経済学・統計学 オンライン指導

大学院・編入試験、公務員試験他資格試験、統計検定、卒論・単位取得対策等

Java 16.1 文字と文字列

2021-01-10 13:32:38 | 日記

文字  char型  [例] char c1 = ’あ’ char c2 = '漢' char 3 = 'A'   char c4 = '1'    char c5 = '\n' (改行文字)

文字列 String型  [例] String s1 = "記号は1A"      String s2 = "ABC"

※なお String はクラス型変数で、コンスタラクタが使えます。コンストラクタは多重定義されていますが、詳細は省略します。

[例] String s = new String (......)

 

Stringクラスには様々なメソッドがあります。

 length():文字列の長さ

 charAt(n): n+1番目の文字

 substring(n, m):n+1番目からm番目の文字

 indexOf(s):文字列sが含まれているか、含まれていれば先頭位置、含まれていなければ-1が戻り値

[例] String s = "ABCDEFGHIJ"

 s.length() = 10

 s.charAt(5) = 'F'

 s.substring(5, 3) = "FGH" substring(5) = "FGHIJ" 

 s.indexOf("FGH") = 5

 

さらに、以下のメソッドもあります。

 String.format(書式, 文字列):文字列を指定した書式に変換

 equals(s):文字列sと等しいかの判定、戻り値はboolean

 compareTo(s):辞書内順序(詳細略)

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Java 16.2 コマンドライン引数 | トップ | 統計学・経済学指導いたしま... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事