新新☆もこほじゃほろみ日記

煩悩と私事のサイト

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2011-03-31 | 雑感
読売新聞の編集手帳には最近名文が多い。
今朝のには泣かせられたぜ。

3月31日付 編集手帳
 生まれてまもない君に、いつか読んでほしい句がある。〈寒き世に泪(なみだ)そなへて生れ来し〉(正木浩一)。君も「寒き世」の凍える夜に生まれた。列島におびただしい泪が流れた日である◆震災の夜、宮城県石巻市の避難所でお母さんが産気づいた。被災者の女性たちが手を貸した。停電の暗闇で懐中電灯の明かりを頼りに、へその緒を裁縫用の糸でしばり、君を発泡スチロールの箱に入れて暖めたという◆男の子という以外、君のことは何も知らない。それでも、ふと思うときがある。僕たちは誕生日を同じくするきょうだいかも知れないと◆日本人の一人ひとりがあの地震を境に、いままでよりも他人の痛みに少し敏感で、少し涙もろくなった新しい人生を歩み出そうとしている。原発では深刻な危機がつづき、復興の光明はまだ見えないけれど、「寒き世」は「あたたかき世」になる。する。どちらが早く足を踏ん張って立ち上がるか、競争だろう◆原爆忌や終戦記念日のある8月と同じように、日本人にとって特別な月となった3月が、きょうで終わる。名前も知らぬ君よ。たくましく、美しく、一緒に育とう。


(2011年3月31日01時21分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/column1/news/20110330-OYT1T01069.htm?from=navlc


思はず、広島の原爆の夜の、あの詩を思い出した。

   生ましめんかな            栗原貞子

 こわれたビルデングの地下室の夜であった。
 原子爆弾の負傷者達は
 ローソク1本ない暗い地下室を
 うずめていっぱいだった。
 生ぐさい血の臭い、死臭、汗くさい人いきれ、うめき声。
 その中から不思議な声がきこえて来た。
 「赤ん坊が生まれる」と云うのだ。
 この地獄の底のような地下室で今、若い女が
 産気づいているのだ。
 マッチ一本ないくらがりでどうしたらいいのだろう。
 人々は自分の痛みを忘れて気づかった。
 と、「私が産婆です。私が生ませましょう」と云ったのは
 さっきまでうめいていた重傷者だ。
 かくてくらがりの地獄の底で新しい生命は生まれた。
 かくてあかつきを待たず産婆は血まみれのまま死んだ。
 生ましめんかな
 生ましめんかな
 己が命捨つとも



どんな逆境でも命は生まれる。
あたりまえのようで、すごいこと。

コメント (5)

かくなむありける

2011-03-30 | 芸術
なんか気分転換したい気持ちで、帰り路、中古CDショップに入ったのである。
昨今CDというメディアの地盤沈下が進んでゐるのか、中古CDの価格も以前よりさらに下がってゐるのである。
さういふ私も、NMLの導入以来、CD購入が極端に減っているのであるが。

さて、そこで見つけたのが、バッハの「管弦楽組曲(全曲)」オットー・クレンペラー指揮ニュー・フィルハーモニア管弦楽団の演奏。
元々リマスターの2枚組廉価版なのだが1400円ほどで買うことができた。

クレンペラーは、同曲をモノラル録音でも出しており、それはNMLでも聴くことができる。
その感想は以前このブログでも書いたことがある。

その時にも書いたのだが、私はバッハの「管弦楽組曲」特に1番と3番を初めて聴いたのが、この録音だった。中学2年生の時だ。1969年という録音年から考えると、当時の新譜だったことになる。もっとも私はFM放送のエアチェックで聴いたのだが。残念ながらレコードは買うに至らなかった。当時の私の小遣いでは2枚組LPなどとても手が出なかったし、買いたいものは他にもいっぱいあったからだ。なのでFMエアチェックは当時の私にとって、音楽を聴くための最も重要な方法だった。

今聴くと、当時の私がそっくり蘇る。
悠揚迫らざる雄大な音の城を眼前にして、目を見張る自分がゐる。
初めて聴いた演奏がクレンペラーでよかったと思う。
少しのちに聴いたリヒターの演奏ももちろん良いが、刷り込みでもなんでもよい、こと「管弦楽組曲」1番と3番については、このクレンペラー盤が私の永遠のスタンダードである。

それにしても、1400円なら当時の私でも買えたな~。本当に一流の音楽が安価で手に入る時代になったものである。また、自分自身がクレンペラーの新譜が出ていた時代を知ってゐるほどの年寄りになったのだなあと思ふと感慨深いものがある。


コメント

2011-03-29 | 雑感
これは「将来の夢」という類ではなく、実際に寝ている間に見る夢のことである。

わたすがよく見る夢、ていうか夢によく出てくるシチュエーション。

空中浮遊 歩きながら、あるいは走りながら宙に浮く。足を忙しく動かしている間は浮いていることができる。そのまま前進もでき、カーブではバイクに乗っているときのように曲がる方向に体ごと傾ける。空中をキックすることにより、かなり高いところまで上昇することも可能。

温泉に入る これもかなり多い。内湯、露天風呂、どちらもあり。たまに混浴もあり??

起きてるつもり これは朝起きる時間につい寝てしまっている時に見ていることがある。普通に歯を磨いたり、朝食をとったり、スーツに着替えたりしている。たいがい財務大臣(妻ともいう)の鋭い声で本当の現実に引き戻される。

楽器を弾く ピアノ、ヴァイオリン、パイプオルガン、時にはギターや箏や三味線などがらくらく弾ける。「楽器が弾けたら」という切ない願望が夢の中でかなえられるのだろうか。

昔の友人に会う 何年も会っていない、普段は思い出しもしない友人に会うことがある。別に起きてみたらその友人になにか急な知らせがあるわけでもない。心のどこかで無意識に探し求めているのだろうか。

そんなの。フロイトやユング、あるいは明恵上人などが見たらなんと言うだろうか。

コメント

愉悦

2011-03-28 | 芸術
Heute ist mein Geburtstag.
Heute werde ich 54 Jahre alt.

といふわけで、今夜はゆっくりと好きな音楽でも聴かう。

バッハの「ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調 BWV1049」
懐かしのカール・リヒター一座による演奏だよ。
昔々、若い頃、自己流でこの曲のリコーダーパートに挑戦したものよ。

第1楽章


第2楽章~第3楽章


やはり聴きなれた演奏はいいね。
わしゃこの人の演奏を聴いて育ったといっても過言ではないぞ。
現代のピリオド奏法からすると、オケも厚すぎ、シンフォニックすぎるバッハかも知れんが、
私にとってはリヒターが最高よ!

コメント (2)

最後の春

2011-03-27 | 芸術
3月下旬というのに寒い日が続いてゐる。

もうすぐだ。
もうすぐ、桜が咲いて、本物の春がやってくる。

春といへば、私が愛してやまない曲がこれ。

グリーグ「Last Spring」


この曲は本来歌曲らしい。


歌詞の内容は、「厳しい冬が過ぎ、春がやってきたが、この美しい春もまた過ぎていくものならば、いっそのこと、私の命がいま尽きて、これが最後の春になってもいい」というものらしい。

なので、「Last Spring」とは、意味としては「過ぎにし春」でも「去年の春」でもなく、「最後の春」が正しい(らしい)。

 ねがはくは花のしたにて春死なんそのきさらぎの望月の頃  西行法師

そんなところかも??

コメント

大地をほめよ

2011-03-26 | 芸術
これも卒業式でよく歌われる曲である。
歌詞の内容は、母なる大地に感謝する讃歌であり、直接卒業とは関係ないのだが、
その荘厳さが卒業式の感動と通じるものがあるのだろう。



「大地讃頌」は、カンタータ「土の歌」の終曲であるが、
このカンタータは、土への感謝、放射能汚染、荒れ狂う洪水(津波に通じる)、地震といった天変地異、あさはかな人間文明への批判や、大地への回帰の願いが歌われている。
まるで、今回の地震とそれに続く原発事故のことを言っているようである。

このカンタータが作られたのは昭和37(1962)年。
広島・長崎に原爆が落とされて17年しかたっていないのだな。
ちなみに、今度の震災は、阪神淡路大震災の16年後である。
今は瞑目してこの曲に聴き入りたい。

この曲をもって、卒業ソングシリーズは一旦終わりとしたい。

コメント

今を生きている

2011-03-25 | 芸術
風評被害がいけないのはもちろんだが、
今回の大震災では原発がらみでいろいろな風評被害がでている。

で、
「農家、酪農家には大きな損害を与えていることに心からおわびし、確実な補償と支援を行うという点で万全を期したい」とな。

でもあの人が言うと、
「財源を考えない民○党」という言葉がなぜか出てくるわたすですた。
言うだけ言って、どうせ財源のことであとでグダグダになるんだろうな。

ところで、わたすは今日、ささやかな募金をした。
また明日もしようかな。


今日も卒業ソングとして最近よく歌われる歌を。
時が時だけに、なんとも胸をえぐられる歌詞である。

これは合唱王国福島は浜通り相馬地区の中学生たち。

この子たちも、ひょっとしたら・・・・・
どうか無事でいて欲しい。


こちらはオリジナル。


ガンバレ福島!ガンバレいわき!

コメント

卒業

2011-03-24 | 芸術
今日は我が職場である某大学の卒業式の日だった。
だが、大震災後なお余震が続くことや、原発事故、計画停電その他の世情に鑑み、式は中止。
卒業証書の授与(というか配布)のみとなった。

それでもそれらしく着飾った若者たちを見ると何故か涙が出そうだったぞ。
皆の晴れやかな顔を見るのはなんともよいものである。

諸君、4年間よくがんばったね。
学生生活最後の最後で、とんでもないことがあったけど、
おかげで卒業式もできなかったけど、
ここで学んだ4年間を忘れずに、
大きく社会に羽ばたいて、立派な社会人になってください。

やっぱり定番はこれでしょう。


一日中、キャンパスには若者たちの明るい声が響いていたのである。

コメント (2)

娯楽

2011-03-23 | 芸術
セ・リーグの開幕日について、
政府がごちゃごちゃ言っている。

私は特に野球ファンではないが、
被災地(被災者)にも娯楽が必要であると思うし、
野球中継を見るのを楽しみにしている人も多いと思う。

それよりも、あいつらに、
「国民の合意は得られない」とか、
「国民の」なんて言葉を使われるとなぜか腹が立つ。

「科学的根拠」なんてのもケッ!と思うね。

なんでも潰したり否定する方がはるかに簡単だよ。

東京電力管内が難しければ、60Hzの西日本で開くなど、
臨機応変・融通無碍な対応はできないものだろうか。
野球という楽しみを提供するために、一丸となってもいいように思ふのだが。

第2次大戦後、空襲で瓦礫と化した街で、
まずオペラ座の再建に着手したウィーン市となんといふ違いだらう。

で、気分直しにこれ。
これも人気卒業ソング。

コブクロ「桜」

合唱版である。



桜の花びら散るたびに 届かぬ思いがまた一つ
涙と笑顔に消されてく そしてまた大人になった


大人になるとは何かを失うことかもしれない。
でも、でも、
いつまでも変わることのない
君の中に 僕の中に 咲く Love・・・


このやろう、洒落たこと言いやがって(笑)
咲く Love → さくら(ve) だとぉ!?

こちらはオリジナルPV



コメント

ふるさと

2011-03-22 | 芸術
TVのニュースで、被災地の学校の卒業式で、
生徒たちが「ふるさと」を歌っている映像を見た。
あれは避難所で行われたようだったな。

もともと私はこの曲に弱い。
(特に「志を果たして いつの日にか帰らむ」の部分)

今回は特に泣かずにいられなかった。

彼らの胸中に去来したのは、
震災前の、彼らが生まれ育ったふるさとの姿だろうか。
それらはもう思い出の中にしかない。



夢は今もめぐりて
忘れがたきふるさと


しかし、どんなに変わり果てても、ふるさとはふるさと。
いつかまた必ず、元の懐かしいふるさとが蘇るであろう。

私も微力ながらできることをするよ。

コメント