サイエンスプロジェクト

サイエンスイベント情報や、実験解説など・・・。

9月27日 半球形透過型スクリーンを作りました

2015-09-28 00:20:47 | 実験解説

ダジックアースと呼ばれます。京大、静大、静岡科学館が中心になって普及しています。

半球形のスクリーンに、地球や惑星、衛星などを投射します。素材の映像は逐次新しいものが提供されます。例えば先日の茨城県の大雨の雲の動きなども。

今回は透過型、つまり後ろから投影するタイプのスクリーンを作りました。

左がスクリーンの半球。直径60cmあります。右が足。ポータブルに作るのが宿命です。

 

足を組み立てるとこんな感じ。スクリーンは透明アクリルの半球に曇りガラススプレーをかけています。

 

足とスクリーンをセット。

 

地球の森林地図。もちろん回転します。

 

 


最新の画像もっと見る

コメントを投稿