すこっちの、ザックリが好き。

食べる、撮る、感じる、考える、つぶやく。
日々すこっちのザックリ日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京都神社参り「上賀茂神社」

2013年01月05日 01時10分16秒 | 日記
さて。

4日のこの日は、やっぱり3日に鍋会をしてタラフク食べたこともあり
今度はほんとにブラリと友人と初詣・・・

の予定でした。

が、

結局色々回るか~と言うことに。

理由は大方こんな感じ。

一緒の友人が今年初詣が初だということ。

二人で正月太り解消ということ。

1発目は、私が気になりながらも行った事の無い
上賀茂神社へ行こうということに。

この時のお天気は晴れ、ときどき雪。

めっちゃ吹雪いてたり、晴れ間が見えたり。





そしてちょっと変わっていて、凄い量のおみくじがこんな風に
括られておりました。上のほうはどうやって括ったのか・・・
いや括ったというのか括っていると上に上がっていくのかな??





京都でも最古の神社の1つで、678年。
コチラの有名どころも、やはり下鴨と同様「縁結び」「電気」の神様で有名。

お母さんが玉依比売命で下鴨神社祭られ、子供が別雷命。

因みに

下鴨神社の正式名「加茂御祖神社」(かもみおやじんじゃ)

上賀茂神社は正式名「加茂別雷神社」(かもわけいかずちじんじゃ)

こちらもやっぱり縁結びらしい絵馬ですな。
可愛いですね。

こういうのは苦手なので見てるだけ~、笑。



わわっ、コレだけ綺麗に掛けられていると圧巻ですね↓



何と!車用のお払い場がありました↓




やはり、今年の干支であるおへび様も祭られてますね。



なんと!ここへ来て芸能のお守り発見!



おみくじ・・こんなん可愛すぎ!






宮司さん、このあとこけました。(汗)



そして神馬さん発見!



し、、しまった岩清水八幡宮の神馬さん見るの忘れた!
と思い出しつつ。綺麗で優しい目の神馬さんでした。

下鴨神社から近いもんだと思っていたのですが、
バスで中々の距離でビックリしました。

中々行くことのない距離でしたが、今回縁有って立ち寄る事が出来て
よかったな・・・と。

楽しませていただきました。
コメント

よーじやでスイーツ。

2013年01月05日 00時59分57秒 | tea&cafe
あかん。

やっぱり〆はスイーツか・・・!

ということで、スイーツ探しに出たすこっち。

本で美味しいそうだと思った所二件を探して行ってみたのですが

一軒目はテイクアウト専門。

二件目は19時まで(その時18時59分)

ガックリ。

そんなこんなで、たどり着いたのがよーじやカフェ。



コチラは元々は脂取り紙がブレイクしたお店で、

今ではお土産に最中やら、化粧品やら幅広く販売するように。

全国的に人気で、女子にはここの脂取り紙を土産にすると喜ばれたり
するような人気店に。

ほんとに凄く脂取れるんです。しかしお値段ちと高め。

そんなよーじやにオシャレなカフェが登場して、こちらも
人気スポットとなっておりまして。

こんな感じです↓







わたくしは和三盆ロールのスイーツセット。

優しいお味で、とっても落着きました。

ああ・・・歩きすぎて足首が固まってます。

ほんと、マッタリしてしまいました~♪

場所は三条通り。

商店街を抜けて少し歩いた所に位置します。

気になった方は是非。
コメント

万豚記(ワンツーチー)

2013年01月05日 00時21分46秒 | 食べlog
さて。

4日、京都神社行脚の旅の最後。

朝から殆ど、ご飯らしいご飯を食べていなかったすこっち。

漸くありついたご飯がこちら。

錦小路にある「万豚記」にて↓



いや~、黒胡麻坦坦麺&白胡麻坦坦麺。胡麻がいっぱい↓





ここは激からのラーメンがあったので行ってみたのですが
お腹が空き過ぎだったので、辛いのは今回お預け。

そこそこ辛い(わたくしは全く大丈夫な辛さ)の黒胡麻を戴きました。

ほんと濃厚なお味で、美味しかったです。

何度か来ているお店ではありますが、ここはやっぱりおすすめです。
コメント

祇園四条の牛若丸。

2013年01月03日 11時04分57秒 | 日記
安井金毘羅宮の帰り道。



祇園四条でたまたま見つけたカフェ。

名前は牛若丸。



入り口のショーウィンドウにドデカいシュークリームが見え隠れ。

中に入ってみると、抹茶シュークリームやゴマシュークリームなどが。



取り敢えず1個づつ購入~。

抹茶も濃厚、ゴマも濃厚。

クリームどっさり。

いい感じでした。

多分この界隈にきた時寄りそうな一件です。

※どうも的場浩司がこのシュークリーム紹介していたらしいです。

コメント

漬け物。

2013年01月03日 10時53分05秒 | 食べlog
大晦日前から、正月に向けての買い出しが始まりますが。

うちが必ずと言っていい程購入するもの。

それは「漬け物」だったりします。

今回は赤かぶのお漬物。それも2パック!笑。



これが食べ出すと止まらないんです。

ご飯が進むんです。

太るんです、爆。


そしてお正月は京都へ神社参り。

四条の祇園界隈にある「西利」へふらっと立ち寄る、、、、



ついついつまみ食い、笑。

胡瓜の味噌辛子漬けをget!!

そして並びの新しい「西利」へ。



こちらはラブレ菌で作っているお漬物のようです。

ちょうどワンパック105円の漬け物を二つget!!

これいいわ。一食分位だし、三種の漬物が楽しめる。



ラブレ菌はもともと京都の野菜、スグキの漬物から発見された菌だったかな。

ということで、他の漬物にも応用したんでしょうね(^^)

美味しくて腸にもいい。一石二鳥ですな。

コメント

京都神社参り「安井金比羅宮」

2013年01月02日 08時34分30秒 | 日記
さて。八坂さんを後にしまして。

八坂さんの前の道をテクテク五条方向へ~

ん・・・ローソン地味っっ!笑。



八坂神社付近から5~6分歩いた所に、ありました!



安井金比羅宮!

とある京都の縁結び神社と言えば、地主神社ではなく、ここ!(笑)
どうしても地主神社は男女の縁のほうが強く宣伝されてますもんねぇ・・。

それに比べると、ここは人の腐れ縁であったり、悪縁を断ち切るという
悪いものを切るイメージが強い神社ではないかと思われます。

お守りに「悪縁切りお守り」なるものもありました、笑。

他に5色のお守りもあり、巫女さんに聞いてみると、
お守りの袋は好きな色を選んで、中身は替えられるといった感じ。

中身と言うのは「悪縁切り」「良縁」「厄除」「病ぬけ」「交通安全」等々
好きなものを一つ選んで入れてもらえるというもの。

例えば、悪縁お守りと、この5色の悪縁のお守りはどう違うの?と聞いてみると、
お守り自体に「悪縁切り」と書かれていると、人に見られた時に・・・なんて
思われる人は、こちらの5色のお守りだと何のお守りか分からない・・との事。

なるほどね~~。

あと別に「心機一転お守り」もあります。

この中には二つのリングが入っていて、このリングを通り抜けるイメージをすると、
今までと違う自分になれる、色んな悪縁を断ち切り、良縁を呼ぶ、
心機一転できるというもの。

おお、これもいいネェ~

そんなこんなでブログ友達に1つ。自分の分として一つ購入~。



中に入ると、何時もと変わらないくらい、コレを通り抜けようとする人が
列をなしておりました。

正月を考えると、少ないくらいかな?



立て札はコチラ。



いつも絵馬やおみくじのフォトも撮るんですが・・・
う~ん・・・おっそろしい絵馬もあり、字が読めちゃうんで
(名指しで縁切りを願っていたり、祖父との縁を切りたいとか、結構具体的・・)
載せるのやめました・・・汗。

大半はいい縁に恵まれますように~といった内容なのですが、
他の神社に比べて、ダントツに「ちょっと具体的で怖い内容」が多いかも・・汗。

皆さん、平和に行きましょう・・・なんて読んでて
汗かいちゃいましたよ。

(だって表に願い事書かれてるから見えちゃうんです)

後から調べたんですが・・・結構「効く」らしいです・・。


今回は以前居た黒猫ちゃんが境内にいなかった。
ちょっと残念に思いつつ、この場を後に致しました。

いやはや・・・安井金比羅宮。

味のある、ある意味人間の色んな魂が入った神社ですな。


◆安井金比羅宮

創建1695年。

金毘羅信仰に加えて、崇徳天皇の御神徳で良縁結びとともに悪縁切りでも
ご利益で名高い。

悪縁は婚姻・恋愛だけでなく、人間関係全般に加えて、病気や不慮の事故、
災難、悪運、悪習癖(過度の飲酒・喫煙・ギャンブル・悪癖など)、借金、
犯罪なども包含しており、広く悪からの縁切りに霊験があるとして
信仰を集めている。

形代と呼ばれるお札に願い事を書き、境内にある「縁切り縁結び碑(いし)」
を表から裏へとくぐって悪縁を切り、次に裏から表にくぐって良縁を願う。

とのこと~。


コメント

京都神社参り「八坂神社」

2013年01月02日 08時19分41秒 | 日記
妙音弁財天をお参りし。

丸太町のほうへ歩いていく。

実は通常なら歩いて四条の八坂神社まで行こうかな~
なんて、のんびり考えていたのですが。

良く考えたら今は元旦。

そんな悠長な事は言っていられませんよ~。すぐ込んじゃうから、

現在、電車は座って来れましたし、込み具合も元旦か?って
くらいの順調な空きぶり。

しかし、下鴨を後にする頃には、お参り客がガツンと
増えておりました・・・

う~ん。

とりあえず丸太町(出町から一駅分)あたりで、調度四条京阪行きの
バスが来まして。向かいには調度上賀茂神社行きのばすが・・・

むむむむ・・・・最終地点は四条と五条の間。

上賀茂は出町より奥・・・。

と、いうことで、四条行きに乗りまして。

これもやっぱり、いい感じの空き具合。ゆったり座れました(笑)

しかーーーーーし!!

京阪四条に降り立ってから、様子が変わりました。


八坂に向かう途中です↓



ぎゃぁぁぁ・・・・!!

こりゃいかん。

で、横道にそれました。横道はこんな感じ↓



なんじゃ。。この差は。

横道からでも十分行く事は可能。

はい、ぐるっと回って、ほぼ込んでいた道の先頭に
回り込むことに成功!




しかし、中に入るのは避けました。

人が多いのは間違いないし、出てくるのに時間が掛かりそうだから。

年間通して4回くらいは行ってるので、日を改めてお礼参りしよう。

前まで来て、お参りをし、次へ移動!


◆八坂神社について。

全国にある八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする関連神社(約2,300社)の
総本社である。
創建は656年。主な神事としては祇園祭がある。

又、正月三が日の初詣の参拝者数は近年では約100万人と、京都府下では
伏見稲荷大社に次ぐ2位となっている。

【主祭神】
中御座:素戔嗚尊 (すさのおのみこと)
東御座:櫛稲田姫命 (くし(い)なだひめのみこと) - 素戔嗚尊の妻
西御座:八柱御子神 (やはしらのみこがみ) - 素戔嗚尊の8人の子供

コメント

京都神社参り「妙音弁財天」(芸能の神様)

2013年01月02日 07時43分58秒 | 日記
下鴨神社を出まして。

駅の方へ戻ってくるのですが。

橋の袂を左へ行くと・・・駅↓



右へ行き商店街の手前まで行くと・・・妙音弁財天がヒッソリとあります。



駅からだと2~3分?位の距離です。

中に入ると、先ほどまでいた下鴨とは違って
本当にこじんまりとした所です。

いやね。。。後から驚いたのですが・・・・

鳥居があるのに・・・・

ここ、お寺だそうです(爆)



京洛七福神の一つらしく、芸能の神様でもあるみたいです(特に音楽)

妙音とは「優れた音楽」を意味、弁財天は「琵琶を弾く女神」の意味
だそうで、京都御苑内の白雲神社とは姉妹関係で、どちらも芸能の神様
だそうです。

妙音弁財天の方は、六角堂(本堂)を歳の数だけ回ると
なんと、願い事が叶うそう。

そして境内にはなぜか蛇の絵馬が多く飾られ・・・

今年蛇年だからかな?と思っていたんですが、どうも
出町七不思議のひとつとしてここの「蛇の絵馬」が
あるそうです。

分からんもんですね。

下鴨の帰りに、初めて何となく入ったのが去年の春?頃。

調べてみると、意外な事に芸能の神様だったのか・・
そして鳥居があるのに寺なのか?と。

京都には不思議なものがいっぱいですね。

因みに、ここを通り過ぎ、商店街にぶち当たると

豆餅で有名な「ふたば」があります。

あ、またふたばのお餅が食べたくなってきました(笑)


コメント

「えんむすび」について。

2013年01月01日 19時31分05秒 | 日記
余談ですが~。

以前、もうずいぶんと昔。

元彼と清水寺に行った時のことです。

清水寺の近くに地主神社という神社がありまして。

「じぬしじんじゃ」って変な名前~と、気になっていたのですが
「じしゅじんじゃ」だという事を知り、更に縁結びの神様と
いうことも知り。

そこで、「縁結びやって!行ってみよう」と言った事が
ありまして・・・。

すると「え・・・・」と露骨に嫌な顔をされた事が
ありました。

何の事は無い、わたくし縁結びって「人との縁」だと思って
いたので誘ったのですが、相手は男女の縁と思ったらしく。

いや、そうなんです。一般的にそうなんですよね。

「縁結び」って男女の縁を結ぶって思われていて。

あたくしの感覚のほうがちょっとおかしかったのかな?と
その時は「そうか・・」とカルチャーショック、笑。

何だか悪い事言ったのかな・・と感じ、今でも
地主神社に興味はあるんですが、どうも気が引ける
すこっちだったのですが・・・。

本日、下鴨神社でこんなものが。



ほら!やっぱり!

そういうことですよ~(誇らしげ、笑)

縁結びってどうしても男女の仲と考えられがちだけど、
やっぱり人の縁あっての男女の縁ですもんね。

あたくしは男女というより、もっと人間との縁を持ちたい。

沢山でなくてもいいので、理解し合える人と
巡り会いたいです。

まぁ地主神社のように、あからさまに男女の縁で
有名になってしまっては・・・なんともですが。

今日、胸の痞えがスッキリしました、笑。

「縁」は男女問わず、物や動物、出来事など色んな縁がある!

そんな事を、改めて思うすこっちでした~、笑。
コメント

京都神社参り「下鴨神社」

2013年01月01日 18時30分27秒 | 日記
実は・・・

「上賀茂神社」に行こうとしてたんですが・・・

何故って、行った事無いから~、笑。

しかしどうも出町柳に降り立ってしまうと・・・




バスに乗換えが億劫で・・・汗。

ついついフラフラと・・・




徒歩10分の下鴨神社へ足が向いてしまうのです、笑。



ここは正月でなくとも、京都をブラッとした時3回に1回は寄ってしまう
神社さんです。

ここの空気がとても好きなのです。

しかしここでも今回は、真っ白い写真が2枚撮れました・・

でも頭痛は全く無し。

中に入るとつい寄ってしまうのが、一番門から近い位置にある
美人の神様、河合神社(笑)





こんな絵馬??が↓



ここまで来たからには、お参りしとかないとね、笑。

良く見ると真ん中に鏡があるんですよ~。



美の神様にお参りをして、鳥居を出て、本殿に向かう道に合流すると
こんなのが・・・商魂たくまし過ぎ!笑。



呑み忘れたすこっち、笑。

いや、結局自分で努力しないといけません!
神頼みは最後の最後!(今参ったじゃん、笑)

そんな事を考えつつ、奥へ行くと・・おお!正月気分だわっ
こういう風景大好きです~♪




芋多っっっ!!笑。



そんな出店通りを抜けると、漸く本殿に差し掛かる鳥居が。



鳥居を潜って少し進むと君が代に出てくる「さざれ石」が



このさざれ石は「小さな石」という意味で、年を重ねるごとに
大きくなっていくと信じられている神霊が宿る石の事だそうです。

そりゃそうだわな・・小さな石って!!めちゃでかいやん・・って
思ったくらいですから。大きくなって来たって事なんですね。


本殿の前にえんむすびのお守り授与所があります。



おお、ぶっちゃけ、岩清水八幡宮よりずっと良心的なお守りのお値段!
ほんと好感が持てます。



何が目当てって、これです!これ。他の神社とちがって、華やかな模様の
成願お守り「媛守」。



これ、一つも同じ模様がないんです。これ買っちゃったら
次のに中々行けなくて・・・。お願い事はいつもアバウトなんで、
叶っているのかどうかは分かりませんが、このお守り大好きです♪


どうもこの神社、下鴨、上賀茂含め、えんむすびの神様が
有名だそうです。

特に下鴨はその力が強すぎて、相生社の隣に立つ2つの木が
1つにくっついちゃう現象があるそうです。

これを連理の賢木(れんりのさかき)というそうです。
今の子で4組目?だそうですから、偶然ではないのかも?

ずずい~といくと、本殿近く



中に入ると、とても綺麗なお蛇様が~
こういうの、誰が書くんでしょうね・・・・。とっても綺麗でした。



更に奥に行くと、・・・ん??

ね、牛、と立て札が・・・・・




おおおお!!こっちにも!



こっちにも!!



何と、自分の干支の所に並んでお参りするという方式!

いやはや・・・知らんかった・・・

そしてこちらが、玉依媛命さんのいる所です。



おみくじもいろんな色が・・



帰る前に見つけた茶屋「さるや」で、猿(申)餅おば(2つとお茶で300円)





このお餅は、葵祭りの申の日に、小豆のゆで汁でついたお餅で
神前にお供えするお餅だったそうです。

八幡宮の走井餅に続いて、こちらもとても上品なお味です。
どちらもお土産に喜ばれるお餅だと思います。

そんなこんなで、人が多くならないうちに、次の神社へGO!する
すこっちなのでした~、笑。




下鴨神社。世界文化遺産に指定されている、京都最古の神社の一つだそうで
玉依媛命の神話で、えんむすび、安産、子宝などで有名な神社だそうです。

コメント

京都神社参り「岩清水八幡宮」

2013年01月01日 16時50分04秒 | 日記
元旦初日。

大阪はええ天気です。

わたくし、朝は7時半に家を出て。

一両目の車両を陣取りまして、1つ目の目的地へ向かっております。




そして到着したのは「八幡市」駅。



こいつに乗り込みます↓



出発~♪実はコレに乗った記憶が・・今回初?かと。
毎回ちゃんと、山を登ってました。




ドンドン離れていきます~



いやぁ~、いい景色です。八幡市内が一望出来ちゃいます。




って言ってる間に到着~。所要時間3分なり~。




実はこの八幡の竹。エジソンが電球を作るのに、ここの竹を使ったという事で
有名な所でして。




おお、近づいてきました。




やはり八幡は竹林地帯。結構わたくし的にはこの地帯。
空気がいろんな意味で冷たい・・。



何と言うか、私の携帯、一回シャッターを押すと
と二枚撮れる様にしてるんですが、今回は時々1枚が真っ白でアウト。
こんな事滅多に無いんですが・・・

そして、この空気を感じると頭痛がしだします。

今回はまだマシでしたが6,7年前はもう少し
酷い感じだったんだよなぁ・・・。

10年位前、芝居のチラシ用撮影の際は、空気が澄んでいて
頭の中が冴えるような感覚がある場所だったのに・・・






そんなこんなで、本殿到着!




岩清水八幡宮とは、京都府八幡市にある神社で(旧称男山八幡宮)

伊勢神宮、賀茂神社(下鴨神社・上賀茂神社)とともに、日本三社の1社。

宇佐神宮、鶴岡八幡宮とともに、日本三大八幡宮の1社。

更に、今年は平清盛が盛り上がりましたが、その清盛が
舞を奉納した神社でもあります。

860年に立てられました。

天皇家からは遠国の宇佐神宮に代わりに二所宗廟の一つとして崇敬
され、公家からは京都の裏鬼門(南西)を守護する神社の代表格として
鬼門の延暦寺とともに重要視されたそうです。

更に、「経営の神様」のあの方も、参拝されてから二股ソケットを作り
成功されたとのこと。それから深く信仰なさった神社さんなのだそうです。

さらに「エジソンの電球用の竹」と来ましたか・・。

帰りは自力で下りて帰りました。


余談ですが、下りていると前に矢鴨ならぬ矢オヤジ発見!笑。




やっと下まで降りてきました~。(矢オヤジまた写っちゃった)




蓮の葉っぱが枯れた池?と覗くと・・池が凍ってる!!




最後に、走井餅老舗にて。




今回は抹茶ではなくほうじ茶込みで350円



この餅が羽二重系の御餅にこし餡。もうめっちゃ美味かった~。

ここは厄除けが強い神様なのですが、友人の学業お守りを購入しつつ
八幡の土地を後にしました。

それにしても・・・いろんな意味で、私的にはヒンヤリな空気を醸し出す
神秘的な神社でした。
コメント

謹賀新年!と、神社行脚の序曲。

2013年01月01日 16時25分29秒 | 日記
皆様、明けましておめでとうございます。

皆様には昨年中、色々とお世話になりました。

ほぼ食ベログ的なすこっちブログ。

写真ばかりの、何と言うか・・感覚ブログではありますが
(自分が忘れないようにしているだけかっ、笑)

去年同様、人、事、食にと、ガッツリ喜怒哀楽していきたいと思います。

今年もよろしくお願いします。



さてさて。

いきなり初っ端、元旦。初日の出です↓




初っ端挫くとダラーンとしてしまうすこっち。

そうはならじと!

アクティブに動くべく、神社参りから始めることに、笑。

多分遅めに出ると人でごった返しそうなので、ちょっと考えて
朝早めに出ることに。

そして今回のお参りの目的は、メル友の悪縁払いと、

友人の受験祈願(1月9日試験予定)

自分の良縁・成願祈願も兼ねて・・・

ちょいと行脚の旅に出てみようかと。

そんなこんなの1日目。午前中に動き回りました~。

もし宜しければ、以下続く。
コメント