新新☆もこほじゃほろみ日記

煩悩と私事のサイト

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年も

2012-12-30 | 雑感
今年もあと1日で終わろうとしています。
1年間いろいろありましたが、私としては一言で言えば「フラガール」ですかな(笑)。
大きく言えば「煩悩」ですが、これは毎年のこと。
「煩悩」こそがわたすの生きるエネルギーであります。
来年はどんな「煩悩」が待ってゐることでせう。
乞うご期待というところでせうか。

読者の皆様にはいろいろお世話になりました。
今年も拙ブログに付き合っていただいて、どうもありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

なお、明日から雪国に出かけます。
勝手ながらブログの更新は正月休みとなります。
新年は3日から更新を始める予定です。

今年は例年になく雪が多そうだ。
明日も吹雪の予報で、列車がちゃんと動くといいのですが。
それでは皆様、良いお年をお迎えください。

コメント

メリケン

2012-12-29 | 雑感
ちょっと風邪気味だと思い風邪薬を飲んだら眠くなって寝てしまった。

で、神戸の写真の追加。
メリケンパークに残された阪神淡路大震災の記念。
震災直後そのままの姿で保存されているそうである。
左奥にわたすたちが泊まったホテルが見える。


2011年6月10・11日、震災つながりということで、フラガール全員で神戸公演を行ったそうである。
全員バスで往復したそうで、全国キャラバン中最大規模の公演だったと思われる。

コメント

帰ってきました

2012-12-28 | 雑感
神戸旅行から帰ってきました。
北野異人館巡りや、元町・南京町などをぶらつき、
美味しいものや甘いものをたっぷり味わってきました(ただし我々の財力で可能な範囲内で)。

神戸は綺麗でお洒落な街ですなあ。
夜景がまたステキでした。
普段のわたすの柄にもない旅でしたが楽しかったです。

ホテルの部屋から見た神戸港の夜明け


ホテル近くからの夜景


さて、来年はまたいわき方面にいくぞ!

コメント

明日から

2012-12-25 | 雑感
明日から2泊の予定で神戸に行くのでブログの更新はありません。
次の更新は28日の予定です。

北野、元町、南京町、メリケンパークあたりを観光しようと思ってゐます。
美味しいものも食べられたらいいな(笑)。
ちなみに家族旅行です。

ではまた年内にお会いしましょう。

コメント

聖夜

2012-12-24 | 宗教
今年もクリスマスの夜を迎えた。
クリスマスイブ、すなわちイブニングのイブ、
古代ユダヤでは日没で一日が終わり翌日扱いとなるので、
夜中の12時に日付の変わる現代では、それまでの24日日没~真夜中をイブと呼んで区別する。
いずれにせよ、今夜は「聖夜」であり、イエス・キリスト降誕の夜とされる。

シフ家では例年のように、シャンパン(正確にはスペインのカヴァだけど)を抜いて、ご馳走を食べて、ケーキを食べて、プレゼントを交換して過ごした。
家族で過ごす至福のひととき。いつまで続くかね。

ホントは昼間フラガールの出張公演を見に行きたかったんだけど、食材の買い出し等、いろいろ予定があってあきらめた。
まあロゼラニさんとは先日大森でお会いしたので、今回は参加してないだろうと。
(もしいたら悔しいけどね)

先週ハワイアンズにはロゼラニさん宛に三太氏より贈り物が届いたことであろう。
既に消費済みかもね。それも大いに結構(笑)
わたすが幸恵さんファンのおじさんだよ~

ともあれ、なんだかんだで、
 Merry Christmas!

 来年が今年以上に笑顔の多い年になりますように。

コメント

BCJ

2012-12-23 | 芸術
世間では全日本選手権浅田真央優勝の話題でもちきりの今夜だが、
(わたすも世界選手権出場者も含め結果は知ってゐる)
わたすはBCJの話題。

BCJとは「バッハ・コレギウム・ジャパン」のことで、
鈴木雅明氏率いるピリオド奏法によるバロック音楽演奏を専門とするプロの団体である。

で、今日のマチネーでヘンデル「メサイア」を聴きに行ったのである。
同行者は愚息。
感想はというと、久々に美しい合唱を聴いた。とても満足。
自分が合唱をやっているから余計に感じるのかもしれないが、流石プロ。
ビブラートの少ない歌い方は透明感があり爽やか。聴いていて疲れなくて良い(笑)。
独唱もそれぞれ良く、カンターテナーもなかなか。バスとソプラノのソロが特に光っていた。

以下気がついたこと。
演奏に用いた楽譜は普及しているのとは異なる版。(BCJのBIS盤CDとも異なる)
初めて聴くナンバーが3曲ほどあった。演奏そのものにはカットは無し。
ひょっとしたらダブリン初演版だろうか?
通奏低音はオルガンとチェンバロが同時参加。こんなの初めて。

「ハレルヤ」はやっぱり良いね。
前奏が鳴り始めた途端に、いろいろなことをいっぺんに思い出して、(参照
胸が熱くなりぼろぼろ涙が出てしまった。
愚息には気づかれなかったようである。

ちなみに愚息は大学のオケのサークルでヴァイオリンを弾いており、
昨日クリスマス礼拝があって、「ハレルヤ」や「アーメン」の伴奏を弾いたそうである。
そちらの方はわたすは聴いていないが、比較するような野暮な真似はすまい。

最後に珍しくアンコールがあった。
アカペラでクリスマスキャロルを5曲ほどメドレーでつないたもので、
ちょっとしたクリスマスプレゼントというところか。
こういうサービスは大歓迎である。

コメント

やはり

2012-12-22 | 荒川静香
男子フィギュアは羽生くんが優勝。
もちろん全日本選手権の話である。
見た目若い頃の坂東玉三郎を想わせる(わたすだけ?)美少年だが、実はずゐ分逞しいのである。
それにしても今日の大ちゃんの演技は凄かったなー。

女子も魂入った時の鈴木明子さんをまた見てしまった。
明日はどうなることか。

日本がこんなフィギュア強国になるなんて、トリノ以前に誰が想像しただろう。
特に男子ね。
やっぱりしーちゃんの功績は大きいと思ふ。

コメント (5)

神戸・横浜

2012-12-21 | 雑感
今夜はフィギュアスケート全日本選手権の男子シングルSPがあったのだが、
その話はちょっと置いといて・・・

神戸と横浜の共通点を見つけた。

どちらも明治に開港された。それ以前は貧しい漁村。
(平清盛による福原の開発はあったが長続きしなかったので除外する)

どちらも大都市が近い。
神戸-大阪
横浜-東京

で、大阪も東京(江戸)も、もともと江戸時代までは湊町。
しかし、どちらも大きな川(淀川、隅田川)の河口で、水深が浅い。
なので、明治以降の近代的大型船が碇泊するには不向きだった。

そこで、背後に山を背負い水深が深く、かつ大都市から近い神戸・横浜が選ばれたわけ。
新橋=横浜間に最初の鉄道が通ったのも、港と東京を直結させる必要があったため。
また、神戸=大阪間には、阪神・阪急・JR(在来線・新幹線)など、
狭い範囲に並行して何本もの鉄道で結ばれているのはご承知の通り。

神戸・横浜とも、最新の浚渫技術で大阪・東京に大型船が碇泊できるようになり、
かつての独占的地位を失ったが、それでも我が国最大の由緒ある港であることには変わりはない。

など。

コメント

ひさびさに

2012-12-20 | 雑感
ひさびさに終電乗れず午前様

川柳にもなっていない。

昨夜は怒涛の忘年会最終ラウンドだったのである。
2軒目の店を出たのが12時近かった。
乗換駅までは電車が動いていたが、
結局そこからの終電には乗れずTAXIに。
行列が短かったのがせめてもの幸い。
わたすが並んでから振り返ると行列は倍以上長くなっていた。
こっそりと家に入ると非常に不機嫌な財務大臣(妻ともいう)が待っていた。
ううう・・・



コメント

戯れに

2012-12-19 | フラガール
なんとなく、作ってみました(笑)

「常磐ブルース」
一、
風にまかせて降り立つ湯本
恋に破れて彷徨う夜の
椰子の並木の呼びかける
思わず辿る夢の道

嗚呼 花はロゼラニ プアリリア
ティアレの吐息 心に沁みて

スチルギターがむせび泣く
太鼓の歌に タネイムア

二、
北の大地の南国の
ここはハワイか天国か
嬉し恥ずかしフラガール
憂さを忘れて踊るっぺ

嗚呼 花はロゼラニ プアリリア
ティアレの風が 心を揺らす

ウクレレの声が呼びかける
ウリウリ鳴らして タフアフアイ

三、
モアナの海に月は出て
星の瞳のマカレアが
今は思い出マルヒアの
ゆかりの歌を口ずさむ

嗚呼 花はロゼラニ プアリリア
ティアレの白さ 目に沁みて

大地に光を 果てしない夢を
嗚呼 スパリゾート ハワイアンズ


演歌調の曲がいいね。なんちゃって。


コメント