経済学・統計学 オンライン指導

大学院・編入試験、公務員試験他資格試験、統計検定、卒論・単位取得対策等

Java 16.2 コマンドライン引数

2021-01-10 09:23:32 | 日記

プログラムの先頭によく出てくる public static void main(String[] args) は呪文のようですが意味はあります。

➀ public ー 公開:クラス外部からアクセス可  ② static ー クラス・メソッド  ③ void ー 戻り値なし

さらに main はクラス・メソッドの名前であり、Strings[]=文字型配列をうけとり、引数 args に渡します。

[例]  java (クラス名) zero one two ⏎  ⇒ 結果: args[0] = zero, args[1] = one, args[2] = two 

 

コマンドラインから入力するので「コマンドライン引数」ですが、文字型配列として扱えます。

main( ) { } の { } の中に以下のように書けば単純に出力できます。

   for (int i=0 ; i<args.length; i++)

      System.out.println(args[i]) ;

 

また、Double.parseDouble(文字列) を使ってdouble型実数に変換できるので、数字も扱えます。

   double sum = 0.0

   for (int i=0 ; i<args.length; i++)

      sum += Double.parseDouble(args[i])

   System.out.println("合計は" + sum + "です") ;

 

[例]  java (クラス名) 0 1 2 ⏎  ⇒ 結果: 合計は3です。

 

   

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 微分・積分~同志社・理系全... | トップ | Java 16.1 文字と文字列 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事