な粘土の味が口のなかによみがえってきました。記憶の山崎の味は今飲んだノッカンドウを煮詰めててエキスにしたみたいです。でもこの味を知っているからノッカンドウの粘土くささに気づいたのでしょう。突然わかった!という感じでしたから。味覚の間口がすこし広くなったかなあと思いました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京へ行ってきました 2

2006年03月23日 | Weblog
なにもしなかった東京行きですがバーには2軒行ってきました。一泊した夜スパに入って温まったら一寸元気になったんですねえ。夜更かしが職業なんで11時じゃ眠くない(笑)。ホテルは銀座の真ん中だったので6丁目の行きつけのバーへ。店内にはいると桜が満開でした。天井まで届くくらいの桜の枝が何本も贅沢にいけてあったのです。毎年この季節になると花屋さんがこうやっていけていくんですよとマスター。カクテルをいただいているとほろほろと花びらが散って・・・。バーとはかくあるべきですね。

次の日の帰り際には有楽町のウイスキー専門のバーへ。アイラをいろいろ飲んだのですが一番新しいラガブリンダブルマチャード1989が!酒屋めぐりで店頭になかったのに!さりげなーく「あら入荷はやいですね。どこから?」と聞くと「えー、どこにでもありますよ。」といささか頭にくる答え。見つけられないからきいてるんだよっと思いましたがそのまま顔には出さずしずかに味をみました。むきになるのが一番よくないんだよね。

東京へいって一流どころに触れると心がざわめきます。フツーのお客さんでいた頃の方が楽しさもあこがれも素直にだせました。今はいたらない自分がくやしい。でも帰りの新幹線でやっぱり思い直すのです。自分は何も持っていないけれど(注・ウイスキーは夫の所有)できる範囲でできることをやろうと。それを確認するために仕入れにかこつけて東京へいくのかもしれません。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京へ行ってきました。

2006年03月23日 | Weblog
仕入れもかねて東京へいってきました。ところが新幹線を降りてすぐ軽い貧血に。低血糖だ!お腹がすいている!ダッシュでお昼ごはんを食べにいきました。それからいつものウイスキーショップへ。天井まで積まれたウイスキーを眺めるも今回は特に欲しい物がない。おみやげのミニボトルとアードベックのミニチュア2本(ケースのティンカンが欲しかった)を購入。ホテルにむかい銀座を歩いていたら楽器店でマリンバのミニコンサートをやっていて音がすごくきれいでした。生演奏はやっぱりいいですね。ところが4時にホテルの部屋に入ったらもう体が動かない。ここ半年分の疲労がでたみたいです。その時点でもうなにもしないことに決めて夕食まで一休み。
今回の宿泊プランはレストランのディナー付だったのでドレスアップしてお食事!そのまま出かけるつもりがやっぱり体が動かない。そこでホテルでタイアップしている「スカイサウナトリニテ」へいってみることに。徒歩1分。ビルの13階にあるジャグジーとサウナが併設された施設。大きくはないけれど(ロッカー数20)使いやすい大変気持のよい施設でした。なにしろ利用客が自分もいれて3人。くつろぎました。そしてたいへん安かった。宿泊した人は1260円で入館できるんです。そこで味をしめて次の日の午後もそこで3時間ほどすごしました。ジャグジーには昼下がりの陽光がたっぷりはいりほんとにいい気持。マッサージもしてもらったんですがその痛いこと痛いこと。
そして夕方、有楽町のいつものバーでしめて盛岡へ帰りました。ところがあんなに動かなかった体がなんだか楽になっているではありませんか。あのマッサージのおばちゃんはすごくうまい人だったみたい。
というわけでウイスキーよりはスパ(温泉)にあけくれた東京行でした。たまにはこんなのもいいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加